健康、生活 › 2017年11月25日

2017年11月25日

病気が進行すると歯が抜けてしまう病気です

昔は歯槽膿漏と言われていましたが、最近では歯周病もしくは歯周疾患などと呼ばれています。 歯周病は、口の中に存在する歯周病原菌が歯と歯肉の間に入り込み、歯を支えている組織に炎症を引き起こし、病気が進行すると歯が抜けてしまう病気です。

歯をなくす原因のno.1であります
日本人の約50%の人たちが歯周病で歯を失っています
初期症状のうちは、自覚症状がほとんどありません
静かに進行していく為、気付かないうちに悪化しやすく、内臓疾患へ発展することもあります
オートクレーブ 価格
歯周病治療の流れ
《STEP1》カウンセリング
まずは患者様の生活習慣病の有無や、服用中の薬の有無、現在の健康状態やお口の中の状態を詳しく伺います。
《STEP2》応急処置
現状で痛みがある場合は、まず第一に痛みを取り除く処置を行います。

《STEP3》レントゲン撮影
口腔内全体と歯のレントゲン写真を撮影します。
これにより骨や歯の状態を正確に把握し、治療計画をたてます。

《STEP4》歯周組織検査
歯周病の進行度を調べるため歯周ポケットの深さを測り、同時にどの程度歯のグラつきがあるかを検査します。歯の内側、外側、前歯側、奥歯側の進行度合いが異なるため、1本の歯について4~6箇所歯周ポケットの深さを測り、その時に出血や有無がないかのチェックを行います。

《STEP5》 細菌検査
唾液の中に含まれる歯周病原因菌の数や種類を詳しく調べて歯周病の進行状況を調べます。

《Step6 》治療方針の決定
口腔内全体の状況をくわしくご説明し、治療の進め方を相談しながら治療計画を作成します。
電気歯髄診断器
《Step7 》歯周病治療開始
歯周病治療は進行度合いによって治療方法、通院頻度は変わってきます。くわしくは当院で歯周病診断を受診ください。

《Step8 》メインテナンス
治療が完了したら、再発を防ぐためのメインテナンスを行っていきます。歯周病は放っておくと再発しやすい病気です。約3~6ヶ月毎にご来院いただき、虫歯や歯周病のチェックを行い、PMTCなどを行います。  


Posted by koikenina at 15:52Comments(0)

2017年11月25日

最悪、抜歯にまで発展する歯周病

歯の清掃が不十分であったり、かぶせ物と歯との間に隙間があって歯の清掃ができない場合などに歯の表面にプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊のようなものが歯の表面吸着してきます。このプラークの中で歯周病の原因となる細菌が活動し始めるのです。まずプラークにより歯肉に炎症が起きます。この時には歯を支えている歯槽骨にはまだ影響は出ていません。

この状態を歯肉炎といいます。
歯肉炎のままでプラークが付いたままになっていると細菌の活動によりプラークは唾液の中のカルシウムと反応して石のように固まってきます。これが歯石です。歯石がついているとその上にプラークがさらに増え、歯と歯肉が結合している部分や歯槽骨を破壊して歯と歯肉の間に歯周ポケットという深い溝を作ります。
スリーウェイシリンジ
このような状態を歯周炎といいます。
そしてその歯周ポケットの中にプラークが入り込んで歯周組織を破壊し、ポケットはさらに深くなり、そこへまたプラークが入り込んで悪循環を繰り返し歯周組織の破壊は進み、歯の支えである歯槽骨が溶けてしまい最終的には歯がぐらぐらになって噛めなくなり抜歯しなければならなくなってしまいます。  その他の歯周病の進行を早める要因として、かみ合わせのバランスが悪い場合や歯ぎしりなどの咬合性外傷と呼ばれるものや糖尿病等の全身疾患、また喫煙などが挙げられます。

歯周ポケット内の細菌
細菌といっても大きく2種類に分けられます。生存する為に空気を必要とする好気性菌と空気を必要としない嫌気性菌です。好気性菌は歯周ポケットのみならず、口内のあらゆる場所に生存していて主に虫歯の原因となります。嫌気性菌は歯周ポケットが4mm以上になると、その内部に発生し、その嫌気性菌が炎症を起こす事で歯周病は発症します。
超音波スケーラー
歯周病にならないための対策
最悪、抜歯にまで発展する歯周病。
歯周病にならないために大切なことは、普段のメンテナンス(予防)からはじまり、なってしまった後の診断と治療方法、アフターケアです。歯周病の原因は歯垢のため、日々しっかりとした歯磨きを行い、徹底的に歯垢を除去することが最も大切です。正しい歯磨きの方法でしっかりと清潔な状態を保ちましょう。歯周病の一番恐ろしいところは、自覚症状がほとんどないまま末期にまで至ってしまうことです。少しでも不安なことや心配なことがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。  


Posted by koikenina at 14:59Comments(0)