健康、生活 › 2018年01月26日

2018年01月26日

虫歯や歯周病になってから通うものと考えられている方も多い歯科医院。

しかしそれでは歯の健康は手にできません。なぜなら虫歯も歯周病もなりはじめには自覚症状がほとんどなく、気づいた時にはかなり進行してしまっているケースが多いからです。虫歯の治療は歯を削ってインレーやクラウンをすることがほとんどですが、できることなら自分の歯は削りたくないもの。

そのためには、虫歯になる前の予防処置が重要です。また、歯周病を招く細菌は、お口の中だけに留まらず、心臓病や糖尿病、脳梗塞などを引き起こすリスクも持っています。つまり、「予防歯科でお口を守ること」は「全身の健康を守ること」ともいえるのです。歯の健康への意識を一度見直し、予防歯科を積極的に受けることが大切です。
歯科用品
TBI
患者様の歯並びやお口の状態は一人ひとり異なります。またブラッシングのクセもあります。ブラッシング指導ではお口の中の汚れのたまっている部位をチェックし、その部位を中心に汚れを落とせるような歯ブラシの持ち方や動かし方をアドバイスします。また歯ブラシだけでなくデンタルロスや歯間ブラシの選び方や使い方もご説明しますので、毎日のセルフケアに役立ててください。

PMTC
毎日のブラッシングではなかなか落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝のプラークや歯石を取り除くための歯科スタッフによる専門器具を用いた歯のクリーニング処置です。歯面をなめらかにみがいたあとの仕上げのフッ素塗布で、歯質を強化し汚れの再付着を防ぎます。
光照射器
生活指導
歯周病は感染症のひとつであり生活習慣病のひとつだと考えられています。睡眠不足や過度のストレス、病気による免疫力の低下により発症や悪化のリスクが高まってしまうのです。また喫煙も大敵です。血流障害が起こりやすいので歯周病の悪化を促してしまいます。毎日の口腔ケアの習慣や食習慣などを含めた生活習慣をお伺いし、歯周病予防につながるアドバイスをいたします。  


Posted by koikenina at 16:06Comments(0)

2018年01月26日

一般歯科と予防歯科の違い

末永くお口の健康を保つためには、痛みなどの自覚症状がなくても歯科医院に定期的に通い、早期発見・早期治療に努めることが重要です。
そして何よりも大切なのは、そもそも虫歯や歯周病にならないこと。そのために、狭山市の「ふなき歯科」は予防歯科に力を入れ、地域の皆さんのお口の健康管理・メンテナンスを行っています。

一般歯科と予防歯科の違い
一般歯科とは、虫歯や歯周病の治療など、一般的な歯の診察や治療のことを言います。基本的には保険診療として受診できる一般歯科になりますが、歯の様々な症状や状態によっては自由診療になり、インプラントや審美歯科、矯正歯科になることもあります。患者様の歯の状態から最適な治療方法ご提案し、歯の健康のお手伝いをさせていただきます。
オートクレーブ滅菌
一方予防歯科では、虫歯や歯周病などの予防を専門外来とした診療科目です。 病気の進行に応じた治療を含め、病気の段階から健康レベルへ良い方向へ導かせることを目的としておりますので、一般歯科と予防歯科では、はっきりした線引きがないのが特徴かもしれません。

予防歯科
むし歯や歯周病にならないためには予防歯科を定期的に診療することも大切です。皆様のお口の健康を守るための予防法を提案、お手伝いさせていただきます。毎日欠かさず歯磨きをしても、歯の汚れを完璧に落としキレイにするのは簡単ではありません。特に歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の汚れは、ご自分だけではなかなか落とせないのが現実です。
超音波スケーラー
スケーリング|歯周病の原因の歯石を除去
歯周病の原因となる歯石は、ブラッシングで取り除くことは難しく、放っておくと歯垢(プラーク)がつきやすくなり、虫歯や歯周病を招く結果となってしまいます。スケーリングは、歯石を超音波の振動を利用して、歯を傷つけることなく除去していきます。歯石は歯の根の表面にこびりついていますので、決して歯ブラシでは取り除けません。付着しやすいものですので、3カ月に1度くらいのペースで受けていただくことをご提案いたします。  


Posted by koikenina at 15:21Comments(0)