健康、生活 › 2018年01月09日

2018年01月09日

歯の表面を全体的に薄く削り、セラミック製のクラウン(冠)を被せる治療です

審美治療とはただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します。バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。保険診療による一般の歯科治療では、虫歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります

審美歯科治療は、一見歯の見た目を美しくするだけの治療と思われがちですが、実はそうではありません。かみ合わせなど機能面のことも考えて治療を行っていきます。なぜならかみ合わせなどの機能が整っていないと、なかなか美しい歯並びにはなりませんし、歯本来の機能を犠牲にしてまで見た目だけを整えるような治療をしても、本末転倒です。
超音波スケーラー 家庭用
「美しい口元を手に入れて明るい気持ちで過ごしたい」そんな患者様のご希望に沿えるよう、お一人おひとりとしっかりお話をさせてただいたうえで、美しく機能的なお口元になるようにご提案させていただきます。審美歯科を通して、患者様が明るい気持ちで健康に過ごせるお手伝いができれば幸いです。

セラミック製のクラウン
歯の表面を全体的に薄く削り、セラミック製のクラウン(冠)を被せる治療です。天然歯と見分けがつかないほど自然な歯に仕上がり、歯の隙間などをなくすこともできます。また、周りの歯に合わせて色を調節することも可能です。
エアスケーラー
セラミックインレー
虫歯の治療で使用するインレー(詰め物)には、金属製の銀歯が用いられることが一般的です。ただし、目立ちやすいため審美性は低くなってしまいます。セラミックインレーは詰め物をセラミックにすることで、天然歯同様の見た目と強度を実現した治療です。

ホワイトニング
白く美しい歯は、その人の印象を大きく左右する重要なポイント。しかし、歯は加齢や普段の生活の中で少しずつ白さを失っていってしまいます。例えばタバコのヤニや茶渋など、身の回りには歯に着色してしまうものがあふれているのです。ホワイトニングは歯を削ることなく、歯を白く美しくするための治療です。歯の外側を白くするのではなく、薬剤によって内側から白く変えるため、透明感のある美しい白さを手に入れることができます。このホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。  


Posted by koikenina at 16:06Comments(0)

2018年01月09日

歯周病は痛みがなく、気がつかない間に進行している病気です。

歯と歯ぐきの間にたまった歯垢(プラーク)や歯石の中にいる歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支える骨が無くなっていき、最後には歯がなくなってしまいます。35歳を過ぎると80%以上の方が歯周病にかかっています。(厚生労働省調べ)

歯周病の怖いところは初期段階は痛みがないため自分が歯周病になっていることに気付かないということです。固い物が噛みにくい、口臭がする、歯と歯の間に物が挟まるようになったなど、自覚症状が出てきた時には思っている以上に症状が進行していることです。
光照射器
歯周病の症状「歯肉炎~軽度歯周炎」
歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)という細菌のかたまりがたまり、歯肉に炎症が起きた状態。骨は溶けていませんが歯茎から出血することがあります。歯と歯肉の溝は病的に深くなりポケットと呼ばれるようになります。度歯周炎になると歯肉だけでなく歯槽骨にも炎症が進み、歯根の1/3まで溶けた状態です。歯周ポケットは4mm程度でほとんど痛いみはありません。

歯周病の症状「中等度歯周炎」
歯根の2/3以上骨が溶けた状態でポケットは7mm以上になります。歯を指で動かすと大きく揺れたり、食べ物を噛むのが難しくなったり、場合によって歯が抜け落ちてしまいます。他にも歯茎から膿が出ることもあります。

歯周病の症状「重度歯周炎」
歯槽骨が1/2程度溶ける状態です。ポケットは5~7mm程度で歯がグラグラしたり、腫れや痛みを感じるようになります。
高圧蒸気滅菌器
PMTC
(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の頭文字で、歯科医院で専門的に行う、お口のケアプログラムのことです。細菌は次第にバイオフィルムという集合体を形成し、いったん出来てしまったバイオフィルムは歯磨きだけでは除去出来ません。ふだんの歯磨きでは取りきれない歯の着色・汚れを落とし、本来の白く輝く色を取り戻します。出来てしまったバイオフィルムの除去にも繋がります。それにより口臭や虫歯、歯周病の予防にも効果があります。

手動スケーラー
名前にもあるように、スケーラーにて手動で丁寧に除去していきます。超音波スケーラーの効果は抜群ですが、歯茎の奥や歯並びの複雑な部分では、取りきれない場合があります。
そこで、その部分は、経験を積んだ歯科衛生士の手でじっくりと除去していきます。  


Posted by koikenina at 15:02Comments(0)