健康、生活 › 2017年12月13日

2017年12月13日

歯周病の改善…口内の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽減します

確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。近年は虫歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。

虫歯や歯周病予防の為、PMTCに力を入れております。PMTCとは、「プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」 の略で、直訳すると「歯科医院による機械的なお口の清掃」という意味になります。
実際にPMTCを経験されると、歯医者のイメージの痛いというものではなく、心地良いと感じられる患者様がほとんどです。

PMTCで得られる効果
口臭予防…口内の菌の減少により、口臭も軽減します。
歯周病の改善…口内の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽減します。
虫歯予防…口内の細菌を減少させてプラークの再付着を防ぎます。
審美性の向上…着色を除去して、光沢のある歯の表面を回復します。
歯質の強化…フッ素入りの研磨ペーストを用いることにより、歯の再石灰化を促進して歯質を強化します。
抜歯 器具
予防歯科はこんな方にオススメです!!
一生、健康な歯で過ごしたい方
お口をリフレッシュしたい方
大切なお子様に虫歯をつくらせたくない方
忙しく歯科治療に何度も来られない方
治療費にお金をかけたくない方
マイクロスコープ 歯科
予防歯科の利点
歯の表面がツルツルし、お口の中が爽快になる
磨き残しのチェックにより、自分の歯磨きの欠点がわかる
正しい歯磨き(自分に合った歯磨き)の仕方が身に付く
詰め物をしたり、歯を抜いたりするリスクが減る
虫歯治療の必要がなくなり、痛い思いをしなくて済む
総合的に歯の治療費を節約できる
歯を失うことなく、自分の歯で美味しく食事ができる
歯を失うことなく、身体全体の健康維持に繋がる  


Posted by koikenina at 16:29Comments(0)

2017年12月13日

歯周病の直接の原因は、プラーク(歯垢)です。

この中の歯周病菌は歯磨きを怠ったり、砂糖を取りすぎたりしますと、歯周ポケット内で異常に増殖し、それらが産出する毒素や酵素によって歯周組織に炎症をおこし、歯槽骨をとかす歯周病へと進行していきます。

また、歯石はプラークが石灰化して固まったものです。表面がざらざらしているのでさらにプラークがたまりやすくなります。歯石はうがいや歯磨きでは取れないので専門家にとってもらうしかありません。そうなる前にまず歯磨きでプラークをきれいに取り除くことが大切です。
コントラ 歯科
20歳代で約7割、30~50歳代は約8割が歯周病
日本における歯周病の有病率は20歳代で約7割、30~50歳代は約8割、60歳代は約9割に達しており、歯を失う原因の第1位となっています。歯周病は虫歯と異なり、痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、気付いた時にはかなり進行していて、抜歯しなければいけないということもあります。

歯周病は完治することはありません。また、歯周病は口内だけではなく、糖尿病や心臓病などの全身疾患や、早産・低体重児との関連性も数多く報告されています。生活習慣を改善し、歯周病菌や歯石の除去を定期的に行い、歯周病予防だけでなく全身の健康を守っていきましょう。
歯科用ユニット
予防歯科~虫歯・歯周病にならないお口に~
毎日の予防が健康への近道です
虫歯や歯周病は治療によって治すことができます。しかし、一度でも治療を受けた歯には少なからずダメージが蓄積されています。治療跡が再び虫歯になるケースもあり、再発すればさらに歯を削ることとなり、歯の寿命自体を縮めてしまいかねません。

そうならないために、普段からの予防に努めることが最善だと言えます。毎日の歯磨きを怠らないことはもちろん、健康なご自身の歯を生涯にわたって維持するためにも、定期的に歯医者へ通い、口腔内に異常が起こってないかをチェックすることが大切です。
  


Posted by koikenina at 15:44Comments(0)