健康、生活 › 2017年09月07日

2017年09月07日

歯周病を治療するには、お口の中の歯周病菌を完全に殺菌すれば解決することができます

炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。近年の厚生労働省の調査では、成人の約7割が歯周病にかかっているという結果が報告されています。

歯周病の症状は、最初はこれといった症状はほとんどなく、末期近くなって症状が現れ既に手遅れの場合がほとんどです。軽度のものも含めると、40才以上では5人中4人は歯周病にかかっていると言われます。
コントラ 歯科
歯肉炎
歯ぐきが炎症を起こして赤く腫れています。歯を磨くと血が出ることがあります。

軽度歯周炎
歯ぐきの炎症が悪化しています。腫れがひどくなると、歯を支えている顎の骨が溶けはじめます。

中等度歯周炎
歯ぐきの炎症がさらに悪化し、顎の骨が半分近くまで溶けています。指や舌で歯を押すとグラグラします。

重度歯周炎
歯のグラつきが顕著になります。顎の骨の大部分が溶けて歯が支えきれなくなると、歯が抜け落ちてしまいます。

抜歯 器具
歯周病を治療するには
歯周病を治療するには、お口の中の歯周病菌を完全に殺菌すれば解決することができます。しかし、現代の医学でも歯周病菌を完全に殺菌することは難しく、歯周病菌の原因のプラークや歯垢を取り除き、歯周病菌を完全に殺菌するには長期間の治療が必要になります。歯周病の症状が進行してしまっている場合は、外科的手術が必要になる場合があります。

「歯周病治療は先送りしても、決して良くなりません」歯周病は時間の経過と共に悪化していき、歯を支えている骨を失う病気です。そうなると、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの歯を補う治療が必要になってきます。きちんと予防・治療を行う事で、細菌を取り除き症状を抑えることが出来ます。細菌を取り除き、症状を抑えることが出来れば、歯周病によって歯を失う事はありません。時間をかけてしっかりと治療することが、歯周病を完治させる一番の近道です。  


Posted by koikenina at 17:28Comments(0)

2017年09月07日

歯周病(歯槽膿漏)とは、口腔内の細菌によって発症する細菌感染症です

歯ぐきが腫れ、出血しやすくなり、硬いものが噛めない、口臭が出てくるなど、お口の不快な症状に止まらず、体全身にも影響を及ぼすことが分かってきました。歯周病のお口の中は慢性的な炎症状態で、常に歯ぐきから膿が出ています。

その中には細菌などのさまざまな有害物質が入っており、それが毎日のように体の中へ、血液を介したり飲み込んだりして侵入していきます。その結果、心臓病や脳血栓・糖尿病などを引き起こしたり、悪化させるという報告が出ています。
エアスケーラー
次の項目をチェックしてみましょう。
① 歯ぐきが赤くブヨブヨしている。
② 歯を磨くと血が出ることがある。
③ 歯をこそぐと白い物(プラーク)がつく。
④ 人から口が臭いと言われたことがある。
⑤ 硬いものが食べにくくなってきた。
⑥ 歯がぐらつく。
⑦ 歯が長くなった気がする。
⑧ 歯を磨かない日がある。
⑨ ここ数年歯医者さんへ行っていない。
⑩ 糖尿病にかかっている。
これらの項目のうち3つ以上、当てはまるようでしたら歯周病の疑いがあります。
お近くの歯医者さんでチェックしてもらいましょう。
マイクロスコープ 歯科
PMTCとは、専門のトレーニングを受けた歯科衛生士が、専用の医療機器を使って行う歯のクリーニング方法です。スウェーデンやフィンランド、アメリカの歯科データにより紹介され、生涯健康な歯を残す最も有効で重要なことと一般的にも認識されてきました。

【PMTCの効果】
1.むし歯予防・・・歯垢を破壊し、フッ素塗布で歯垢の再付着を防ぎむし歯の発生をおさえます

2.歯周病予防・・・セルフケアでは、取れない部分の歯垢を除去し、歯肉の状態を健康に保つ

3.歯質の強化・・・歯の再石灰化を促し、自然治癒力が高まります

4.審美的効果・・・ステインなどを除去し、光沢のある白い歯を回復することができます
  


Posted by koikenina at 16:25Comments(0)