健康、生活 › 2017年08月22日

2017年08月22日

初期状態 歯の根元に少し歯垢や歯石がついてる。あまり自覚症状はない

歯周病は、歯肉炎、歯周炎など歯のまわりの病気の総称です。歯肉(歯ぐき)や歯槽骨などの歯周組織が破壊され、ついには歯が抜けてしまう病気です。以前は歯周病のことを一般に「歯槽膿漏」と呼んでいましたが、歯槽膿漏は歯ぐきから膿みが出る症状のことをいい、歯周病は他にも様々な症状があることから、今では「歯周病」と呼ばれています。

基本的な歯周病の原因
歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。プラークは歯を磨かないでいると、ねばねばくっついてくるものです。これは単に食べかすが溶けたものではなく、70%は細菌の塊です。細菌やその毒素によって歯ぐきに炎症が起き、その結果として出血、膿、腫れなどになります。歯周病の原因となる細菌は単独の種類ではなく、いくつかの種類が共同で巣をつくっています。巣はネバネバしたタンパク質の膜で覆われています。このタンパク質の膜をバイオフィルムと呼びます。
歯科機器 通販
生活習慣との関係
ストレスを抱えている
一見、歯とは関係なさそうに感じるかもしれませんが、ストレスによって抵抗力が弱まったり、食生活に変化が現れたりします。これによって、歯や周辺組織にも影響を与えてしまいます。
口腔内カメラ
 タバコを吸っている
タバコは血流の流れを邪魔します。これは歯を支える組織全体にも通じることで、歯周病が進行しやすい状態を整えていることになります。

毎日ブラッシングはしていない
言うまでもなく、食べかすがたまり、歯周病菌の増殖、そこから歯周病・虫歯・口臭悪化などを招きます。
歯科器具

<初期状態>
初期状態 歯の根元に少し歯垢や歯石がついてる。あまり自覚症状はない。

<歯周炎>
歯周炎 歯と歯の間の歯肉が腫れる。あまり自覚症状はない。歯ブラシで出血する。あまり動揺はない。

<歯周病中程度>
歯周病中程度 歯の周辺の歯肉も赤く腫れる。出血・口臭・起床時の不快感がある。
歯が揺れる。あまり自覚症状はない。

<歯周病重症>
歯周病重症 歯ぐきが化膿し、腫れることもある。歯の動揺が著しくある。  


Posted by koikenina at 16:42Comments(0)

2017年08月22日

こんな方に審美歯科をおすすめします

審美歯科とは、従来の歯科が虫歯や歯周病などの病気を治すことを目的としているのに対して、美しさと健康の両方を目的とした治療です。欠けてしまった歯並びや歯の色などを整え、審美性(見た目)を回復させ、より美しい口元を作る治療です。気になる部分の歯を削り、天然の歯によく似た人工の歯を装着することで、自然の歯に近い、白く美しい歯を手に入れることができます。

こんな方に審美歯科をおすすめします
歯を白くしたい
歯並びをきれいにしたい
歯肉を美しく見せたい
歯の欠けた部分を自然な形にしたい

審美歯科治療の特徴
自分の歯のような、自然な見た目
天然の歯に近い色合いと透明感があります。長年使用しても変色がありません。
機能性・強度に優れている
強度があり、硬い食べ物を噛んでも割れにくいです。
アレルギーの方も安心して使用できる
金属を使用していない素材なら、金属アレルギーの心配がありません。
オートクレーブ
オールセラミック
最もポピュラーなセラミックで 100%陶材を使うことが多いです。透明感が強く、より自然な歯に見せることができます。裏打ちがないため強度が低いです。歯のない方が両隣の歯を削って作るブリッジや、噛み合わせが深い方、噛み合わせが強い方、中の歯に金属の土台を使用していたり、中の歯の色味が強い方は適応外となり治療ができないことがあります。
歯科用品

メタルボンド
金属の裏打ちの表面にセラミックを被せています。金属を使用しているため耐久性が高く丈夫です。また中の歯の色の影響を受けません。しかし金属アレルギーの方には使用できないことが多く、歯茎に長期間触れると歯茎が黒くなります。また中の金属色を消して表面を白く見せるため、透明感が下がります。
エアーモーター
ジルコニアセラミック
人工ダイヤモンドであるジルコニアでできています。強度、透明感両方を兼ね備えます。
ジルコニアは人工ダイヤのことですので、世界一固い鉱石を使用していることになります。したがって金属に勝る丈夫さを備えています。また金属はつかっていないためアレルギーの心配もなく、ジルコニアが色を透過しないようにするので、中の歯の色の影響を受けません。さらに透明感も出すことができます。丈夫なため、適応症が広く、様々な症例で使用することができます。費用が他の材質と比べ高額になることがあります。  


Posted by koikenina at 15:57Comments(0)