健康、生活 › 2018年01月

2018年01月17日

歯肉溝にプラークが溜まり、歯肉に炎症が起こり、歯周ポケットが形成されます

歯垢(プラーク)は生きた細菌の塊で、そのほとんどが酸素の少ない場所を好むため、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)に潜んでいます。

この歯垢(プラーク)の中の細菌が出す毒素によって歯ぐきに炎症が起きてしまうのです。
又、口腔内の環境や生活習慣にも間接的な原因が潜んでいます。歯周病の予防は、専門的な管理(プロフェッショナルケア)と家庭のお手入れ(ホームケア)とによって予防する事ができます。又、いったんかかってしまっても、それ以上ひどくならないように進行を止める事ができます。
歯ぐきから血が出る
歯ぐきが腫れる
歯がグラグラする
口臭が気になる
などの症状があらわれると注意が必要です。
歯科用ユニット
進行について
歯肉溝にプラークが溜まり、歯肉に炎症が起こり、歯周ポケットが形成されます。まだ、歯槽骨の吸収は認められません。

歯肉は炎症を起こし、少し赤みを帯びてきます。ブラッシングすると出血を伴います。この頃から歯槽骨の吸収が始まり、歯周ポケットは4mm程になります。

歯肉の炎症は進み、出血や排膿を伴います。歯槽骨の吸収も進行し、歯根膜も破壊されてきます。歯周ポケットは5~7mmくらいになります。

出血は排膿を伴います。歯の動揺も著しくなります。歯槽骨は吸収され、歯牙を支える部分はほとんど無くなります。
ハンドスケーラー
歯周病の予防
虫歯と同様、歯みがきが歯周病予防のひとつです。食後の歯みがきを習慣にして、歯と歯茎の間をよくみがいてください。歯みがきでは取り除けない、歯石や歯垢(プラーク)もでてきますので、定期的に歯石や歯垢(プラーク)を取り除くクリーニングもうけるようにしてください。また、食べるときにしっかりと噛むことも予防の一つになります。よく噛むことによって食物をつまりにくくして、強い歯茎をつくります。  


Posted by koikenina at 17:25Comments(0)

2018年01月17日

歯周病は治療せずに放置すると、歯を失うことにもつながるとても怖いお口の病気です

日本では成人の約8割もの人がかかっているかその予備軍と言われ、国民病と称されるほどで決して他人事ではないのです。

現在、30代以上のほぼ90%が罹患していると言わる歯周病。歯周病にかかると歯が揺れて咬めなくなってしまったり、歯茎から出血したりします。そのまま放置すれば、歯を抜かなくてはならなくなることも。また、その影響はお口の中だけでなく、放置すると脳血管疾患や心不全、ときには癌の原因にもなり得る恐ろしい病気です。
光照射器
治療の流れ
Step1歯周病の状態を検査・診断
レントゲン撮影や歯周ポケットの検査などを行い、歯周病の進行状態を確認します。

Step2ブラッシング指導
歯周病の予防や進行を抑えるためには、毎日の正しいブラッシングが欠かせません。
当院では2〜3回に渡って丁寧にブラッシング指導を行い、個人の磨き方のクセを見直して正しいやり方をアドバイスいたします。また必要に応じて、一人ひとりに合った歯磨き粉やブラッシング用の道具などもご紹介します。

Step3歯石取り(歯茎の上まで)
歯周病の原因となる、歯の表面から歯茎の上までこびりついた歯石を除去します。
高圧蒸気滅菌器
Step4歯石取り(歯茎の中まで)
麻酔をして、歯茎と歯の間に隠れている歯石を除去します。

Step5外科的処置・歯根治療
麻酔をして歯根にたまった細菌や汚れを除去します。状況により骨の再生が期待できる部位は特殊な方法で再生療法を行います。  


Posted by koikenina at 15:13Comments(0)

2018年01月17日

歯肉炎を含む歯周病の直接的原因は歯垢(プラーク)です。

歯垢(プラーク)は生きた細菌の塊で、そのほとんどが酸素の少ない場所を好むため、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)に潜んでいます。

この歯垢(プラーク)の中の細菌が出す毒素によって歯ぐきに炎症が起きてしまうのです。
又、口腔内の環境や生活習慣にも間接的な原因が潜んでいます。歯周病の予防は、専門的な管理(プロフェッショナルケア)と家庭のお手入れ(ホームケア)とによって予防する事ができます。又、いったんかかってしまっても、それ以上ひどくならないように進行を止める事ができます。
歯ぐきから血が出る
歯ぐきが腫れる
歯がグラグラする
口臭が気になる
などの症状があらわれると注意が必要です。
歯科材料 通販
進行について
歯肉溝にプラークが溜まり、歯肉に炎症が起こり、歯周ポケットが形成されます。まだ、歯槽骨の吸収は認められません。

歯肉は炎症を起こし、少し赤みを帯びてきます。ブラッシングすると出血を伴います。この頃から歯槽骨の吸収が始まり、歯周ポケットは4mm程になります。
ハンドピース
歯肉の炎症は進み、出血や排膿を伴います。歯槽骨の吸収も進行し、歯根膜も破壊されてきます。歯周ポケットは5~7mmくらいになります。

出血は排膿を伴います。歯の動揺も著しくなります。歯槽骨は吸収され、歯牙を支える部分はほとんど無くなります。

歯周病の予防
虫歯と同様、歯みがきが歯周病予防のひとつです。食後の歯みがきを習慣にして、歯と歯茎の間をよくみがいてください。歯みがきでは取り除けない、歯石や歯垢(プラーク)もでてきますので、定期的に歯石や歯垢(プラーク)を取り除くクリーニングもうけるようにしてください。また、食べるときにしっかりと噛むことも予防の一つになります。よく噛むことによって食物をつまりにくくして、強い歯茎をつくります。  


Posted by koikenina at 15:11Comments(0)

2018年01月16日

なお、歯周病の治療は基本的に保険内で行います

歯周病とは、歯磨きが不十分などの理由で歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に歯垢(プラーク)や歯垢が硬くなった歯石がたまり、それらが歯肉に炎症を引き起こす病気です。進行すると、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)を細菌が溶かしていきます。最悪の場合、歯が抜けてしまいます。歯周病は歯ぐきから出血したり、歯がぐらぐらと動いたりする症状がありますが、軽度では多くの場合に症状がなく、気付かないうちに進行してしまう怖い病気です。日本人が歯を失う原因の第一位です。
歯科用コントラ
歯周病の治療について
セルフケアと歯科医院での専門的な治療が必要です
歯周病の治療は、患者さんのセルフケアと歯科医院での専門的な治療を並行して行い、病気の原因となっている歯垢や歯石を取り除くことが必要です。歯垢は通常の歯磨きでも取り除くことができますが、歯石は歯科医院で専門的な治療を行わないと取り除けません。歯科医院で歯垢・歯石取り専用の器具を使って行う治療のことをスケーリング、ルートプレーニングと言います。なお、歯周病の治療は基本的に保険内で行います。
生体情報モニター
PMTC
PMTCとは歯科医師、歯科衛生士が専門の機械を用いて歯をクリーニングすることです。
食べかすによる歯垢や プラークはバイオフィルムとよばれ、歯の表面にネバネバした膜を作ります。この膜の中にはむし歯や歯周病の原因となる細菌が住み着きます。バイオフィルムは歯ブラシでは取り除けないほど強力な粘着力を持っています。PMTCを定期的に行うことによってバイオフィルムを除去し、お口の中をむし歯、歯周病から守り健康な口腔内を維持することをおすすめします。

SRP
細長い歯科専門の器具を使い、歯根の部分に隠れている歯垢や歯石を取り除きます。SRPをすることによって歯周ポケットの深くまで清潔にでき、歯根の表面をツルツルにできるので、むし歯や歯周病になることも少なく、トラブルの原因を効果的に除去できます。  


Posted by koikenina at 16:25Comments(0)

2018年01月16日

虫歯が進行すると、「虫歯が歯の神経(歯髄)まで達して内部で炎症」を起こします

初期の虫歯(CO)
【症状】
歯の表面のエナメル質がわずかに溶け、白く濁って見える「脱灰(だっかい)」程度の状態です。「しみる」「痛む」などの自覚症状はまだ現れません。
スリーウェイシリンジ
【治療法】
適切なブラッシングで汚れを除去し、予防処置で歯の再石灰化を促すことで治癒が期待できます。
歯科レントゲン
エナメル質の虫歯(C1)
【症状】
エナメル質が溶け、黒ずんで見える状態です。歯の中の神経より遠い部分なので痛みなどの自覚症状はまだ現れません。
【治療法】
感染部位を除去して、レジン(歯科用プラスチック)などを詰めて補います。
象牙質の虫歯(C2)
【症状】
エナメル質の内側の象牙質にまで虫歯が進行した状態です。「冷たい物がしみる」などの症状が現れます。
【治療法】
感染部位を削り取り、詰め物や被せ物を装着して補います。
神経にまで達した虫歯(C3)
【症状】
象牙質の奥の神経にまで虫歯菌の汚染が進行した状態です。何もしなくてもズキズキ激しく痛みます。
【治療法】
神経を除去する「根管治療)」を行ったあと、被せ物を装着して歯の機能を補います。
電気歯髄診断器
歯根まで達した虫歯(C4)
【症状】
歯の上の部分(歯冠)がほとんど溶かされ歯根にまで虫歯が進行した状態です。神経が死んでしまうといったん痛みは治まりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。
【治療法】
ほとんどの場合で抜歯が選択され、入れ歯、ブリッジまたはインプラント治療などで歯の機能を補います。
根管治療
虫歯が進行すると、「虫歯が歯の神経(歯髄)まで達して内部で炎症」を起こします。
炎症が進行すると、健康な神経が細菌に侵され腐っていきます。虫歯が進行しても放置したままのとき、最初は痛みを感じていたものが痛みが感じなくなるとともに口臭が強くなってきたような場合は、歯髄が壊死してしまっていることも考えられます。根管治療は、傷んだ歯の神経と病巣(細菌)を全て取り除いて、歯の神経が入っていた管(根管)の内部をキレイに洗浄する方法です。根管は「目に見えないほど細かいものもあるため」、その内部を全て洗浄するには多くの時間が必要となります。  


Posted by koikenina at 16:23Comments(0)

2018年01月16日

気付かないうちに進行してしまう怖い病気です

歯周病とは、歯磨きが不十分などの理由で歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に歯垢(プラーク)や歯垢が硬くなった歯石がたまり、それらが歯肉に炎症を引き起こす病気です。進行すると、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)を細菌が溶かしていきます。最悪の場合、歯が抜けてしまいます。歯周病は歯ぐきから出血したり、歯がぐらぐらと動いたりする症状がありますが、軽度では多くの場合に症状がなく、気付かないうちに進行してしまう怖い病気です。日本人が歯を失う原因の第一位です。
歯科材料販売
歯周病の治療について
セルフケアと歯科医院での専門的な治療が必要です
歯周病の治療は、患者さんのセルフケアと歯科医院での専門的な治療を並行して行い、病気の原因となっている歯垢や歯石を取り除くことが必要です。歯垢は通常の歯磨きでも取り除くことができますが、歯石は歯科医院で専門的な治療を行わないと取り除けません。歯科医院で歯垢・歯石取り専用の器具を使って行う治療のことをスケーリング、ルートプレーニングと言います。なお、歯周病の治療は基本的に保険内で行います。

PMTC
PMTCとは歯科医師、歯科衛生士が専門の機械を用いて歯をクリーニングすることです。
食べかすによる歯垢や プラークはバイオフィルムとよばれ、歯の表面にネバネバした膜を作ります。この膜の中にはむし歯や歯周病の原因となる細菌が住み着きます。バイオフィルムは歯ブラシでは取り除けないほど強力な粘着力を持っています。PMTCを定期的に行うことによってバイオフィルムを除去し、お口の中をむし歯、歯周病から守り健康な口腔内を維持することをおすすめします。
光照射器
SRP
細長い歯科専門の器具を使い、歯根の部分に隠れている歯垢や歯石を取り除きます。SRPをすることによって歯周ポケットの深くまで清潔にでき、歯根の表面をツルツルにできるので、むし歯や歯周病になることも少なく、トラブルの原因を効果的に除去できます。  


Posted by koikenina at 15:23Comments(0)

2018年01月16日

C0~C4の虫歯と根管治療について

初期の虫歯(CO)
【症状】
歯の表面のエナメル質がわずかに溶け、白く濁って見える「脱灰(だっかい)」程度の状態です。「しみる」「痛む」などの自覚症状はまだ現れません。
【治療法】
適切なブラッシングで汚れを除去し、予防処置で歯の再石灰化を促すことで治癒が期待できます。
エアータービン
エナメル質の虫歯(C1)
【症状】
エナメル質が溶け、黒ずんで見える状態です。歯の中の神経より遠い部分なので痛みなどの自覚症状はまだ現れません。
【治療法】
感染部位を除去して、レジン(歯科用プラスチック)などを詰めて補います。
象牙質の虫歯(C2)
【症状】
エナメル質の内側の象牙質にまで虫歯が進行した状態です。「冷たい物がしみる」などの症状が現れます。
【治療法】
感染部位を削り取り、詰め物や被せ物を装着して補います。
神経にまで達した虫歯(C3)
【症状】
象牙質の奥の神経にまで虫歯菌の汚染が進行した状態です。何もしなくてもズキズキ激しく痛みます。
【治療法】
神経を除去する「根管治療)」を行ったあと、被せ物を装着して歯の機能を補います。

歯根まで達した虫歯(C4)
【症状】
歯の上の部分(歯冠)がほとんど溶かされ歯根にまで虫歯が進行した状態です。神経が死んでしまうといったん痛みは治まりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。
【治療法】
ほとんどの場合で抜歯が選択され、入れ歯、ブリッジまたはインプラント治療などで歯の機能を補います。
歯医者 器具
根管治療
虫歯が進行すると、「虫歯が歯の神経(歯髄)まで達して内部で炎症」を起こします。
炎症が進行すると、健康な神経が細菌に侵され腐っていきます。虫歯が進行しても放置したままのとき、最初は痛みを感じていたものが痛みが感じなくなるとともに口臭が強くなってきたような場合は、歯髄が壊死してしまっていることも考えられます。根管治療は、傷んだ歯の神経と病巣(細菌)を全て取り除いて、歯の神経が入っていた管(根管)の内部をキレイに洗浄する方法です。根管は「目に見えないほど細かいものもあるため」、その内部を全て洗浄するには多くの時間が必要となります。  


Posted by koikenina at 15:21Comments(0)

2018年01月15日

食べ物を一度に食べるより、だらだら食べる方がむし歯になりやすくなります

皆様はこれまで歯科医院に通った時、あるいは行こうとした時は、どのような状況だったでしょうか?中には「最近歯科健診を受けていないから…」とか「お口のクリーニングをして欲しい」とお越しになる方もいらっしゃるかと思います。しかし、大多数の方が「歯が痛み出した」「歯に穴があいた」「歯ぐきが腫れた」など不快な症状を持って来院されます。

このような状況で来院される方は高い確率で一般的に歯科のマイナスのイメージとされる『削る・抜く・かぶせる』などの治療が必要になってきます。これらの処置は一般に痛みを取り除く、病気の進行を防ぐために行う処置でありますが、歯に対してダメージを与えてしまうことは免れません。

オートクレーブ滅菌
自分でできるお口のケア
歯磨き
どんなにしっかり治療をしても、自宅で正しい歯磨きがされていなければ意味がありません。1日に3回の歯磨きに加え、デンタルフロスや歯間ブラシを使って、効果的な歯のお掃除をしましょう。毎日きちんと歯磨きをしていても、すべての歯垢を完全に取り除くのは難しいです。そのため歯が痛くなくても定期的に歯科医院に通うことが大切です。

正しい食生活
食べ物を一度に食べるより、だらだら食べる方がむし歯になりやすくなります。1日3回の食事を基本とし、間食をする場合は決まった時間に食べるようにしましょう。
電気歯髄診断器
PMTC
PMTCはProfessional(専門家が) Mechanical(専用の機械で) Tooth(歯面を) Cleaning(クリーニングする)の頭文字をとっています。毎日隅々まで磨いている歯にも、取り切れていないバイ菌・バイオフィルム・歯垢・たばこのヤニなどが付着しています。

これらの頑固な汚れを専用の機械で徹底的に落としていくのが「PMTC」です。PMTCでは、治療のような痛みを感じることはございません。歯の表面がつるつるになり、とてもお口の中がさっぱりします。正しいセルフケアにプラスして、定期的に是非受診してください。  


Posted by koikenina at 15:53Comments(0)

2018年01月15日

歯周病は早めの治療、そして予防が大切です

歯を失う原因~歯周病~
歯と歯ぐきの溝にたまったプラーク(歯垢)や歯石の中に含まれる細菌の毒素によって歯ぐきが炎症を起こし、さらに歯を支える歯周組織や顎の骨を溶かされていくのが歯周病です。出血や歯ぐきの腫れ、口臭などをともない、やがては支えを失った歯が抜け落ちてしまうことにつながります。歯周病はお口の中だけの病気のように考えられがちですが、全身疾患との関連性も指摘されています。歯周病菌が血管に入り込み全身に運ばれるために、糖尿病や心疾患、誤嚥(ごえん)性肺炎、早産や低体重児出産などを引き起こすこともあるのです。
歯科用 ダイヤモンドバー
こんなお悩みはありませんか?
歯ぐきが腫れている
歯みがきのときに出血することがある
朝起きたときに口の中がねばつく
歯ぐきが下がり歯が長くなったように見える
歯がグラつく
口臭がきつくなった
硬い物を咬むとき力が入らない
ひとつでも当てはまる項目がある方は歯周病にかかっている可能性があります。歯周病は早期発見・早期治療が大切ですので、気になる症状がありましたらお早めにご相談ください。

治療よりも予防がおすすめです
虫歯や歯周病にかかってしまうと、病気の痛みだけでなく治療の負担もかかってしまいます。しかし病気を未然に防げれば、さまざまなトラブルを感じることなくお口の健康維持ができ、生涯ご自身の歯で食事や会話を楽しむことができるのです。予防の基本は毎日の歯みがき。それはお口の中の汚れをしっかり落とせば、虫歯も歯周病も防げるからです。しかしセルフケアだけでは、なかなか汚れを落としきれません。歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝の汚れを残してしまうとそこから病気を発症してしまうのです。そこで加えていただきたいのが歯科医院での定期的なメインテナンスです。
ニッケルチタンファイル
家庭でできる予防歯科
予防歯科の基本、それは毎日のブラッシングです。とは言え、歯ブラシを使った通常のブラッシングだけでは歯間にある汚れを取ることはできません。歯ブラシで歯を磨いた後は、デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯間の汚れもしっかりと除去しましょう。
 
毎日のブラッシングがしっかりとしていれば、虫歯や歯周病の発生率を"グン"と下げることができます。またブラッシング指導のご希望があれば、医師・衛生士が適切な方法をお教えいたします。  


Posted by koikenina at 15:03Comments(0)

2018年01月12日

虫歯、歯周病をつくらないためには、何よりもお口の中を清潔に保つことが大切です

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されりする病気です。歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。

治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯茎だけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯茎をつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。
生体情報モニター
歯周病と全身疾患との関係
歯周病は、歯がグラグラしてきて抜ける「歯の病気」です。しかし最近、歯周病と全身的疾患との関係が指摘され始めてきました。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)との関係
寝たきりやご高齢で抵抗力が落ちていると、口腔内に大量の歯周病菌が発生し、誤嚥性肺炎を発症することがあります。

早産や低体重児との関係
歯周病菌による口腔内の炎症が血管を通して全身に回り、羊水にまで影響。その結果、早産と低体重児の原因となることがわかっています。

心臓発作(心筋梗塞)
重度の歯周病は、歯周病菌が血管内にまで入り込み血液の流れによって全身の臓器に侵入します。現在、歯周病菌の一種に、血栓(血のかたまり)を作る作用があることが証明されていて、それが心臓の血管を詰まらせ心臓発作を引き起こすとされています。
マイクロスコープ 歯科
虫歯、歯周病をつくらないためには、何よりもお口の中を清潔に保つことが大切です。
それには、虫歯菌や歯周病菌が繁殖する原因となる、歯垢の除去を行うことが基本です。
毎食後のブラッシングはもちろん、フロスや歯間ブラシなどの補助器具を使って、歯垢を取り除いてください。自宅でのメンテナンスでは、完全な歯垢の除去は困難です。定期検査は口の中の状態に合わせてお一人おひとり適切な時期をお伝えしております。  


Posted by koikenina at 16:23Comments(0)