健康、生活 › 2017年11月15日

2017年11月15日

歯茎が下がることにより、歯が長くなったように見える

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯を支えている周りの組織(歯周組織)に起こる、お口の生活習慣病と言えます。歯周組織が、プラーク(歯垢)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染することで歯茎(歯肉)が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたり、または出血などをして疲弊します。やがて歯槽骨(しそうこつ:顎骨のうちの、歯を支える土台となる骨)が溶けてきて、歯が動くようになり、最終的には抜けてしまいます。
ニッケルチタンファイル
歯周病のサイン
下記のような症状を覚えたら、早めにご相談ください。
朝起きたときなどに、口の中がネバネバする
歯磨きをしたときに、歯茎から血が出る
歯と歯の間にすき間が出来てきた
歯並びが悪くて、歯の掃除がよく出来ない
口臭が気になる
 硬いものを噛むと痛む
冷たいものを口に含むとしみる
歯茎が腫れたり、膿が出たりする
歯茎の色が、赤色や紫色に変化した
歯茎がむず痒い
グラグラ揺れる歯がある
歯茎が下がることにより、歯が長くなったように見える
就寝中に、よく歯ぎしりをする

歯周病の進行と治療方法
軽度歯周病
歯と歯肉の間の歯周ポケットに歯石やプラーク(歯垢)がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起き、歯肉の腫れや出血などを伴います。この段階であれば歯科衛生士によるブラッシング指導や、歯のクリーニングを数回おこなうことで、比較的短期間で回復できます。
ダイヤモンドバー
中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着が目立ち、歯肉に炎症を起こしているのが確認できます。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットが深くなり、歯もぐらついてきます。この段階での治療は、歯の表面に沿って歯肉溝の奥に付着した歯石を取っていきます。痛みを感じるときは麻酔をして行います。除石を数回行い、歯肉の状態が改善された後に検査を行います。

重度歯周病
さらに進行した状態で、歯肉は化膿して真っ赤に腫れています。骨の破壊がかなり進み、歯肉も後退し、歯のぐらつきが大きくなっています。重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科で対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。  


Posted by koikenina at 16:40Comments(0)

2017年11月15日

歯周病とは、一言でいうと”歯ぐき”の病気です。

症状は、歯ぐきの肉が腫れ、歯ぐきの中の骨が溶け、歯がグラグラし始め、悪化が進むと歯を抜くことになります。歯周病の原因は、歯の周囲の細菌です。歯のまわりの歯肉に炎症があって歯を支える組織が失われてない状態を歯肉炎といいます。それがさらに進行し、歯を支える組織が失われた状態を歯周炎といい、初期から中等度やがて重度へと進行していきます。
スリーウェイシリンジ
チェックポイント
歯をみがいた時に血が出る
歯肉の色が赤い
歯肉がむずかゆい
歯と歯肉の接しているところが赤く腫れている
朝、口の中が粘る
歯の臭いが気になる
歯が長く見える
噛むと痛い
食べ物が噛みづらくなった
歯肉からうみがでる
歯みがきは1日1回、1分程度
歯科医院で定期健診を受けていない
歯がぐらぐらする
歯と歯の間にすき間ができた
超音波スケーラー
歯周病の進行段階と治療法
軽度歯周炎:危険度
軽度の歯周炎は歯茎が少し赤みを帯び腫れた状態になります。軽度歯周炎の場合の目安は歯周ポケットが3~4mm程度と言われています。この段階での治療法は、プラークや歯垢をスケーリングなどで取り除き、正しいブラッシングを毎日することです。

中度歯周炎:危険度
中程度の歯周炎になると、口臭がおこり、歯茎が化膿します。ブラッシングをした際に膿がでることもあります。歯周ポケットは4~5mm程度です。この段階での治療法はスケーリングやレーザー治療器などを使用して治療をしますが、歯周ポケットが5 mm以上深くなるとフラップ手術をする場合があります。

重度歯周炎:危険度
重度の歯周炎になると、歯がグラグラして、歯と接している歯茎がさらに腫れ、化膿が進みます。歯と歯の間が広がり、歯茎が下がって、歯が長く見えます。この段階の治療法は再生療法を用いて歯周組織の再生をはかるかことが多いです。しかし、ここまで進行すると抜歯になる可能性が高くなります。  


Posted by koikenina at 15:08Comments(0)