健康、生活 › 2017年09月25日

2017年09月25日

<このような方にホワイトニングをお勧めします>

また、歯みがきを念入りにしていても、少しずつ汚れが溜まって着色してきたり、加齢によって黄ばんできたりすることもあります。ホワイトニングは歯を削らず、特殊な薬剤を使って汚れや着色を落とし、歯を白くする治療です。審美歯科治療に比べて気軽に治療できる上、費用も安くすむのが特徴です。

<このような方にホワイトニングをお勧めします>
・今よりも美しく白い歯を手にしたいと思っている方
・加齢による歯の黄ばみを取りたいと考えている方
・自信を持ってお口を開けて笑いたいと思っている方
・自然な色の歯にしたいと考えている方
セラミック治療(クラウン・インレー)
こんな方へおすすめ
・変色している前歯が気になるので、白くしたい
・銀歯が入っている部分をやり直したい
・虫歯の治療をしたら、なるべくキレイな歯を入れたい
・白いだけではなく長持ちする治療を受けたい

特徴 
美しさ:天然に近い色合いのため、ほとんど自分の歯と見分けがつきません。また、経年劣化による変色もありません。
機能性:精密な印象(型取り)を行い、素材もセラミックを使用しているため、かぶせ物や詰め物に隙間や段差ができにくく、虫歯にもなりにくいのが特徴です。

歯科機器 通販
歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。
ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。ホワイトニングと比較して、 治療後の変色や着色もほとんどありません。
ポータブルレントゲン
適応される症状
変色した歯、着色の著しい歯
テトラサイクリン、フッ素などの薬物によるもの、先天的な遺伝によるもの、神経を抜いた歯の変色など
虫歯
浅く、広範囲な虫歯になってしまった場合。一本の歯に数箇所の虫歯ができてしまった場合、など
歯の形が不ぞろい
極度に小さい歯や、形が整っていない歯など
軽度に歯並びの悪い場合
極度に小さい歯や、形が整っていない歯など  


Posted by koikenina at 17:03Comments(0)

2017年09月25日

歯周病によって溶けてしまった歯周組織を再生させる治療法です。

歯科医院では、初診時に歯周病の疑いのある患者様には、「歯周病菌検査」「歯周ポケットの測定検査」「動揺度検査」を実施しております。これらの検査を行うことで、歯周病の進行具合を把握することができます。

私は大丈夫と思っている方には、特に検査をお勧めします。それは、検査で歯茎からの出血が多い方に、食事や日頃の歯磨きなどで出血に気づいていたかお聞きしてみると、「今まで出血したことはない」と返答される方が多いためです。歯周病にご自身で気づくことは非常に難しいことなのです。

患者様、歯科医院のどちらかだけが頑張っても、歯周病は治りません。患者様との信頼関係を築き、一緒に治療していくことが、当歯科医院の歯周病治療です。歯周病についてしっかりとご説明し、早期発見・早期治療で歯周病の改善に取り組んでおります。

歯周病は進行の度合いによって、「歯肉炎」と「歯周炎」に分けられます。歯周炎は歯肉炎がさらに進行したもので、以前は「歯槽膿漏」と呼ばれていました。

歯周病と生活習慣
歯肉炎
。自覚症状はほとんどなく、歯茎がほんのり赤く腫れて、症状によっては出血もあります。改善するためには、適切な歯磨きと歯科医院での定期的なPMTC(歯のクリーニング)が必要です。
マイクロモーター
歯周炎(歯槽膿漏)
歯肉炎が進行し、歯を支えている歯根膜や歯槽骨が破壊されます。歯がグラグラしたり、歯茎から膿が出るなどの症状があります。歯を直接支える歯周組織が破壊されるため、歯を残すためには本格的な治療と患者様の努力が必要です。

歯周病の検査
プローブという器具を用いて、歯周ポケットの深さを測定します。
健康な歯茎 : 深さが2mm以下
初期 : 深さが3mm~5mm
中期 : 深さが5mm~7mm
重度 : 深さが7mm以上
歯周病になると歯肉溝(歯と歯茎の間の溝)が深くなり、歯周ポケットができます。歯周ポケットの深さで、歯周病のおおよその進行状態を確認できます。

口腔内プラーク検査
歯垢を染める歯垢染色剤(染め出し液)を歯面へ塗布して、お口の中の衛生状態を調べます。より濃く染まった箇所は、日頃よく磨けていない箇所を示します。歯周病はお口の中に残った汚れから始まりますから、日頃の歯磨きで苦手な場所を把握することは、歯周病を予防していくにはとても大切です。
超音波スケーラー  


Posted by koikenina at 17:00Comments(0)

2017年09月25日

自信をもって日常生活を送っていただけるようお力添えいたします。

「口元に自信がない」「思い切り笑うことができない」「人前で話すときに金属を詰めた歯のことが気になる」そんなお悩みを抱えている方が少なくありません。中には「女性にモテたいけれども口元のコンプレックスのために気後れしてしまう」という男性もいます。
審美歯科治療は、一般の歯科治療の中で「美しさ」に焦点を当てた診療科目と言うことができます。さまざまな材質の被せ物等を使って歯を自然な美しさに整えることで、自信をもって日常生活を送っていただけるようお力添えいたします。
ラミネートベニア法
歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。ホワイトニングと比較して、 治療後の変色や着色もほとんどありません。
エアースケーラー
適応される症状
変色した歯、着色の著しい歯
テトラサイクリン、フッ素などの薬物によるもの、先天的な遺伝によるもの、神経を抜いた歯の変色など
虫歯
浅く、広範囲な虫歯になってしまった場合。一本の歯に数箇所の虫歯ができてしまった場合、など
歯の形が不ぞろい
極度に小さい歯や、形が整っていない歯など
軽度に歯並びの悪い場合
極度に小さい歯や、形が整っていない歯など

オールセラミッククラウン
金属を一切使わないので、光を透過して天然歯のような透明感のある歯を得ることができます。もちろん金属アレルギーの心配もなく、歯肉が黒ずんでしまうということもありません。とても自然な仕上がりとなるので、見た目が重要視される前歯に適しています。

削ることなく歯を白くするホワイトニングで、お顔の印象が変わります
歯の色は、人によってさまざまです。また、歯みがきを念入りにしていても、少しずつ汚れが溜まって着色してきたり、加齢によって黄ばんできたりすることもあります。ホワイトニングは歯を削らず、特殊な薬剤を使って汚れや着色を落とし、歯を白くする治療です。審美歯科治療に比べて気軽に治療できる上、費用も安くすむのが特徴です。
歯科用ユニット
<このような方にホワイトニングをお勧めします>
今よりも美しく白い歯を手にしたいと思っている方
加齢による歯の黄ばみを取りたいと考えている方
自信を持ってお口を開けて笑いたいと思っている方
自然な色の歯にしたいと考えている方  


Posted by koikenina at 16:34Comments(0)

2017年09月25日

歯周病は、プラーク(歯垢)に棲息する歯周病菌によって引き起こされる感染症です

歯を失ってしまう大きな要因のひとつが歯周病です。日本人の成人の8割以上が歯周病にかかっており、気づかないうちに進行してしまう恐ろしい病気とも言えます。

歯周病は早期の治療が大切です
歯周病は、歯石除去によるメンテナンスや毎日のブラッシングにより、歯周病菌を取り除くことで進行を止めることは可能です。早期の治療で歯周病を進行させないようにすることが大事です。年をとったら、歯を失うのは仕方ないとあきらめないでください。

歯科医院で「お口の中を衛生的にする治療(プロフェッショナルケア)」を受け、その上でホームケアをきちんと行わなければ、歯周病はなかなか治りません。歯科医院でしか行えないプロフェッショナルケアを定期的に受けましょう。

①スケーリング(歯周組織のクリーニング)
歯の表面に付着したバイオフィルム(歯石・歯垢)を完全に除去します。
歯垢が石灰化した歯石の表面はザラザラしているため、バイオフィルムが付着しやすく、歯磨きでは除去できません。きれいに除去できても、不衛生にしているとまた付着しますから、定期的に歯科医院で除去する必要があります。
コントラ 歯科
②ルートプレーニング(歯根面のクリーニング)
スケーリング終了後に、歯周ポケット内の歯根(歯の根)表面に付着したバイオフィルムを除去し、細菌によって汚染・軟化したセメント質や象牙質を取り除きます。
歯根面を滑らかにすることで、バイオフィルムの付着を防ぎます。
歯茎の深い部分を清潔にするルートプレーニングは、バイオフィルム除去の仕上げ作業と言えます。

③ブラッシング指導(歯磨きの説明と練習)
ブラッシング指導では、日頃の歯磨きの欠点(磨きにくい箇所など)を洗い出し、正しい歯磨き方法をご説明いたします。定期的に歯科医院でプロフェッショナルケアを行っていても、日頃のホームケアが不十分では、清潔なお口の状態を維持することは難しいでしょう。歯科医院には毎日通えませんから、ご自宅でのケアを怠ってはいけません。
パルスオキシメーター
お口の環境を整える ”PMTC”
PMTCは、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を用いて行う、専門的な歯とお口のクリーニングです。歯磨きでは届かない場所で進行する歯周病を改善し、予防していくには、PMTCは最適な方法と言えます。口臭予防や、歯の着色(黄ばみ)を改善する効果もあり、とても気持ちが良いと好評です。  


Posted by koikenina at 15:15Comments(0)