健康、生活 › 2018年01月04日

2018年01月04日

冷たい水で歯がしみますか?

お口の中には、口腔常在菌という細菌が存在します。歯にくっついているネバネバしたものはプラーク(歯垢あるいはバイオフィルムとも称される)といわれる細菌の塊です。歯磨きによってきれいにすることができますが、きちんと歯に歯ブラシや歯間ブラシなどが当たっていないときれいに落とすことができません。そのため、一人一人に合った清掃用具や正しい歯みがき方法の練習が不可欠です。今更歯みがき!?と思われがちですが、歯みがきが歯を守るために一番大切なことなのです。
ニッケルチタンファイル
歯周病セルフチェック
歯ぐきが変色(赤色や紫色)したり、腫れていますか?
歯ぐきから血がでることがありますか?
歯が浮いた感じがすることがありますか?
グラグラして硬いものが食べにくいですか?
若いころに比べ歯が長く伸びたように見えますか?
冷たい水で歯がしみますか?
口臭が気になりますか?
朝起きた時、口の中が粘っこく感じますか?
歯と歯の間に食べ物がはさまりやすいですか?
歯の咬み合わせが悪くなったと思いますか?
マイクロスコープ 歯科
「軽度歯周炎」では歯茎の腫れや出血などが起こる
比較的症状の軽い歯周病は、歯肉だけに変化が現れているものです。軽度歯周炎は一般的に「歯肉炎」とも呼ばれます。健康な状態では鋭角的に引き締まっている歯の間の歯肉が、赤く腫れるのが特徴です。軽度歯周炎になると歯磨きの時に出血しやすくなったり、口臭がすることがありますが、自分では気づかず見過ごしてしまうこともあるかもしれません。

「中度歯周炎」に進行すると歯槽骨が溶けてしまうことも
中度歯周炎のポイントは、歯を支えている歯槽骨まで影響が出ていることです。
歯肉のラインが全体的に下がり、歯根が少し露出して、歯が長くなったように見えます。自覚症状としては、冷たい物や熱い物が歯にしみる知覚過敏になったり、食べ物がよく挟まるようになる、といったものが挙げられます。歯周病菌が歯の根本にある歯槽骨まで到達すると、免疫細胞の作用で骨が溶ける「骨吸収」が起きてしまいます。骨吸収の治療には時間と費用がかかるので、「中度」という名称を侮らず早めに歯周病治療をしておきましょう。

「重度歯周炎」では歯がぐらつき自然に抜けることもある
重度歯周病まで進行してしまうと、歯槽骨が目に見えて露出したり歯周ポケットから出血することも多くなります。歯のぐらつきも激しくなり、触っただけで歯が動くのも特徴のひとつ。歯全体を支える歯茎が痛んでいるため、放置していると歯が自然に抜け落ちてしまうこともあります。また歯周ポケットが深く・広くなるので、歯垢が溜まりやすくなり、口臭などの自覚症状が現れる方も多い進行段階です。  


Posted by koikenina at 15:53Comments(0)

2018年01月04日

歯周病の進行度を知るために不可欠な検査です

テレビCMなどでもよく聞く歯周病。成人の約8割がかかっているか、あるいは予備軍であるといわれている国民病ですが、皆様は歯周病に関してどの程度ご存じでしょうか?
歯ぐきが腫れたり、ブラッシングで血が出たりするなどの症状が出てきたら、歯周病のサインかもしれません。

ズキズキするような痛みを伴わないため、大丈夫だろうと思われがちですが、そのまま放置しておくと、歯茎の炎症が起きたり、顎の骨が溶けて歯が抜けてしまったりする事態になることもある怖い病気なのです。たとえ軽度のものでも歯医者で適切な処置を受けないと、毎日の歯磨きだけでは改善できないこともあります。歯周病のサインを感じたら早めに東京都町田市の歯科医院「ワイズデンタルオフィス」までお越しください。
ポータブルレントゲン
歯周病検査
歯周病の進行度を知るために不可欠な検査です

歯周病検査では、歯ぐきの状態や出血の有無、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さや歯のぐらつき(動揺度)などを調べます。検査は保険が適用されます。

プロービング検査
「プローブ」という先の細い器具を使い、歯周ポケットの深さや炎症状態を測定します。一般に、ポケットが深いほど歯周病が進行しています。

動揺度検査
歯科用のピンセットで歯をつまんで動かすことで、ぐらつきの程度を測ります。ぐらつきが大きいほど歯周病が進行し、骨が吸収している状態を示します。

レントゲン検査
歯を支えている骨の状態を調べ、その吸収の程度や形態を確認します。プロービングでは確認できない歯周病の進行度合いをチェックします。
パルスオキシメーター
歯周病検査によって歯周病と診断された場合、日常生活に支障が出ないよう応急処置を施した上で今後の治療計画を立案します。患者さんの了承が得られ次第、進行度合いに合わせた治療を行っていきます。歯周病を管理する上で最も重要なことは、ご自身で行う日々の歯磨きです。適切な歯磨きをして、お口の中の歯周病菌の量を減らしていくこと(プラークコントロール)が、治療効果を左右する最大の要因となります。そのため歯科医院では、セルフケアとしての適切な歯磨きができるように患者さんにブラッシング指導を行うとともに、歯磨きでは除去することができない歯石などの沈着物の除去を行います。歯周病の初期治療が終了し安定した状態が得られている時期を安定期といいますが、このような時期に1~2カ月に1度の歯周安定期治療を継続することをお勧めしています。  


Posted by koikenina at 14:55Comments(0)