健康、生活 › 2017年11月27日

2017年11月27日

歯ぐきから血が出るのは歯周病のサイン

歯肉(歯茎)に限局した(歯肉のみが炎症を起こした)ものが歯肉炎といいます。また、歯を支えている骨にまで影響を及ぼし、骨が溶けている(吸収)状態のものを歯周炎といい、現代人の多くは少なからず歯周炎になっています。
歯の模型
歯ぐきから血が出るのは歯周病のサイン
歯磨きのたびに歯ぐきから血が出る、歯がグラグラしてきた、歯ぐきが痩せてきたなどの症状がある方は、歯周病の疑いがあります。歯周病は実に全体の7割以上の成人がかかっている国民病です。歯周病は歯を失ってしまう原因のワースト1であるだけではなく、最近の研究では全身に様々な悪影響を及ぼしてしまうことが分かってきました。

全身に深刻な影響を及ぼす歯周病菌
歯周病菌は増えてくると唾液や血液の中に入り込んで体のあちこちに飛び火し、全身に深刻な影響を及ぼしかねないことがわかってきました。高齢者に多い嚥下性肺炎、敗血症、心内膜炎、早産、低体重児出産などとの関連性が指摘されています。
マイクロスコープ 歯科
日本では成人の80%以上が罹患しています
歯周病は成人の80%以上がかかっていると言われています。歯周病の症状を訴えて当院に来院される患者さまは全体の4割ほどですが、自覚症状がなく、来院されて初めて歯周病が発見される方を含めると、確かに8割の患者さまが歯周病を抱えています。

歯を失う原因の第一位は歯周病です
日本における歯を失う原因の第一位は歯周病です。また、近年、歯周病は糖尿病や心臓の病気と因果関係があることがわかってきました。これらの疾患をお持ちの方は、日本歯周病学会に認定されている歯科医師のもとでしっかりと治療することが大切です。  


Posted by koikenina at 16:52Comments(0)

2017年11月27日

このような症状が現れたら、既に歯周病がかなり進行している可能性があります

歯周病は、お口の中の衛生状態が悪くなり、細菌が増殖することで歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。2005年に8020推進財団が実施した調査では、歯を失う原因の第一は虫歯ではなく歯周病でした。
電気歯髄診断器
歯周病チェックリスト
朝、起きたら口の中がネバネバしている
歯を磨くと出血する
固いものが噛みづらい
口臭が気になる
歯茎が腫れている
歯茎が下がってきた
歯と歯の隙間が広がってきた
歯がグラグラする
歯茎から膿が出てくる
このような症状が現れたら、既に歯周病がかなり進行している可能性があります。
すぐに歯科医院で検査・治療を受けるようにしましょう。

また、45歳以上の方・喫煙者・妊婦・糖尿病患者は、特に歯周病になりやすいと言われていますので、症状が現れる前から定期的に検診を受け、いつもお口の中の衛生状態を保つように心掛けましょう。
生体情報モニタ
歯周病の進行
健康な歯肉:健康な歯肉はひきしまり、弾力があるピンク色をしています。歯ブラシで多少こすっても出血しません。

歯肉炎~軽度歯周炎:歯と歯ぐきの間にプラークがたまって、歯ぐきが腫れ出血しやすくなっています。歯を支える骨にはあまり影響がないか、もしくは微量の骨吸収がみられます。また、歯周病は悪くなる時期(活動期)と静止期を繰り返しながら進行していきます。

中等度歯周炎:歯周ポケットが形成され、歯石が深部まで付着し、歯を支える骨が半分くらい失われています。

重度歯周炎:歯を支える骨がほとんどなくなり、歯がぐらつき、このまま放っておくと歯がぬけてしまいます。歯ぐきが下がる、膿が出るなどの症状もみられます。  


Posted by koikenina at 15:33Comments(0)