健康、生活 › 2018年01月25日

2018年01月25日

メインテナンスを定期的に行わないと、確実に歯周病は進行したり、再発してしまいます

予防歯科のメニューに、PMTCというものがあります。いつまでも口の中を健康に保つために大切なことは、病気になってしまってから治療することではありません。病気を予防することが大事です。虫歯や歯周病も予防方法が確立されているので、歯科医院で予防処置を受けていれば、実は怖くないのです。また、定期検診を受けていれば仮に虫歯や歯周病を症状がかるい状態で発見できるので、治療の負担も減ります。虫歯も歯周病も重症化すると、抜歯せざるを得ないケースも出てきます。大がかりな治療が必要になる前に、予防歯科を活用していつまでもお口の健康を維持していきましょう。
ハンドスケーラー
予防歯科のメニューに、PMTCというものがあります。PMTCとは、専用器具を使って歯をクリーニングする処置です。歯ブラシではなかなか届かないような歯と歯茎の間(歯周ポケット)や、歯の裏に溜まった細菌の塊(バイオフィルム)や歯垢(プラーク)をキレイに除去できます。また専門的な訓練を受けているスタッフが施術をしますので、歯を傷つけることもなく痛みもありません。利用したことのある方の感想では、口の中がすっきりすると好評です。

歯周病の基本的な知識
メインテナンスの重要性
メインテナンスの目的
メインテナンスは、持続的なバイオフィルムの破壊と除去を行って治療によって得られた口腔内の健康な状態を維持させ、再発を防止することを目的としています。具体的には、歯周ポケット内の歯周病原菌であるグラム陰性菌群は、処置した後12~16週で、もとの歯周叢に戻る傾向があります。そこで、細菌の量が悪影響を起こしだす前に、プロフェッショナルバイオフィルムコントロールを行って、歯周病の再発を予防する為に、その人の歯周環境に応じた、今後のメインテナンス・プログラムを決定します。
超音波スケーラー
リコール(次回来院日)を必ず守りましょう
メインテナンス・プログラムにそってリコールが指定されます。この間隔は、基本的に3ヶ月とされていますが、再評価やパーソナルプラークコントロールの程度によって、短くなったり、徐々に延ばされたりします。リコールは、必ず守ってください。もし、リコールでのメインテナンスを定期的に行わないと、確実に歯周病は進行したり、再発してしまいます。  


Posted by koikenina at 15:43Comments(0)

2018年01月25日

治療ではなく予防のために通いましょう

ひと昔前までは、歯が痛くなってから歯医者に行くという考え方が一般的でしたが、近年ご自分の歯の大切さや予防の重要性が広く浸透し、多くの方が歯が痛くなる前に予防歯科に行き、定期検診や予防ケアを受けるようになっています。

デンタルクリニックでは、いつまでも健やかな口腔内環境を保てるよう、患者様一人ひとりに応じた効果的な予防ケアをご提案しています。ご自宅でのブラッシングに加え歯科医院での定期検診・プロケアを受けて、積極的に口腔内の健康を守っていきましょう。

痛みが出てからでは遅い歯の病気
虫歯も歯周病も自覚症状が乏しい病気です。そのため、気付いた段階ではかなり進行しているケースが少なくありません。虫歯も歯周病も治療を受ければ治すことはできますが、虫歯で削った歯は元には戻りませんし、歯周病菌に溶かされた顎の骨も元戻りにはなりません。また、治療を繰り返せばダメージは蓄積されていき、最悪の場合歯を失ってしまうこともあるのです。
歯科治療器具
お口の健康にとって大切なのは、「痛くなる前に歯医者に行くこと」。痛くなってからでは遅いのです。歯科医院に定期的に通って病気の有無をチェックしてもらい、歯のクリーニングを受けましょう。

定期検診とメンテナンスの重要性
「ブラッシングしているのに虫歯になってしまった」という経験はありませんか? きちんとブラッシングをしているつもりでも完璧に汚れを取り除くのは難しいものです。磨き残しがあると、プラークや歯石が蓄積し、そこに潜む細菌が原因となり虫歯や歯周病が起こります。病気を引き起こす細菌を減らし健やかな口腔内環境を保つためには、定期検診・メンテナンスが非常に効果的です。定期検診でメンテナンスを受けた方と受けていない方では虫歯・歯周病の再発率が10倍以上も変わるという研究報告があります。
超音波スケーラー
3~4ヶ月に一度、定期検診にお越しください
健やかな口腔内環境を保つために、当院では3~4ヶ月に1度、定期検診にお越しいただくことを推奨しています。歯科医院での治療が完了した後、少しずつ口腔内にプラークや歯石が蓄積していきます。3~4ヶ月ごとにご来院いただくことで、口腔内環境を健やかな状態にリセットすることができ、再発や進行を防ぐことができるのです。  


Posted by koikenina at 15:00Comments(0)