健康、生活 › 2018年01月18日

2018年01月18日

主な歯周病の原因はプラークと呼ばれる細菌のかたまりです。

歯周病とは、昔は歯槽膿漏と呼ばれそのまま放置しておくと、歯を支えている骨が溶けてきて、膿が出たり、歯がグラグラしてきて最終的には抜け落ちてしまう病気です。おおくさ歯科医院では、「出来るだけ歯を抜かない」という治療方針、また歯周病と全身疾患とのかかわりについても明らかになってきたこともあり、特に歯周病治療に力をいれております。

歯周病の原因とは?
主な歯周病の原因はプラークと呼ばれる細菌のかたまりです。歯と歯茎の隙間の歯ブラシが十分に行えず、プラークが留まっていることで歯茎に炎症を起こします。またプラークは長期間放置すると石灰化し、歯石となります。歯石は軽石のような構造をしており、歯石そのものに細菌は存在しません。しかし、歯石の隙間に細菌が入り込み繁殖することで歯周病となってしまいます。歯石は頑丈で、歯ブラシで落とすことが出来ません。
ハンドスケーラー
【歯周病の症状例】
・歯ぐきから血が出る
・口臭が気になる
・歯ぐきが腫れる
・口の中がネバネバする

歯周病はどうやって治すのでしょうか?
歯周病が進行し、溶けてしまった骨は元に戻すことはできません。とにかく症状を悪化させないようにすることが大事です。歯周病の原因は何よりも歯垢の中に潜む細菌です。歯周病になってしまった際には、根源である歯垢(細菌)をいかに減らしていくかが重要なポイントとなります。細菌を減らすためには、まずご自身の毎日のブラッシングによって今以上に細菌を増加させないことが大切になってきます。
エアーモーター
歯周病の原因をなくすには?
歯周病の原因を取り除くためには正しいブラッシングを行い、プラークを除去することが重要です。そうすることで歯周病の細菌の土台となる歯石も防ぐことが出来ます。しかし、どんなに歯磨きが上手な人であっても磨き残しが出来てしまいます。この磨き残しを取り除く方法が、歯医者さんで行う「歯のクリーニング」です。では具体的に歯のクリーニングとは何をするのでしょうか。  


Posted by koikenina at 16:25Comments(0)

2018年01月18日

歯周病は現在、日本人が歯を失う原因の第1位となっています

歯周病は、お口の中の歯周病菌によって歯ぐきが炎症を起こし、悪化すると顎の骨が溶けて歯が抜けて落ちてしまうこともある恐ろしい病気です。歯ぐきに出血があっても虫歯のような痛みがあるわけではないので、「症状に気づいたときには重度の歯周病になっていた」というケースも珍しくありません。

歯周病は現在、日本人が歯を失う原因の第1位となっています。成人のうち80%は歯周病にかかっているかその可能性が高い予備軍であると言われているので、決して他人事ではないのです。こんな症状があったら歯周病かもしれません

 歯磨き中に歯ぐきから血が出る
歯ぐきが赤く腫れている
朝、お口の中がネバネバする
 歯が伸びたように見える
口臭が強くなってきた気がする
歯がグラグラする
上記に一つでも該当項目があった場合は、すでに歯周病にかかっている可能性があります。すぐに歯科医院へご相談ください。
ポータブルレントゲン
歯科クリニックの予防歯科メニュー
ブラッシング指導
歯みがきはお口の健康を保つ大切なポイント。
お口の状態や歯並びに合わせた歯ブラシの選び方、持ち方、みがき方、回数、タイミングなど、ベストな歯みがきができるようアドバイスさせていただきます。正しいブラッシングの仕方を身につけて、ホームケアの精度を高めていただきます。

フッ素塗布
歯の抵抗力を高めるフッ素を塗布する処置です。フッ素を歯に塗るだけの処置なので痛みなどもなく歯科治療が苦手という方にもおすすめです。
マイクロモーター
クリーニング(PMTC)
専用機器を用いて行うお口のクリーニングです。普段の歯みがきでは除去できない頑固な汚れもしっかり取り除きます。虫歯や歯周病の予防にたいへん効果的です。
お口のなかの汚れを除去するため、口臭改善にも効果があります。  


Posted by koikenina at 15:04Comments(0)

2018年01月18日

歯周病は始めは痛みもないため、知らないうちに進行します。

歯ぐきが腫れたり、歯磨きのときに出血があり、初めて気づくことが多いようです。歯茎が腫れていても体調が良くなれば腫れが引くし痛みもなくなります。そのため放置することが多く治りにくくしているのかもしれません。

しかし、放置したことによって進行した歯周病は、気づいた時には歯ぐきが下がり、歯牙がぐらぐらと動揺することにも。その時には、口臭もひどくなるので、慌てて歯医者さんに行くかもしれませんが、すでに手遅れになっていることが多いのです。それほど怖い歯周病ですが、正しく治療することで治ることも可能です。でも、現在、歯科に行くことを検討中の人にとっては、治療にかかる期間や費用が気にかかるところではないでしょうか?
光照射器
歯周病の原因をなくすには?
歯周病の原因を取り除くためには正しいブラッシングを行い、プラークを除去することが重要です。そうすることで歯周病の細菌の土台となる歯石も防ぐことが出来ます。しかし、どんなに歯磨きが上手な人であっても磨き残しが出来てしまいます。この磨き残しを取り除く方法が、歯医者さんで行う「歯のクリーニング」です。では具体的に歯のクリーニングとは何をするのでしょうか。

歯のクリーニングでは専用の歯科器具で歯周病の原因となるプラークや歯石を除去します。クリーニングの流れは、どの部位が磨けていないのか、磨けていない部位の歯ブラシの正しい使い方など、歯医者さんから教わります。また歯周病が進行している場合は、細菌を抑える薬を歯と歯茎の隙間に入れることで歯周病の進行を抑えます。
オートクレーブ
 歯周病についてのまとめ
歯周病の初期症状は歯茎からの出血や違和感などがありますが、なかなか自分では気が付きにくく、症状が悪化してから歯医者さんへ行くという人がほとんどです。歯周病の治療は、酷くなる前に進行を抑え、歯をいかに長持ちさせるかが重要です。定期的に歯医者さんで歯のクリーニングを受けるだけでも歯周病は改善することが出来ます。  


Posted by koikenina at 15:02Comments(0)