健康、生活 › 2017年11月17日

2017年11月17日

歯のくぼみ、溝についている細菌が歯垢です

歯周病とは、歯にこびり付いたプラークや歯石にひそむ歯周病菌が歯周組織に炎症を起こし、徐々に顎の骨を溶かしていく病気です。初期段階では痛みなどの自覚症状がほとんどないことから「沈黙の病気」とも呼ばれており、症状に気付いたときには重症化していることがよくあります。
オートクレーブ 価格
症状があっても放置していると、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともある恐ろしい病気なのです。歯周病は日本において歯を失う原因の第一位の病気。日本人の約8割がかかっている、もしくはその予備軍とされているため、誰もが注意しなければいけません。

歯垢(プラーク)や歯石がたまると、ここをかっこうのすみかとして歯と歯肉の境や歯と歯の間、歯のくぼみなどに細菌が繁殖します。この細菌こそが歯周病を引き起こす原因となります。

歯垢(プラーク)とは
歯のくぼみ、溝についている細菌が歯垢です。歯の表面で育ったバイ菌が主成分です。この細菌は、人間の口に入る食物をエサとして、増加する性質があります。そしてこの細菌が格好のすみかとしているところが、歯と歯肉の境、歯と歯の間や、歯のくぼみなどです。

歯垢から歯石へ
歯垢の中の細菌は、唾液の中のカルシウム成分と混ざり歯石(しせき)をつくります。目の非常にこまかい、小さな空洞のある軽石状のものが歯石です。歯石には栄養分が含まれているため細菌にとっては非常にありがたい「たまり場」でもあります。また、歯石は、古くなるにつれて、どんどん硬くなっていき、ブラッシングでは取れません。

ブラッシング指導
おもに、ごく初期の歯肉炎に対して行います。一人ひとりのお口の環境に適した正しい歯磨き方法を指導します。
超音波スケーラー
スケーリング
比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。

ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げて、汚れの再付着を防ぎます。  


Posted by koikenina at 16:18Comments(0)

2017年11月17日

虫歯や歯周病には個人差があり、たとえば唾液の量によっても左右されます

虫歯や歯周病の原因
通常の歯磨きでは落としきれない歯垢や歯石。これらが病原菌のすみかとなり、やがて悪影響を及ぼすまで繁殖することが原因です。虫歯の場合は、歯垢や歯石に潜む虫歯菌(ミュータンス菌)が歯の表面に付着して悪さをした場合に発症します。歯周病の場合は、歯垢や歯石に潜む歯周病菌が歯ぐきと歯の間のポケットで悪さをした場合に発症します。
エアーモーター
虫歯や歯周病には個人差があり、たとえば唾液の量によっても左右されます。唾液には、虫歯菌の活動を抑制する力があり、この唾液量が少ないがために虫歯になりやすいという方もいらっしゃいます。また、喫煙習慣があることで血流が悪く、歯周病が進行しやすい方も。「自分はむし歯になりにくい」「まだ歯周病を気にする年齢ではない」などと過信せず、お口の現状を確認していただくことを目的として、歯科医院で検査を受けてください。

歯石とは
歯みがきで取り除けなかった歯の汚れが、唾液に含まれるミネラル分と結合すると硬くなり、やがて歯石に変化していきます。歯と歯ぐきの境目や、歯と歯の間にできた歯石は、ご家庭ではなかなか取り除くことができません。

歯垢(しこう)とは
歯の表面などに付く、白くてネバネバした汚れです。お口の中に残った食べ物ではなく、細菌の塊であることにご注意ください。1ミリグラムの歯垢に対し、数億もの細菌が活性化しているといわれています。
歯科 ユニット
歯肉炎
歯肉が赤く腫れて、ブラッシングのときに出血しやすくなります。炎症は歯肉だけに起きています。

軽度歯周炎
歯肉の炎症が進行し、浅い歯周ポケット(歯と歯肉の間)ができた状態。歯槽骨の破壊が始まります。

中等度歯周炎
歯槽骨の破壊が進行し、歯がぐらつき出します。歯肉が腫れ、化膿しやすくなります。

重度歯周炎
歯槽骨がほとんどなくなった状態。著しく歯がぐらつき、うまく噛めなくなります。  


Posted by koikenina at 15:28Comments(0)