健康、生活 › 2017年09月11日

2017年09月11日

歯肉炎または軽度の歯周炎のうちに治療を始めることが大切です

たまった歯垢を放置していると歯肉炎になります。さらに放置していると歯周炎に移行します。歯周炎は放っておくとダメージは深刻になります。重度の治療期間は長く、費用も増大していきます。歯肉炎または軽度の歯周炎のうちに治療を始めることが大切です。

歯周病進行度Lv.1たまに歯茎の腫れや出血がある
歯肉炎または軽度の歯周炎の段階では、痛みが出るとは限りません。しかし鏡で歯茎を見ると、赤く腫れて見えるようになります。また、ブラッシングや食事の際に歯の根元から血がにじむようになります。 とはいえ、この段階なら、大がかりな外科治療を行う必要はありません。歯垢・歯石のクリーニングだけで十分に間に合います。

〈 「歯肉炎」と「歯周炎」の違いとは? 〉
歯肉炎の場合は、ダメージは歯茎だけにとどまっています。
軽度の歯周炎の場合は、歯槽骨の吸収が少しはじまり、歯周ポケットも徐々に深くなってくるため、プラーク・歯石が溜まりやすくなってきます。
ハンドスケーラー
歯周病進行度Lv.2硬いものを噛むと痛みを感じる
中度の歯周炎の場合は、歯周ポケットがかなりの深さ(4〜5mm)に達します。その中に歯垢・歯石が蓄積されます。出血や膿が目立つようになり、歯茎が縮小して歯が長く見えるようになります。痛みが強くなってブラッシングをやりづらくなります。レントゲンで確認すると、歯根の半分くらいの箇所まで、あごの骨が溶けていることが多いです。
超音波スケーラー
歯周病進行度Lv.3食事に差し支えるほど歯がグラグラする
歯周炎が重度になると、歯周ポケットは6mm以上の深さに達し、その奥から出血がはじまってしまいます。歯茎の腫れや膿、口臭といった症状が深刻になります。あごの骨は、歯根の三分の二以上の長さが溶けてしまいます。このため、歯のぐらつきや歯茎の縮小も顕著になります。放置しておけば、いずれ歯が抜け落ちても不思議ではありません。

歯周病は、予防でき治療も可能です。
歯周治療は急速な進歩を遂げ、以前は「不治の病」とさえ言われてきた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどすことができるのです。歯周病の特徴でもある一番恐ろしい点は、初期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進むことです。痛みや腫れの症状が出てくるのは、軽度歯周炎以降になってからがほとんどです。大切なのは早期発見、診断、治療、予防そしてメインテナンスです。   


Posted by koikenina at 17:06Comments(0)

2017年09月11日

歯の表面に付いた汚れをプラーク(歯垢)といいます。

虫歯はこのプラーク(歯垢)の中にある細菌によって引き起こされる病気です。虫歯の原因菌として代表的なもので、ストレプトコッカスミュータンス菌があります。歯に付着した食べかすや糖分を含む食物は細菌によって酸となります。この酸が歯の硬い部分を溶かす(脱灰)ことにより虫歯となります。

C1
エナメル質が虫歯になっている状態。この状態の時はほどんど自覚症状がありません。

C2
象牙質まで虫歯になっている状態。この状態の時は、冷たい物や甘いものがしみはじめます。

C3歯の神経(歯髄)まで虫歯になっている状態。この状態の時は神経(歯髄)が炎症を起こすために激痛が生じます。

C4歯の根(歯根)の方まで虫歯になっている状態。この状態の時は病気が根(歯根)の先の方まで進行して、根(歯根)の先に炎症が生じます。この時にはあまり痛みは生じませんが、放っておくと根(歯根)の先の病気がどんどん大きくなってしまいます。
超音波スケーラー
初期むし歯の場合
初期むし歯の場合は、わずかに削って詰めることで終了する場合がほとんどです。ケースによっては削ることをせず、再石灰化を促し様子を見ることもあります。この時点で見つけることができれば治療回数は少なくて済みます。

むし歯が神経にまで達している場合
大きく削る必要はあるものの、歯の神経は残せる可能性が高い状態です。歯の根の先までは原因菌の感染が進んでいない状態です。麻酔をし、むし歯を削ります。必要に応じて詰め物や被せ物をします。

むし歯が骨まで達している場合
状態がさらに進み、神経が壊死した状態です。細菌が歯の根の先まで侵入するため強い痛みを発します。神経を取り去ったのち、神経が通っていた管をきれいに消毒します。その後神経の管に薬を詰めて必要に応じ冠をかぶせます。最悪の場合抜歯の必要もあります。
歯科用ユニット
オールセラミッククラウン
白く透明感があり自然に見える被せ物です。
オールセラミッククラウンの特徴は、金属を使用していないことです。そのため、透明感のある自然な色合いの表現が可能です。セラミックは陶器であるため、長期間お口の中に入れていても変色することがありません。いつまでも入れたままの輝きと色がキープできる点が大きなメリットです。特に、目立ちやすい前歯に使用することが多いです。金属アレルギーの心配もありません。安心の治療法です。  


Posted by koikenina at 16:06Comments(0)