健康、生活 › 2018年01月12日

2018年01月12日

虫歯、歯周病をつくらないためには、何よりもお口の中を清潔に保つことが大切です

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されりする病気です。歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。

治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯茎だけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯茎をつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。
生体情報モニター
歯周病と全身疾患との関係
歯周病は、歯がグラグラしてきて抜ける「歯の病気」です。しかし最近、歯周病と全身的疾患との関係が指摘され始めてきました。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)との関係
寝たきりやご高齢で抵抗力が落ちていると、口腔内に大量の歯周病菌が発生し、誤嚥性肺炎を発症することがあります。

早産や低体重児との関係
歯周病菌による口腔内の炎症が血管を通して全身に回り、羊水にまで影響。その結果、早産と低体重児の原因となることがわかっています。

心臓発作(心筋梗塞)
重度の歯周病は、歯周病菌が血管内にまで入り込み血液の流れによって全身の臓器に侵入します。現在、歯周病菌の一種に、血栓(血のかたまり)を作る作用があることが証明されていて、それが心臓の血管を詰まらせ心臓発作を引き起こすとされています。
マイクロスコープ 歯科
虫歯、歯周病をつくらないためには、何よりもお口の中を清潔に保つことが大切です。
それには、虫歯菌や歯周病菌が繁殖する原因となる、歯垢の除去を行うことが基本です。
毎食後のブラッシングはもちろん、フロスや歯間ブラシなどの補助器具を使って、歯垢を取り除いてください。自宅でのメンテナンスでは、完全な歯垢の除去は困難です。定期検査は口の中の状態に合わせてお一人おひとり適切な時期をお伝えしております。  


Posted by koikenina at 16:23Comments(0)

2018年01月12日

きちんと入れ歯などによって噛む機能を回復することが必要で

歯を失ってしまうと、見た目が気になるのはもちろん、「食べものがしっかり噛めない」「発音がうまくできない」といったさまざまな不具合が起こってきます。そのため歯を失ったら、きちんと入れ歯などによって噛む機能を回復することが必要です。

美味しく食事を楽しんで頂くために、楽しくおしゃべりして頂くために、「生活の質」を
入れ歯で向上させていきましょう。ご希望、ご予算に合わせて色々な種類の入れ歯をご用意しております。本当に毎日使う体の一部の入れ歯が安い事が一番大切でしょうか?
入れ歯の種類や特徴や利点を実物の見本や違いが分かるように体感できる道具も用意してございます。まずはお気軽にご相談下さい。
オートクレーブ 価格
【レジン床義歯】 
ピンク色のプラスチック(樹脂)で作られている、比較的ポピュラーなタイプの義歯。強度を得るため厚みがあり、クラスプ(歯に留まる部分)が金属性で、入れ慣れるまでの違和感はかなり大きい。

【金属床義歯】 
上アゴに被さる部分や下アゴの舌の触る部分が金属で作られている。 樹脂に比べ強度があるため、より薄く、またより熱の伝わりが良いため、レジン床に比べてかなり違和感は小さく、味覚も感じやすくなる。

【ノンクラスプデンチャー】 
義歯の歯以外の部分が、特殊な透明色の樹脂で作られており、歯に留まる装置も透明色なため、義歯を装着していても判別しにくい審美性を高めたタイプの義歯。 型どりや、義歯製作を特殊な方法で行い、精度の高い義歯ができあがるため、フィット感にすぐれている。
超音波スケーラー
【磁石方式】
残っている歯根に「磁性金属」を、入れ歯側に「超小型磁石」を取り付け、磁力でぴったりとフィットさせます。見た目も違和感はありません。また、取り外しも簡単なので、クリーニングも容易です。ただし、歯根が残っていない場合はこの方式は採用できません。  


Posted by koikenina at 15:16Comments(0)