健康、生活 › 2018年02月22日

2018年02月22日

気が付いたころには、歯周病がかなり進行してしまっているケースも少なくありません。

歯周病は、プラーク(歯垢)の中の細菌が歯の周りの歯ぐきや骨に炎症を起こす病気です。
さらに歯の奥まで炎症が広がると、歯を支える土台である歯槽骨が破壊され、そのままにして置くと歯が抜け落ちてしまう病気です。しかも、恐ろしいことに、歯周病は発症しても痛みがないため、自覚症状のないまま進行していきます。気が付いたころには、歯周病がかなり進行してしまっているケースも少なくありません。
歯科 ユニット
軽度歯周病
歯と歯ぐきの間に歯垢が溜まることで歯ぐきが腫れます。この状態で歯を磨くと簡単に出血してしまいます。
治療法:歯垢のコントロールを適切に行うために、歯みがきなどのホームケアの指導をします。

中程度歯周病
歯周ポケットが形成されるようになって、歯石が奥深くに蓄積していきます。この状況になるとポケットの中で炎症が始まり、慢性化すると歯を支える骨が溶け始めます。骨が半分くらい溶けると、歯が浮いた感じがします。
治療法:スケーリング&ルートプレーニング

重度歯周病
歯を支えている骨はほとんど溶け、歯がグラグラしてきます。歯ぐきが下がってくるので、歯が長くなったような感覚を覚え、膿も出てくるでしょう。
治療法:スケーリング&ルートプレーニング、歯周外科手術
歯科 鉗子
歯周病が厄介なのは、虫歯のようになかなか自覚症状のあらわれない所です。そのため知らず知らずのうちに症状を進行させてしまい、気が付いたときにはだいぶ悪化しているというケースが多いのです。

スケーリング
スケーリングとは、歯根表面のプラーク・歯石などを除去する事をいいます。除去する事により歯ぐきの炎症を和らいでいきます。また、スケーリング後は歯がざらついていますのでルートプレーニングによって表面を滑らかにします。歯石の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、付着したプラークが落ちにくくなります。歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。
歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善します。  


Posted by koikenina at 16:37Comments(0)

2018年02月22日

近年、歯周病と全身疾患の関係が判明してきました。

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染することで歯ぐき(歯肉)が腫れたり、出血などで疲弊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。
初期の段階では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いのですが、日本人が歯を失ってしまう最も大きな原因が歯周病なのです。実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎・歯周炎)に罹患しているという統計もございます。
近年、歯周病と全身疾患の関係が判明してきました。心臓病や脳卒中、肺炎、糖尿病などの重大な病気の原因に、歯周病が関係しているとされています。
ニッケルチタンファイル
心臓病
歯周病菌が心臓弁への感染源となり、細菌性心内膜炎の原因に。動脈硬化症についても歯周病と関係しているとの報告があります。つまり、心筋梗塞や冠状動脈疾患、狭心症の原因にもなりうるのです。

脳卒中
虚血性脳卒中では動脈硬化を伴うことから、動脈硬化を起こしやすくする歯周病は大きく関係していると考えられます。
ハンドスケーラー
糖尿病
歯周病は糖尿病を悪化させる原因になりますが、歯周病が改善すると血糖値が低くなるなど糖尿病の改善にも影響することが分かっています。重度の歯周病患者は、糖尿病悪化の確率が非常に高いため、注意が必要です。

スケーリング
頑張って歯磨きをしていても、どうしても歯石が少しずつ蓄積されていってしまいます。歯石は自宅のケアでは取り除くことができず、歯と歯の隙間で大きくなると歯周病がどんどん悪化していってしまいます。

クリーニング(PMTC)
歯の表面をきれいに磨き、着色汚れや最近の塊を取り除きます。強い着色汚れがこびりついている場合には、細かい粒子を吹き付けるエアフローを使用することになります。クリーニングを受けた後は、歯の表面がつるつるになってとても気持ちいいと評判です。  


Posted by koikenina at 16:09Comments(0)

2018年02月22日

虫歯は、子どものころから気をつけるべき病気ですが、一方の歯周病は、性別に関係なく30代を境に発症のリスクが高まります

リスクが高まる理由としては、免疫力が低下してくることと関係があるのではないかといわれています。一般的に、免疫力は20代をピークにし、年齢とともに低下していきます。

厄介なのは、日常生活をしていて免疫力の低下を実感することが少ないことです。その中でも、歯ぐきは年齢の顕著な現象が現れやすい所といわれています。このため免疫力が低下すると、まず歯周病が発生しやすくなるわけです。
歯科用品
朝起きた時、口の中がネバネバする
口臭が気になる
歯みがきは1分以内、1日1回未満である
タバコを吸う
何か気になるところがないと歯医者には行かない
ストレスを溜め込んでいる
歯が長くなった気がする
食べ物がはさまりやすくなった(歯と歯の間に隙間ができた)
歯ぐきを押すと白い膿が出る
歯みがきをすると血出する時がある
歯ぐきが腫れている
指で押すとグラグラと動く歯がある
チェックによる判定
マイクロスコープ 歯科
10個以上
ご自分でも歯周病を自覚しているはずです。早期に治療を受けましょう。
7から9個
歯周病がかなり進行しているおそれがあります。すぐに検査をすることをおすすめします。
4から6個
軽度の歯肉炎・歯周炎の可能性があります。このまま放っておくと中・重度へと進行してしまいます。一度歯医者さんでしっかり検査しましょう。
1から3個
軽い歯周炎の可能性があります。歯の磨き方を見直してみましょう。
0個
今のところ歯周病の心配はありません。
定期的に歯医者さんに通って歯石の除去など、予防を続けていきましょう  


Posted by koikenina at 15:13Comments(0)