健康、生活 › 2018年02月01日

2018年02月01日

虫歯は、口腔内の細菌が糖から酸を産生して、その酸によって歯質が溶かされる病気です

歯の表面のエナメル質の部分が白くなる程度ならフッ素塗布や歯みがきなどで回復することもありますが、象牙質まで進行し見た目が黒ずんだ虫歯は自然治癒することはありません。

虫歯が神経まで進行すると治るまで時間がかかり、神経を取った場合は歯のみならず身体への影響も出てきます。虫歯治療は、少しでも早い段階で治療を行うことが、歯にかかる負担の軽減につながります。また、治療による体への負担、費用の負担においても同様なことが言えるでしょう。
歯科材料
C1
プラーク内の細菌が生成する酸によって、歯が溶かされた状態(脱灰)です。この段階では、まだ穴が開いていないので、再石灰化により回復(自然治癒)します。毎日歯磨きを行うことが大切です。フッ素が配合された歯磨き粉の使用で、再石灰化を促進できます。

C2
虫歯が進行して深くなり、象牙質にまで達している状態です。痛みはあまりありませんが、冷たいものがしみるなどの症状が現れます。この段階まで進行すると、歯を削る必要があります(麻酔をしなければならないケースが多いです)。削った場所を詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)で補修します。
超音波スケーラー
C3
虫歯がさらに深いところまで進行し、歯髄にまで達している状態です。そのため、痛みが生じます(激しい痛みを生じる場合もあります。)歯髄にまで達した虫歯は、削って神経を取る必要があります(クラウンやインレーで補修します)。神経の治療は、治療期間が長くなりやすいです。

C4
虫歯がさらに進行して、歯髄が死んでしまっている状態です。この段階に達すると、痛みは生じなくなりますが、骨にまで影響が及ぶと強い痛みを生じるようになります。歯の神経が死んでしまい、その歯だけでなく全身にも最近の悪影響が及ぶ可能性があります。他の歯への感染が懸念される場合など、抜歯しなければならない場合もあります。  


Posted by koikenina at 16:13Comments(0)

2018年02月01日

『歯周病』と言う言葉は、誰でも聞いた事があると思います。

ところで、その『歯周病』がどういった病気かは知っていますか?ほとんどの人は、『歯ぐきが腫れたり、歯磨きをした時に出血したりするのが歯周病なのでは・・・。』と思っています。少し前まで、歯周病は歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれていたので歯ぐきから膿が出る病気だと思っている方も多いです。もちろん、歯ぐきから出血したり、歯ぐきが腫れたり、膿が出ることもあります。ただ、これらは歯周病の症状の一つにすぎません。
では、『歯周病』がどんな病気かと言うと、歯を支えている骨と歯ぐきが溶けてしまう病気です。
エアーモーター
歯周病の治し方
歯周病の根本的な原因は歯垢(プラーク)です。歯垢(プラーク)は毎日のブラッシングで取り除く事が可能なのですが、実際には歯磨きの仕方が間違っていたりして完全に取り除けていないことが多く、歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない「歯石」になり、歯石は歯周病菌の棲家となるため早めに取り除かなければ歯周病が進行してしまいます。

そこでこれらの歯石・歯垢(プラーク)を除去し、再び付着しづらくしてもらう治療法が「スケーリング&ルートプレーニング」で、歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することにより炎症が収まり、歯周ポケットの深さも浅くなりますので歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。また詰め物、被せ物の不適合があれば歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯磨きで除去する事が難しくなるため、詰め物、被せ物が合っているかどうかをチェックし、これらが合っていなければ修正します。

歯科治療器具
歯周病治療の基本的な流れ
検査
歯周病検査(歯周ポケットの測定、歯ぐきの出血検査、歯の揺れ検査)、
レントゲン撮影などを行います。
2. 歯に付着した歯石(細菌)を取り除きます。
3. 改善具合を確認するために再び歯周病検査を行います。
4. 改善が見られない部分はさらに深い部分の歯石を取り除きます。
改善するまで③④を繰り返します。
状態によっては外科的な治療を行う場合もあります。
歯周病は長い期間を経て進行したものなので治療には相応の期間が必要です。
根気よく治療を続けましょう。
また治療後の良い状態を維持するためには、歯科医院での定期的なメインテナンスと毎日のセルフケアが大切です。  


Posted by koikenina at 15:18Comments(0)