健康、生活 › 2018年01月17日

2018年01月17日

歯肉溝にプラークが溜まり、歯肉に炎症が起こり、歯周ポケットが形成されます

歯垢(プラーク)は生きた細菌の塊で、そのほとんどが酸素の少ない場所を好むため、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)に潜んでいます。

この歯垢(プラーク)の中の細菌が出す毒素によって歯ぐきに炎症が起きてしまうのです。
又、口腔内の環境や生活習慣にも間接的な原因が潜んでいます。歯周病の予防は、専門的な管理(プロフェッショナルケア)と家庭のお手入れ(ホームケア)とによって予防する事ができます。又、いったんかかってしまっても、それ以上ひどくならないように進行を止める事ができます。
歯ぐきから血が出る
歯ぐきが腫れる
歯がグラグラする
口臭が気になる
などの症状があらわれると注意が必要です。
歯科用ユニット
進行について
歯肉溝にプラークが溜まり、歯肉に炎症が起こり、歯周ポケットが形成されます。まだ、歯槽骨の吸収は認められません。

歯肉は炎症を起こし、少し赤みを帯びてきます。ブラッシングすると出血を伴います。この頃から歯槽骨の吸収が始まり、歯周ポケットは4mm程になります。

歯肉の炎症は進み、出血や排膿を伴います。歯槽骨の吸収も進行し、歯根膜も破壊されてきます。歯周ポケットは5~7mmくらいになります。

出血は排膿を伴います。歯の動揺も著しくなります。歯槽骨は吸収され、歯牙を支える部分はほとんど無くなります。
ハンドスケーラー
歯周病の予防
虫歯と同様、歯みがきが歯周病予防のひとつです。食後の歯みがきを習慣にして、歯と歯茎の間をよくみがいてください。歯みがきでは取り除けない、歯石や歯垢(プラーク)もでてきますので、定期的に歯石や歯垢(プラーク)を取り除くクリーニングもうけるようにしてください。また、食べるときにしっかりと噛むことも予防の一つになります。よく噛むことによって食物をつまりにくくして、強い歯茎をつくります。  


Posted by koikenina at 17:25Comments(0)

2018年01月17日

歯周病は治療せずに放置すると、歯を失うことにもつながるとても怖いお口の病気です

日本では成人の約8割もの人がかかっているかその予備軍と言われ、国民病と称されるほどで決して他人事ではないのです。

現在、30代以上のほぼ90%が罹患していると言わる歯周病。歯周病にかかると歯が揺れて咬めなくなってしまったり、歯茎から出血したりします。そのまま放置すれば、歯を抜かなくてはならなくなることも。また、その影響はお口の中だけでなく、放置すると脳血管疾患や心不全、ときには癌の原因にもなり得る恐ろしい病気です。
光照射器
治療の流れ
Step1歯周病の状態を検査・診断
レントゲン撮影や歯周ポケットの検査などを行い、歯周病の進行状態を確認します。

Step2ブラッシング指導
歯周病の予防や進行を抑えるためには、毎日の正しいブラッシングが欠かせません。
当院では2〜3回に渡って丁寧にブラッシング指導を行い、個人の磨き方のクセを見直して正しいやり方をアドバイスいたします。また必要に応じて、一人ひとりに合った歯磨き粉やブラッシング用の道具などもご紹介します。

Step3歯石取り(歯茎の上まで)
歯周病の原因となる、歯の表面から歯茎の上までこびりついた歯石を除去します。
高圧蒸気滅菌器
Step4歯石取り(歯茎の中まで)
麻酔をして、歯茎と歯の間に隠れている歯石を除去します。

Step5外科的処置・歯根治療
麻酔をして歯根にたまった細菌や汚れを除去します。状況により骨の再生が期待できる部位は特殊な方法で再生療法を行います。  


Posted by koikenina at 15:13Comments(0)

2018年01月17日

歯肉炎を含む歯周病の直接的原因は歯垢(プラーク)です。

歯垢(プラーク)は生きた細菌の塊で、そのほとんどが酸素の少ない場所を好むため、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)に潜んでいます。

この歯垢(プラーク)の中の細菌が出す毒素によって歯ぐきに炎症が起きてしまうのです。
又、口腔内の環境や生活習慣にも間接的な原因が潜んでいます。歯周病の予防は、専門的な管理(プロフェッショナルケア)と家庭のお手入れ(ホームケア)とによって予防する事ができます。又、いったんかかってしまっても、それ以上ひどくならないように進行を止める事ができます。
歯ぐきから血が出る
歯ぐきが腫れる
歯がグラグラする
口臭が気になる
などの症状があらわれると注意が必要です。
歯科材料 通販
進行について
歯肉溝にプラークが溜まり、歯肉に炎症が起こり、歯周ポケットが形成されます。まだ、歯槽骨の吸収は認められません。

歯肉は炎症を起こし、少し赤みを帯びてきます。ブラッシングすると出血を伴います。この頃から歯槽骨の吸収が始まり、歯周ポケットは4mm程になります。
ハンドピース
歯肉の炎症は進み、出血や排膿を伴います。歯槽骨の吸収も進行し、歯根膜も破壊されてきます。歯周ポケットは5~7mmくらいになります。

出血は排膿を伴います。歯の動揺も著しくなります。歯槽骨は吸収され、歯牙を支える部分はほとんど無くなります。

歯周病の予防
虫歯と同様、歯みがきが歯周病予防のひとつです。食後の歯みがきを習慣にして、歯と歯茎の間をよくみがいてください。歯みがきでは取り除けない、歯石や歯垢(プラーク)もでてきますので、定期的に歯石や歯垢(プラーク)を取り除くクリーニングもうけるようにしてください。また、食べるときにしっかりと噛むことも予防の一つになります。よく噛むことによって食物をつまりにくくして、強い歯茎をつくります。  


Posted by koikenina at 15:11Comments(0)