健康、生活 › 2017年10月05日

2017年10月05日

虫歯などのお口の中トラブルを未然に防ぐ

代わりのない大切な歯。だからこそ、ご自宅でのケアと歯科医院でのケアの両方で、大切に守りましょう。せっかく時間をかけてむし歯を治しても、治療後に粗末に扱ってしまっては、頑張って通院した努力も水の泡。更に治療を繰り返すと歯はどんどん弱くなり、最終的には歯を失ってしまうかもしれません。ご自分の歯をできるだけ長く保つためには、治療の前の「予防」が非常に大切です。

予防歯科のメリット
基本的にお口の中の健康はご自身の力で守るもの。歯に関する意識を高め、きちんと歯磨きを行っていくことで虫歯や歯周病をいったさまざまなお口の中の病気を予防することができます。次にあげるメリットをご理解の上、是非、ご自身のお口の健康管理に予防歯科を役立ててください。

(1) 虫歯などのお口の中トラブルを未然に防ぐ
定期的なチェックとクリーニングをすることによって、虫歯や歯周病の予防になり、大切な歯をいつまでも健康に維持することができる。
ニッケルチタンファイル
(2) 治療の痛み・費用を低減できる
痛みや症状がひどくなる前、もしくは自覚症状が出る前の軽度症状のうちに虫歯や歯周病を発見することができ、治療費用や期間も低減できる。

(3) お口の中がスッキリする
歯や歯ぐきをキレイにすることで、お口の健康の維持だけではなく爽快感を得ることができる。最近では歯医者さんにサロン感覚で通う方も。

定期検診・クリーニング
歯の汚れ、むし歯や歯周病の原因となる歯垢・歯石は、ホームケアだけではどうしても取り切れない場合がほとんどです。そのためお口の健康には、専門家による定期的なクリーニングと検診が不可欠です。定期的にクリーニングに通えば、ご自分の歯の状態を客観的に知ることにもなり、お口のトラブルを未然に防ぐことにも繋がります。
マイクロスコープ 歯科
PMTC
PMTCはProfessional(専門家が) Mechanical(専用の機械で) Tooth(歯面を) Cleaning(クリーニングする)の頭文字をとっています。毎日隅々まで磨いている歯にも、取り切れていないバイ菌・バイオフィルム・歯垢・たばこのヤニなどが付着しています。これらの頑固な汚れを専用の機械で徹底的に落としていくのが「PMTC」です。PMTCでは、治療のような痛みを感じることはございません。歯の表面がつるつるになり、とてもお口の中がさっぱりします。正しいセルフケアにプラスして、定期的に是非受診してください。
  


Posted by koikenina at 17:18Comments(0)

2017年10月05日

最後には取り返しのつかないことになってしまう怖い病気です

歯槽膿漏(しそうのうろう)は、歯周病の症状の一つです。歯槽膿漏=(イコール)歯周病と捉えられることも多いようですが、厳密には歯周病は、細菌によって引き起こされる歯や歯ぐきの病気である「歯肉炎」と「歯周炎」の総称です。病名としては歯周病が正解です。日本人の場合、歯肉炎は10~20代前半ですでに60%の方が患っているといわれ、50才代でおおよそ80%の人がかかっているといわれるほど、多くの方が悩んでいる歯の病気です。だれもがかかっている病気だからといって軽視していると最後には取り返しのつかないことになってしまう怖い病気です。

歯肉炎
歯ぐきが赤く腫れ、歯を磨くと血が出ることがあります。プラークや歯石を取り除いて治療します。

軽度歯周炎
歯ぐきがさらに腫れ、歯周ポケットの深さが3mm程度(健康時:2mm)まで深くなります。
初期段階より時間を使って、プラーク(歯垢)や歯石を除去する治療を行います。
エアースケーラー
中等度歯周炎
歯周ポケットの深さが4~6mmとなり、歯が伸びたように見えます。歯がグラつくことで固い物が噛みにくくなることもあります。場合によっては歯ぐきを切開してプラークや歯石を除去します。

重度歯周炎
歯周ポケットの深さが7mm以上になり、顎の骨が半分以上溶かされてしまいます。歯がグラつくことで最終的に抜け落ちることもあります。重度歯周炎の場合には、外科手術や顎の骨の再生治療を行います。
電気歯髄診断器
歯周病セルフチェック 
歯ぐき色が赤い。
歯と歯の間の歯肉が丸く、腫れぼったい。
歯ぐきを押すと白い膿が出てくる。
歯ぐきが下がって歯と歯の間に隙間ができた。
歯が長くなったように感じる。歯が伸びてきた。
歯と歯の間に食べものが挟まりやすい。
歯の表面を舌で触るとザラザラする。
歯を磨くと出血する。
口臭が気になる。人から口臭があるといわれる。
歯が動いてきた。
歯の前歯が出てきた。
朝起きた時、口の中がネバネバして気持ち悪い、口の中が苦い。
以上の項目に1つでも当てはまったら、歯周病の恐れがあります。歯科医院の検診に行きましょう。  


Posted by koikenina at 15:53Comments(0)