健康、生活 › 2017年08月15日

2017年08月15日

歯を支えることができなくなり、最終的には歯を抜くことになりかねません

初期段階は歯肉炎といって歯ぐきが腫れるところから始まり、症状が進行すると歯を支える骨である歯槽骨が溶かされる歯周炎に進行します。歯周炎になると歯ぐきから血や膿が出たり、膿によって口臭が発生したり、歯の土台である歯槽骨が溶かされることで歯がぐらぐらと不安定になるといった症状が出てきます。

いったん歯槽骨が溶かされてしまうと自然に再生されることは難しく、初期段階では治癒が見込めても、重症になると処置が難しい場合もあります。 歯槽骨の再生が難しい場合は、歯を支えることができなくなり、最終的には歯を抜くことになりかねません。
歯科医療機器
現在の日本は成人のおよそ8割が歯周病であると言われており、歯周病大国ともいえる状況です。しかし、歯周病について知っていても、ご自身は歯周病ではないと思っている方が多く、初期症状を見逃してしまう方がほとんどです。そのため、ご自身で気が付かないうちに症状を重症化させてしまい、治療が施せず抜歯となる方も珍しくありません。かけがえのない歯を失わないためには、まずは歯周病にかかるリスクがご自身もあるということを意識することが大切です。そして、定期的な歯科検診と予防で歯周病を未然に防いでいきましょう。

特徴1.『骨』が溶ける病気です。
歯は何で支えられているかご存知ですか?
多くの方は「歯ぐき」と思っていますが、実は歯槽骨(しそうこつ)という骨で支えられています。歯周病とは、歯周病菌によりこの歯が溶かされてしまう病気です。骨が溶けることによって、徐々に歯ぐきが下がってきます。そして、最終的には歯が抜けてしまうのです。しかも、溶けた歯槽骨は元には戻りません。ですので、悪くなる前に早めに対処することが大切です。
歯科器具

特徴2.自覚症状がなく進行します
歯周病の怖い特徴が、初期の段階では「自覚症状がない」という点です。「歯がグラグラしてきたな」「歯磨きをしていると出血をする」というような自覚症状が出た時点で、歯周病は進行してしまっているのです。自覚症状がないために気が付いていないだけで、実は日本人の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。歯周病の進行が進む前に対処するためには、定期的に検診を行うことが大切です。
マイクロモーター
特徴3.歯を失う原因No.1
歯を失う原因は、「むし歯」が中心と思われている方が多いのですが、実は歯周病の方が歯を失う原因となることが多いのです。歯を失うと、入れ歯やブリッジなどの治療を行うこととなりますが、自分の歯と比べると、食事が美味しくなくなります。また、少しでも快適な治療を行おうとすると、数十万円もの費用がかかったりもします。大切な歯を失って、時間も生活の豊かさも、お金も失うことになってしまうのです。  


Posted by koikenina at 17:09Comments(0)

2017年08月15日

初期の虫歯や歯周病には、痛みなどの自覚症状がほとんどありません

そのため、自分では気づくことができず、徐々に進行してしまいます。「冷たいものがしみる」「歯が痛い」と感じたら虫歯かもしれません。また、「歯ぐきから出血している」「口臭がきつくなったような気がする」などの症状は歯周病からのサイン。

そのまま放っておくと、どんどん虫歯や歯周病などの病気が進行して、最終的には歯を失ってしまう危険性もありますので、お早めにご相談ください。歯は食べもの噛み砕き、発音を助け、噛むことで脳への血流を促して認知症を防ぐなど、さまざまな役割を担う大切な器官です。お口のトラブルの早期発見・早期治療に努めるとともに、虫歯や歯周病を未然に防ぐ予防を心がけましょう。
歯科機器
「虫歯は治療すれば治る」と思っていませんか? もちろん虫歯治療は大切ですが、歯を削ってしまえばもとに戻ることはありません。また治療を繰り返すと歯はもろくなり、再発もしやすくなります。そして最終的には歯を失ってしまう危険性があります。大切な歯を守るためには、まずは虫歯にならないことが肝心です。

初期の虫歯や歯周病にはほとんど自覚症状がないため、自分で気づくことができません。定期健診を受診すれば、プロの目によって初期の虫歯や歯周病も発見することができ、効果的なケアの指導も受けられます。予防歯科を上手に活用し、歯の寿命を延ばしましょう。
歯科材料

虫歯の進行具合について
虫歯は少しずつ進行していきます。初期段階(C0)であれば、削らずに治療を行う事が可能ですが、それ以上に進んでしまうと削らなければならない事がほとんどです。歯は一度悪くなってしまうと、元の状態に戻らなくなってしまいます。早い段階で発見し、治療を行うことが望ましく、歯科検診を受けるなどしてなるべく初期の段階で治療できるように心がける事が大切です。

C0の虫歯ですと、フッ素入り歯磨きを使い再石灰化させることが可能です。しかし、自覚症状がほとんどないため、歯科検診を受けていないと気づかれることが少ない虫歯です。
歯科レントゲン
C1~2の虫歯になると「歯がしみる」などの自覚症状があります。虫歯を綺麗に取り除き、詰め物を行います。

C3の虫歯では、虫歯が神経まで達している状態で、自覚症状として激しい痛みなどがあります。根管治療を行い、歯の根の奥まで達している虫歯菌を綺麗に取り除き、虫歯の大きさに合わせ、詰め物やかぶせものを行います。

C4の虫歯になると、虫歯が歯の根元まで進行し、歯茎から上の歯がほとんどなくなっている状態です。根管治療を行い、被せ物を行いますが、虫歯菌が深いところまで進行していると、場合によっては抜歯が必要な事もあります。  


Posted by koikenina at 16:16Comments(0)