健康、生活 › 2017年12月18日

2017年12月18日

歯に付着した歯垢や歯石内で歯周病菌が繁殖します  

私たちにとって非常に身近な病気である歯周病。なんと成人の8割が予備軍とも言われ、さらに日本人が歯を失う原因の第一位でもあります。 しかし、初期段階では自覚症状が感じられないため治療が遅れてしまうケースが多々あるのです。歯茎から出血がみられる頃にはすでに重症化している場合もあり、 最悪の場合は歯がグラグラしたり、抜け落ちたりしてしまいます。

歯周病の原因とは
歯に付着した歯垢や歯石内で歯周病菌が繁殖します。これが原因で、 歯茎が慢性的な炎症に陥り、その後徐々に歯茎はもちろん、顎の骨を溶かしていってしまいます。
生体情報モニタ
全身に影響を与える歯周病
歯周病は歯茎や口腔内にトラブルを引き起こすだけではなく、体全体に悪い影響を与える場合があります。 たかが歯周病、と油断していると、最終的には全身疾患などが引き起こされるケースもありますのでご注意ください。

予防歯科とは、虫歯になる前の予防を大切にする歯科治療です。 特に乳児期から小児期における習慣が後々歯並びや噛み方に影響し、ひいては歯周病や虫歯の原因となります。 そういったことを解明し、早期発見・早期治療・早期予防に取り組んでいます。

毎日の予防が健康への近道です
虫歯や歯周病は治療によって治すことができます。しかし、一度でも治療を受けた歯には少なからずダメージが蓄積されています。治療跡が再び虫歯になるケースもあり、再発すればさらに歯を削ることとなり、歯の寿命自体を縮めてしまいかねません。
歯科用ユニット
そうならないために、普段からの予防に努めることが最善だと言えます。毎日の歯磨きを怠らないことはもちろん、健康なご自身の歯を生涯にわたって維持するためにも、定期的に歯医者へ通い、口腔内に異常が起こってないかをチェックすることが大切です。  


Posted by koikenina at 17:40Comments(0)

2017年12月18日

歯周病は、歯を支えている歯茎や骨が壊れたり、溶けたりしていく病気です

歯茎が腫れたり歯が揺れたりすると、最終的に周囲の骨が歯を支えられなくなってしまい、歯が抜けてしまいます。歯茎の内側は目で見ることができません。しかし、歯の根の表面にあるセメント質と歯槽骨との間には歯根膜という線維があり、通常はこれが歯が骨から抜け落ちないように支えています。虫歯は歯そのものが壊れていきますが、歯周病は歯の周りの組織が壊れていくのです。そして周りの組織が壊れることで、歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉炎
歯周病の初期の段階が「歯肉炎」です。炎症が歯と歯茎に限定され、歯と歯茎の境目が赤く腫れたり、出血したりするでしょう。健康時と比べて歯茎が腫れて盛り上がった状態になるため、歯肉溝が深くなります。歯肉炎の段階では、炎症は歯の頸の部分だけに起きています。そのため、早く発見して除去すれば、改善させることが可能です。手入れの方法として、歯と歯茎の周りのプラークを歯ブラシでしっかりと除去することが挙げられます。
超音波スケーラー 家庭用
歯周炎
歯肉炎が進行すると「歯周炎」になります。
歯茎の腫れや出血だけでなく、歯と歯茎の境目の部分が壊れて隙間が深く大きくなり、はっきりと歯周ポケットができるでしょう。歯肉炎の段階でも歯周ポケットはできていますが、歯周炎になるとはっきりと形成されます。プラークがこの隙間に沿って侵入すると、破壊が根の先へと進行していくのです。症状が進行すると、歯を支えている歯根膜線維や歯槽骨が壊れてしまいます。

すると歯がぐらぐらと揺れてきて、新たな症状が見られるようになるでしょう。歯茎の腫れや出血のほかにも、歯周ポケットからの排膿や口臭などが起こります。この症状は慢性歯周炎という病名で、軽度・中等度・重度と進み具合で分けられているものです。歯茎の炎症が急激に起こった場合、急性症状として高度な腫れや強い痛みを伴うこともあります。
生体情報モニター
毎日のプラークコントロール
毎日のブラッシングにより、初期段階の歯周病であれば改善できる可能性があります。
プラークとは歯垢を指し、歯垢を減らすことで歯周病は改善が期待できるのです。

歯垢、歯石を除去する
ブラッシングで取り除けなかった歯垢は、次第に硬化して歯石になります。歯石になると、ブラッシングでは取り除けません。そのため、歯科医で機械を使い、歯石を取り除いてもらいます。これが「スケーリング」です。  


Posted by koikenina at 15:51Comments(0)