健康、生活 › 2017年08月28日

2017年08月28日

耐腐食性・生体親和性に優れている歯科素材です

審美歯科というと、ホワイトニングで歯を白くするというイメージが強いようですが、それ以外にも、歯の隙間を埋めたり、 色が違っ詰め物を 自然な色のものにしたり、事故などで欠損した歯を天然歯と変わりなく 修復したりと、審美歯科は歯の美しさの総合的な治療を行います。保険外治療が多いのですが、治療後には満足感は得られるはずです。

歯の綺麗な人 好印象ですよね。虫歯や、外傷、歯周病、色々な事が原因で歯を削らなくてはいけなくなってしまった時に、セラミックを用いて被せて修復します。セラミックという材料は歯茎に優しく、変色せず尚かつ汚れの付着も起こしにくいという性質を持っています。とても審美性に富んでおり綺麗な自然感のある修復物を作ることが可能となりました。

オールセラミック
金属が含まれていない、すべてセラミックでできた歯科素材です。天然歯と同等の光の透過性を持ち、自然な見た目を実現します。使用した際に黒いラインがでないのはもちろん、金属アレルギーも起きません。
歯科 器材 通販
ジルコニア
耐腐食性・生体親和性に優れている歯科素材です。「人工ダイヤモンド」と呼ばれるほどに高い強度を持ち、加えて軽量です。また、オールセラミックと同様に天然歯と同等の光の透過性を持っています。
歯科用品

メタルボンド
金属の土台にセラミックを焼き付けた歯科素材です。強度が高く、審美性に優れています。加えて、色素が付きにくいため変色しにくいという特徴もあります。
オートクレーブ 価格
ラミネートベニア
歯が欠けてしまった、すきっ歯の場合に用いられる修復法です(主に前歯に採用されます)。歯の表面をごく薄く削り、つけ爪のようなセラミックのシェルを貼り付けることで必要箇所を補います。

ハイブリッドセラミック
セラミックとプラスチックが混ぜ合わさった歯科素材です。審美性と耐久性、しなやかさを持ち併せています。審美性はセラミックより劣るものの、咬み合う歯がすり減ることがありません。  


Posted by koikenina at 17:00Comments(0)

2017年08月28日

歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです

審美歯科と聞くと、見た目の美しさだけを追求する特別な治療をイメージするかもしれませんが、審美歯科において、歯そのものを美しくするのは当たり前のことなのです。
大切なことは、歯並びとお顔との調和、そして歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです。

オールセラミック
従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じがさけられませんでした。現在は金属のかわりに「白い金属」といわれるジルコニアなどを使用することにより、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。

メタルボンド
メタルボンドとは、被せ物や差し歯の全体をセラミックで覆い、内側を金属で補強したものを使用する審美歯科治療のことです。すべてセラミック素材でできているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちするので、奥歯などの強度が求められ部分にはオールセラミックよりメタルボンドが適しています。つまり金属の耐久性の高さとセラミックの審美性、耐久性を兼ね備えた審美歯科治療といえます。
オートクレーブ 価格
セラミックインレー
歯の咬む面に詰めた金属や変色してしまったプラスティックをセラミックスで詰め直すことにより、ほとんど治療のあとを目立たなくすることができます。少し前まで奥歯は金属でもよいと言われる傾向がありましたが、現在では特に下は笑うと奥歯まで見えるので審美歯科治療を希望される方が多いです。
歯科器具

審美歯科メニューラミネートベニア
●自然な歯の白さを実現
●金属アレルギーの方も安心
●後戻りがない

ラミネートべニアは、歯の表面を少し削り、女性のつけ爪のようにセラミックのシェルを貼り付ける治療法です。歯の形に不満がある場合や、変色がつよくホワイトニングでは対応できない場合に用います。
超音波スケーラー
【オフィスホワイトニング】
院内で行うホワイトニングで、治療期間が短いのが特徴です。ホワイトニング用薬剤(過酸化水素)を歯の表面に塗り、専用の光照射器で漂白を促進します。  


Posted by koikenina at 15:51Comments(0)