健康、生活 › 2018年01月16日

2018年01月16日

なお、歯周病の治療は基本的に保険内で行います

歯周病とは、歯磨きが不十分などの理由で歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に歯垢(プラーク)や歯垢が硬くなった歯石がたまり、それらが歯肉に炎症を引き起こす病気です。進行すると、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)を細菌が溶かしていきます。最悪の場合、歯が抜けてしまいます。歯周病は歯ぐきから出血したり、歯がぐらぐらと動いたりする症状がありますが、軽度では多くの場合に症状がなく、気付かないうちに進行してしまう怖い病気です。日本人が歯を失う原因の第一位です。
歯科用コントラ
歯周病の治療について
セルフケアと歯科医院での専門的な治療が必要です
歯周病の治療は、患者さんのセルフケアと歯科医院での専門的な治療を並行して行い、病気の原因となっている歯垢や歯石を取り除くことが必要です。歯垢は通常の歯磨きでも取り除くことができますが、歯石は歯科医院で専門的な治療を行わないと取り除けません。歯科医院で歯垢・歯石取り専用の器具を使って行う治療のことをスケーリング、ルートプレーニングと言います。なお、歯周病の治療は基本的に保険内で行います。
生体情報モニター
PMTC
PMTCとは歯科医師、歯科衛生士が専門の機械を用いて歯をクリーニングすることです。
食べかすによる歯垢や プラークはバイオフィルムとよばれ、歯の表面にネバネバした膜を作ります。この膜の中にはむし歯や歯周病の原因となる細菌が住み着きます。バイオフィルムは歯ブラシでは取り除けないほど強力な粘着力を持っています。PMTCを定期的に行うことによってバイオフィルムを除去し、お口の中をむし歯、歯周病から守り健康な口腔内を維持することをおすすめします。

SRP
細長い歯科専門の器具を使い、歯根の部分に隠れている歯垢や歯石を取り除きます。SRPをすることによって歯周ポケットの深くまで清潔にでき、歯根の表面をツルツルにできるので、むし歯や歯周病になることも少なく、トラブルの原因を効果的に除去できます。  


Posted by koikenina at 16:25Comments(0)

2018年01月16日

虫歯が進行すると、「虫歯が歯の神経(歯髄)まで達して内部で炎症」を起こします

初期の虫歯(CO)
【症状】
歯の表面のエナメル質がわずかに溶け、白く濁って見える「脱灰(だっかい)」程度の状態です。「しみる」「痛む」などの自覚症状はまだ現れません。
スリーウェイシリンジ
【治療法】
適切なブラッシングで汚れを除去し、予防処置で歯の再石灰化を促すことで治癒が期待できます。
歯科レントゲン
エナメル質の虫歯(C1)
【症状】
エナメル質が溶け、黒ずんで見える状態です。歯の中の神経より遠い部分なので痛みなどの自覚症状はまだ現れません。
【治療法】
感染部位を除去して、レジン(歯科用プラスチック)などを詰めて補います。
象牙質の虫歯(C2)
【症状】
エナメル質の内側の象牙質にまで虫歯が進行した状態です。「冷たい物がしみる」などの症状が現れます。
【治療法】
感染部位を削り取り、詰め物や被せ物を装着して補います。
神経にまで達した虫歯(C3)
【症状】
象牙質の奥の神経にまで虫歯菌の汚染が進行した状態です。何もしなくてもズキズキ激しく痛みます。
【治療法】
神経を除去する「根管治療)」を行ったあと、被せ物を装着して歯の機能を補います。
電気歯髄診断器
歯根まで達した虫歯(C4)
【症状】
歯の上の部分(歯冠)がほとんど溶かされ歯根にまで虫歯が進行した状態です。神経が死んでしまうといったん痛みは治まりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。
【治療法】
ほとんどの場合で抜歯が選択され、入れ歯、ブリッジまたはインプラント治療などで歯の機能を補います。
根管治療
虫歯が進行すると、「虫歯が歯の神経(歯髄)まで達して内部で炎症」を起こします。
炎症が進行すると、健康な神経が細菌に侵され腐っていきます。虫歯が進行しても放置したままのとき、最初は痛みを感じていたものが痛みが感じなくなるとともに口臭が強くなってきたような場合は、歯髄が壊死してしまっていることも考えられます。根管治療は、傷んだ歯の神経と病巣(細菌)を全て取り除いて、歯の神経が入っていた管(根管)の内部をキレイに洗浄する方法です。根管は「目に見えないほど細かいものもあるため」、その内部を全て洗浄するには多くの時間が必要となります。  


Posted by koikenina at 16:23Comments(0)

2018年01月16日

気付かないうちに進行してしまう怖い病気です

歯周病とは、歯磨きが不十分などの理由で歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に歯垢(プラーク)や歯垢が硬くなった歯石がたまり、それらが歯肉に炎症を引き起こす病気です。進行すると、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)を細菌が溶かしていきます。最悪の場合、歯が抜けてしまいます。歯周病は歯ぐきから出血したり、歯がぐらぐらと動いたりする症状がありますが、軽度では多くの場合に症状がなく、気付かないうちに進行してしまう怖い病気です。日本人が歯を失う原因の第一位です。
歯科材料販売
歯周病の治療について
セルフケアと歯科医院での専門的な治療が必要です
歯周病の治療は、患者さんのセルフケアと歯科医院での専門的な治療を並行して行い、病気の原因となっている歯垢や歯石を取り除くことが必要です。歯垢は通常の歯磨きでも取り除くことができますが、歯石は歯科医院で専門的な治療を行わないと取り除けません。歯科医院で歯垢・歯石取り専用の器具を使って行う治療のことをスケーリング、ルートプレーニングと言います。なお、歯周病の治療は基本的に保険内で行います。

PMTC
PMTCとは歯科医師、歯科衛生士が専門の機械を用いて歯をクリーニングすることです。
食べかすによる歯垢や プラークはバイオフィルムとよばれ、歯の表面にネバネバした膜を作ります。この膜の中にはむし歯や歯周病の原因となる細菌が住み着きます。バイオフィルムは歯ブラシでは取り除けないほど強力な粘着力を持っています。PMTCを定期的に行うことによってバイオフィルムを除去し、お口の中をむし歯、歯周病から守り健康な口腔内を維持することをおすすめします。
光照射器
SRP
細長い歯科専門の器具を使い、歯根の部分に隠れている歯垢や歯石を取り除きます。SRPをすることによって歯周ポケットの深くまで清潔にでき、歯根の表面をツルツルにできるので、むし歯や歯周病になることも少なく、トラブルの原因を効果的に除去できます。  


Posted by koikenina at 15:23Comments(0)

2018年01月16日

C0~C4の虫歯と根管治療について

初期の虫歯(CO)
【症状】
歯の表面のエナメル質がわずかに溶け、白く濁って見える「脱灰(だっかい)」程度の状態です。「しみる」「痛む」などの自覚症状はまだ現れません。
【治療法】
適切なブラッシングで汚れを除去し、予防処置で歯の再石灰化を促すことで治癒が期待できます。
エアータービン
エナメル質の虫歯(C1)
【症状】
エナメル質が溶け、黒ずんで見える状態です。歯の中の神経より遠い部分なので痛みなどの自覚症状はまだ現れません。
【治療法】
感染部位を除去して、レジン(歯科用プラスチック)などを詰めて補います。
象牙質の虫歯(C2)
【症状】
エナメル質の内側の象牙質にまで虫歯が進行した状態です。「冷たい物がしみる」などの症状が現れます。
【治療法】
感染部位を削り取り、詰め物や被せ物を装着して補います。
神経にまで達した虫歯(C3)
【症状】
象牙質の奥の神経にまで虫歯菌の汚染が進行した状態です。何もしなくてもズキズキ激しく痛みます。
【治療法】
神経を除去する「根管治療)」を行ったあと、被せ物を装着して歯の機能を補います。

歯根まで達した虫歯(C4)
【症状】
歯の上の部分(歯冠)がほとんど溶かされ歯根にまで虫歯が進行した状態です。神経が死んでしまうといったん痛みは治まりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。
【治療法】
ほとんどの場合で抜歯が選択され、入れ歯、ブリッジまたはインプラント治療などで歯の機能を補います。
歯医者 器具
根管治療
虫歯が進行すると、「虫歯が歯の神経(歯髄)まで達して内部で炎症」を起こします。
炎症が進行すると、健康な神経が細菌に侵され腐っていきます。虫歯が進行しても放置したままのとき、最初は痛みを感じていたものが痛みが感じなくなるとともに口臭が強くなってきたような場合は、歯髄が壊死してしまっていることも考えられます。根管治療は、傷んだ歯の神経と病巣(細菌)を全て取り除いて、歯の神経が入っていた管(根管)の内部をキレイに洗浄する方法です。根管は「目に見えないほど細かいものもあるため」、その内部を全て洗浄するには多くの時間が必要となります。  


Posted by koikenina at 15:21Comments(0)