健康、生活 › 2018年01月19日

2018年01月19日

歯を支える骨が溶けてしまっても、痛くもかゆくもありません

わが国では、歯科医院で定期検診を受けている人が国民全体の2%しかいないといわれています。なお、歯科先進国として知られるスウェーデンの受診率は大人で90%、子供はほぼ100%です。現状ではとても大きな差がありますが、こうした歯に対する意識の違いが、歯の健康にも明らかな差となって表れています。両国で70歳時点の残存歯数を比べると、スウェーデンは平均で約20本なのに対し日本は約8本しかありません。

歯は一度失ってしまうと、二度と取り戻すことはできません。つまり、自分の歯を失ってしまわないように今のうちから適切なケアを行うことがとても大切なのです。定期検診で、歯周病のチェックやプロによる歯のクリーニング、ブラッシング指導などをしてもらいましょう。
歯科用ユニット
歯周病は、読んで字のごとく、歯の周りの病気です。つまり歯に虫歯などの問題が無くても、歯を支える歯ぐき(歯肉)や骨(歯槽骨)などが弱くなり、咬むという歯の基本的なはたらきが行えなくなる症状を指します。歯が抜けたら、入れ歯を入れたり、健康な歯を削って被せを作らねばなりません。ここで重要なのは、歯周病は静かにゆっくりと進行することです。

歯を支える骨が溶けてしまっても、痛くもかゆくもありません。「何だか最近歯が揺れるような気がする」、「咬みづらい」、「咬むと歯の奥が痛い」などの症状が出てからは遅いのです。怖いですね。そうならないためにも、春夏秋冬年4回のおそうじで予防しましょう!
定期健診では、むし歯や歯周病になりやすい部位を画像や動画を用いて分かりやすく説明させて頂きます。ご自身のウィークポイントを自覚して頂き、ご自宅でも日々気をつけることができるように、あなたに合った歯ブラシ選びからブラッシングに至るまで、しっかりとご提案させていただきます。
マイクロスコープ 歯科
治療について
ブラッシングだけでは、取り除く事が出来なくなってしまった歯石を、「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて、除去いたします。

歯肉縁上の歯石だけでなく、縁下の歯石も除去いたします。治療時には局所麻酔をおこない、汚染されたセメント質を除去し、歯根表面に光沢があるように仕上げます。  


Posted by koikenina at 15:48Comments(0)

2018年01月19日

 なぜ歯周病になるのでしょうか?

歯周病は虫歯と同じ感染症です。特殊な細菌により引き起こされていて、その細菌を媒介するのがプラーク(歯垢)です。ですから歯の周りにこのプラークが付いていないこと、あるいは歯石がついていないことが重要です。プラークは歯ブラシで落とすことが出来ますが、歯石は石のように硬く、また歯や根にしっかりとこびりついている為、歯ブラシでは落とすことができません。そのため、歯石を取るためには特殊な器具、装置が必要です。

それ以外にも歯周病を起こす原因があります。それは「歯にかかる過大の力」「ストレス」「たばこ」「糖尿病」などですが、それらが複合的に関与して発症と進行をもたらしています。この中で最も問題なのがプラーク(歯垢)とたばこです。歯石は歯周病を引き起こす原因と考えられがちですが、歯石それ自体は引き起こすものではありません。プラーク(歯垢)の格好の住みかとなるため、そのままにしておくと細菌が増殖してしまいます。そのため、歯石は定期的に歯科クリニックで取らなくてはいけません。

つまり歯周病に対する管理は自分自身で行うことが80%、残りの20%が歯科クリニックにおいて行うこと、と言ってもいいと思います。
ダイヤモンドバー
歯周病にかかわる病気
歯周病(歯槽膿漏)に関与する病気には、糖尿病などの疾患があります。これらの要因は、それ自体が歯周病を発症させるものではなく、歯垢や歯石などの細菌に起因した炎症を悪化させるものです。したがって、以下に挙げるような疾患をわずらっていたり、要因を持っていたりする場合は、わずかな細菌でも大きな害がおよぶので、歯垢や歯石を徹底的に取り除く努力が必要です。

歯周病のセルフチェックをしてみましょう!
症状がひとつでもある人は程度の差はあれ、歯周病かもしれません。すぐに検査を受けましょう。
ユニファスト
朝起きた時、口の中がネバネバする。
ブラッシング時に出血する。
口臭が気になる
歯肉がむずがゆい、痛い。
歯肉が赤く腫れている。
かたい物が噛みにくい。
歯が長くなったような気がする。
前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。
歯周病(歯槽膿漏)は、目に見えない歯肉の溝の中に起こり、患者様が気づかない間に進行してしまいます。  


Posted by koikenina at 12:49Comments(0)