健康、生活 › 2018年01月15日

2018年01月15日

食べ物を一度に食べるより、だらだら食べる方がむし歯になりやすくなります

皆様はこれまで歯科医院に通った時、あるいは行こうとした時は、どのような状況だったでしょうか?中には「最近歯科健診を受けていないから…」とか「お口のクリーニングをして欲しい」とお越しになる方もいらっしゃるかと思います。しかし、大多数の方が「歯が痛み出した」「歯に穴があいた」「歯ぐきが腫れた」など不快な症状を持って来院されます。

このような状況で来院される方は高い確率で一般的に歯科のマイナスのイメージとされる『削る・抜く・かぶせる』などの治療が必要になってきます。これらの処置は一般に痛みを取り除く、病気の進行を防ぐために行う処置でありますが、歯に対してダメージを与えてしまうことは免れません。

オートクレーブ滅菌
自分でできるお口のケア
歯磨き
どんなにしっかり治療をしても、自宅で正しい歯磨きがされていなければ意味がありません。1日に3回の歯磨きに加え、デンタルフロスや歯間ブラシを使って、効果的な歯のお掃除をしましょう。毎日きちんと歯磨きをしていても、すべての歯垢を完全に取り除くのは難しいです。そのため歯が痛くなくても定期的に歯科医院に通うことが大切です。

正しい食生活
食べ物を一度に食べるより、だらだら食べる方がむし歯になりやすくなります。1日3回の食事を基本とし、間食をする場合は決まった時間に食べるようにしましょう。
電気歯髄診断器
PMTC
PMTCはProfessional(専門家が) Mechanical(専用の機械で) Tooth(歯面を) Cleaning(クリーニングする)の頭文字をとっています。毎日隅々まで磨いている歯にも、取り切れていないバイ菌・バイオフィルム・歯垢・たばこのヤニなどが付着しています。

これらの頑固な汚れを専用の機械で徹底的に落としていくのが「PMTC」です。PMTCでは、治療のような痛みを感じることはございません。歯の表面がつるつるになり、とてもお口の中がさっぱりします。正しいセルフケアにプラスして、定期的に是非受診してください。  


Posted by koikenina at 15:53Comments(0)

2018年01月15日

歯周病は早めの治療、そして予防が大切です

歯を失う原因~歯周病~
歯と歯ぐきの溝にたまったプラーク(歯垢)や歯石の中に含まれる細菌の毒素によって歯ぐきが炎症を起こし、さらに歯を支える歯周組織や顎の骨を溶かされていくのが歯周病です。出血や歯ぐきの腫れ、口臭などをともない、やがては支えを失った歯が抜け落ちてしまうことにつながります。歯周病はお口の中だけの病気のように考えられがちですが、全身疾患との関連性も指摘されています。歯周病菌が血管に入り込み全身に運ばれるために、糖尿病や心疾患、誤嚥(ごえん)性肺炎、早産や低体重児出産などを引き起こすこともあるのです。
歯科用 ダイヤモンドバー
こんなお悩みはありませんか?
歯ぐきが腫れている
歯みがきのときに出血することがある
朝起きたときに口の中がねばつく
歯ぐきが下がり歯が長くなったように見える
歯がグラつく
口臭がきつくなった
硬い物を咬むとき力が入らない
ひとつでも当てはまる項目がある方は歯周病にかかっている可能性があります。歯周病は早期発見・早期治療が大切ですので、気になる症状がありましたらお早めにご相談ください。

治療よりも予防がおすすめです
虫歯や歯周病にかかってしまうと、病気の痛みだけでなく治療の負担もかかってしまいます。しかし病気を未然に防げれば、さまざまなトラブルを感じることなくお口の健康維持ができ、生涯ご自身の歯で食事や会話を楽しむことができるのです。予防の基本は毎日の歯みがき。それはお口の中の汚れをしっかり落とせば、虫歯も歯周病も防げるからです。しかしセルフケアだけでは、なかなか汚れを落としきれません。歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝の汚れを残してしまうとそこから病気を発症してしまうのです。そこで加えていただきたいのが歯科医院での定期的なメインテナンスです。
ニッケルチタンファイル
家庭でできる予防歯科
予防歯科の基本、それは毎日のブラッシングです。とは言え、歯ブラシを使った通常のブラッシングだけでは歯間にある汚れを取ることはできません。歯ブラシで歯を磨いた後は、デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯間の汚れもしっかりと除去しましょう。
 
毎日のブラッシングがしっかりとしていれば、虫歯や歯周病の発生率を"グン"と下げることができます。またブラッシング指導のご希望があれば、医師・衛生士が適切な方法をお教えいたします。  


Posted by koikenina at 15:03Comments(0)