健康、生活 › 2018年01月02日

2018年01月02日

「削る診療」から「削らない診療」へ

現状、多くの方は虫歯や歯周病を治すために歯科医院に行きます。しかし、1度虫歯や歯周病になってしまうと、例え治療できても歯を完全に元通りに戻すことはできません。
例えば虫歯治療で歯を削れば虫歯は治りますが、削った歯を修復することは不可能です。
詰め物や被せ物などの人工物で処置することはできますが、歯を元通りの状態にはできません。このため、歯を守るためには症状が起きてから治すのではなく、予防することが大切になるのです。
マイクロスコープ 歯科
「削る診療」から「削らない診療」へ
様々な研究の成果から、虫歯も歯周病も実は”細菌の感染症”だということがわかってきました。この細菌感染は、正しい知識を身につけ、正しいメインテナンスを行っていけば、未然に防げることがわかっています。それに伴い、歯科治療も従来の治療から、大きく変化をしてきました。

そう、「削る診療」から「削らない診療」へ。
「生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌がいない」ってご存知ですか? 虫歯菌は、赤ちゃんの周りにいる大人から感染してしまうことが多いのです。これからは、治療するために歯医者さんへ行くのではなく、”予防をするために歯医者さんに通う”ことが健康な歯を長く保つ秘訣です。そして、痛い思いをしないですみ、一生自分の歯で食事をすることができます。しかも、従来の”入れ歯になるまで治療を繰り返す方法”に比べ、一生涯にかかる”時間は短く”、”治療費はグンと安く”抑えることも出来ます。
超音波スケーラー
正しい歯磨きで虫歯を予防するために
日常的に歯磨きをしている方でもしっかりと磨き切れていないことがあります。その磨き残しがお口のトラブルにつながります。正しい歯磨きを患者様自身で行っていただけるよう、正しい歯磨きの方法のチェック、レクチャーを行っています。 正しい歯磨きが虫歯予防の効果的なケアとなります。また、歯石など自分で行う歯磨きでは落とせない汚れを除去することで虫歯の予防を行うことができます。 定期的にメンテナンスを行うことで、単に汚れを落とすだけでなく、歯や歯茎の強化につながります。  


Posted by koikenina at 15:34Comments(0)

2018年01月02日

予防歯科とは、虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、そうならないための予防治療のことを指します

歯磨きなどセルフケアで行う歯の手入れと同時に、歯科医院で行っているプロケアを用いることで、より歯を美しく健康的に保つことを目的としています。歯は治療で削るなどして失ってしまうと元に戻ることはありません。そのため、予防歯科は病気になってからの治療以上に大切なことなのです。

プロフェッショナルケア
口腔内の状態、年齢や生活環境などにより実践すべき予防歯科の方法は一人ひとり異なります。当院ではメンテナンスにより患者さまの予防歯科の実践のお手伝いをさせていただいています。メンテナンスでは磨き残しなどのチェック、患者さまご自身ではケアしきれない歯石除去や歯周ポケット内の洗浄、PMTCなどを行なっています。
ニッケルチタンファイル
PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」を意味する言葉。歯科医院でしかできない、徹底的な口腔内の清掃を目的とした治療です。普段のブラッシングに加え定期的にPMTCを受けることで、虫歯や歯周病の予防効果が非常に高くなります。

ブラッシング指導
歯ブラシの持ち方、動かし方などを指導し、歯に付着した汚れを効果的に落とせるようにしていきます。また、患者さまの歯並びに合わせた磨き方のポイントなどもアドバイスいたします。
ハンドスケーラー
スケーリング
歯磨きでは落としきれない歯の汚れや歯石を取り除きます。歯垢は細菌が固まって粘着質の状態になったもの、歯石は歯垢がカルシウムを吸収して石のように硬くなったものです。歯石は一度取ってもまたできてしまいますので、定期的にスケーリングをお受けいただく必要があります。  


Posted by koikenina at 14:57Comments(0)