健康、生活 › 2017年12月04日

2017年12月04日

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です

虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。 症例は、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されたりする病気です。 歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。 あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。

歯周病の進行は非常に遅いため、普段の口腔内の変化ではなかなか気がつきません。気づかないうちに歯周病は進行し、多くの人が歯槽骨が吸収して歯が動くのを感じてから初めて症状を自覚します。さらに歯周病は口腔内だけではなく、全身にも影響を及ぼすことが最近分かってきました。歯周病菌そのものは強い病原性を持っているわけではありませんが、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になり、全身疾患の原因になる場合があるのです。
抜歯 器具
[進行度1] 歯ぐきがはれ、出血する
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ、歯を磨いたり食事をした際に出血することもあります。

[進行度2] 口臭を感じるようになる
歯肉の炎症はさらに進み、赤みが増し腫れぼったくなります。歯周ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、出血したり膿が出てくる事があります。

[進行度3] 歯がぐらついてくる
歯肉の炎症はますます進み、赤くブヨブヨとした歯肉になります。歯周ポケットでの炎症により歯根膜、歯槽骨が先端部から溶けてきます。

[進行度4] 硬いものが食べられなくなる
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまい、歯根が露出します。歯のぐらつきがひどくなり、硬いものは食べられなくなってきます。
マイクロスコープ 歯科
早めの診療
歯周病は、初期のうちなら完治することができます。かなり悪化していても、現在は治療法の進歩で適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、抜かなくて済むケースが多くなってきました。少しでも上記で述べたような自覚症状があれば、痛みがなくても積極的に診察を受けて下さい。

定期検診
定期検診は、非常に重要です。歯垢を放っておくと、石のように固い歯石になります。こうなるともう日常のブラッシングだけでは取れません。少なくとも半年に1回、できれば3ヶ月に1回は定期検診に行き、歯石除去と歯の健康チェックをしてもらいましょう。
  


Posted by koikenina at 17:01Comments(0)

2017年12月04日

歯を失う原因の95%が虫歯か歯周病です

虫歯や歯周病は細菌による感染症で、お口のメンテナンス(プロによるお手入れと検診)を怠っていると、細菌はまたたく間に増殖していきます。虫歯や歯周病などの治療が終わってホっとされていませんか?一度の治療だけで再発させないことは、とても困難なのです。お口の中の健康を守り、入れ歯にならないためには、虫歯や歯周病を予防することがとても重要なのです。

メンテナンスの重要性
メンテナンスとは、歯周病などを再発させないように、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。「悪くなってから行く」歯科医院ではなく、予防のために行く歯科医院が欧米では主流になっています。歯周治療やインプラント治療後、取り戻した健康なお口を守るためには、歯科医院でのメンテナンスがとても重要な役割を果たします。
しかも、お口の中の健康だけでなく、全身の健康、QOL(生活の質)向上にもつながります。
抜歯鉗子
予防歯科にはこんなメリットがあります
早期発見で早期に治療可能
予防歯科に取り組み、定期検診で早い段階でむし歯や歯周病の原因を発見し適切に治療することで、むし歯や歯周病が進行してしまう前に早期治療ができ、歯をより健康な状態に保つことにつながります。

通院の回数が少なくすむ
予防歯科に取り組む場合、定期検診のため定期的な通院を数ヶ月に1度するだけですみます。一方定期検診を受けずに症状が進行した状態ではじめて歯科医院を訪れると、治療で数回にわたり通院する必要があります。
ユニファスト
歯の寿命が延びる
むし歯になり歯を削って治療すると、むし歯は治っても歯はダメージを受けています。治療した部分からむし歯が再発し、繰り返し治療して最終的には歯を失ってしまう事もあります。予防歯科で歯の健康にしっかり注意していくことで、年齢を重ねても健康な歯が残るよう、歯の寿命を延ばすことができます。

治療費が抑えられる
予防歯科に取り組む場合、むし歯などになったとしても、定期的に検査をうけているため進行してしまっていることが少なく、大掛かりな治療を行うことはほとんどありません。そのため治療費を結果的に抑えることができます。進行したむし歯や歯周病の治療には高い費用がかかる場合があります。  


Posted by koikenina at 16:05Comments(0)