健康、生活 › 2018年02月28日

2018年02月28日

虫歯はある程度進行すると自然治癒しない

虫歯による口臭をなくすには虫歯の治療をすることがもっとも効果的で、根本的な対策です。しかし、虫歯の治療は歯を削る治療を嫌って、痛みで我慢できなくなるまで歯医者さんに行かない人が多くいます。そのため、自分自身では気がつかないうちに口臭がさらにひどくなります。現在の虫歯治療では、初期の虫歯の場合できるだけ歯を削らない治療が行われています。ですので、虫歯が進行する前に早めの治療を行うようにしましょう。
超音波スケーラー
1 虫歯は初期であれば自然に治癒できる
虫歯は、虫歯菌で歯が溶けた状態です。人間には唾液の力で歯の溶けた部分を元に戻す「再石灰化」というメカニズムがあり、歯垢ができないようにしっかり歯みがきをすれば、初期の虫歯なら自然治癒できることが多いです。さらに、歯医者さんでマウスピースを作り、虫歯にミネラルを補給したり、虫歯菌を減らす錠剤をなめたり、フッ素を歯に塗ったりすることも虫歯治療に効果的です。こういった治療で虫歯と、虫歯に伴う口臭を防止することができます。歯が再石灰化されれば、前の歯よりも硬くて虫歯になりにくいエナメル質の歯に変わるメリットもあります。

2 虫歯はある程度進行すると自然治癒しない
虫歯はある程度進んでしまうと自然治癒しないため、治療が必要です。また、ひどい虫歯で神経を抜いた場合も自然治癒しません。虫歯が進行しないように定期的に歯医者さんで検診を受けることが、口臭防止のためにも重要です。歯医者さんの定期健診では、歯垢を定期的に除去したり歯の状態をチェックして、虫歯の進行や再発を防止することができます。

虫歯の予防について
食後すぐに正しいブラッシングをする
虫歯や歯周病の予防でもっとも重要なのが食後のブラッシングです。

フッ素
フッ素を歯の表面に塗布することで、歯の組織が強化され、虫歯菌の出す酸に対しての抵抗性も向上します。
さらに、虫歯菌が酸を作り出すのを阻害する効果もあります。 
また細菌が作り出す酵素の働きを抑制し酸の分泌を減少させます。
エアーモーター
シーラント
歯の溝は深く複雑で、さまざまな形態をしています。この溝にプラークが入ると除去するのは困難で虫歯になりやすいです。そこで、その溝をシーラントで埋めることでプラークが付くのを防ぎ、虫歯の予防や進行の抑制を行います。時期としては、歯が出て1~2年たった3歳頃から行うことができます。

間食は時間と量を決める
規則正しい食生活と生活リズムを整えることから始めましょう。  


Posted by koikenina at 16:20Comments(0)

2018年02月28日

歯垢や歯石にひそむ細菌が、歯肉に炎症を起こす病気です

歯周病とは、ブラッシングが不十分などの理由で、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に歯垢や歯石がたまっていき、歯垢・歯石にひそむ細菌が歯肉に炎症を引き起こす病気です。進行すると歯を支える歯槽骨(しそうこつ)を徐々に溶かしてしまい、最悪の場合は歯が抜けてしまいます。また、歯茎に付着したバイオフィルムも歯周病の原因となります。
家庭用超音波スケーラー
歯周病の症状について
以下のような症状がある場合、歯周病が発症している可能性があります。しかしながら歯周病は発症初期では自覚症状がありません。定期的に歯科医院で病気の有無を確認してもらい、早期に発見することが大切です。
歯ぐきが腫れている
歯ぐきから血が出る
ものを食べるときに痛みを感じる
歯がぐらぐらと揺れる
口臭がする
歯が長くなった気がする

軽度
歯垢や歯石が炎症を引き起こしますが、多くの場合、自覚症状はありません。歯肉に腫れが見られたり、歯磨きをする際に歯ぐきから出血したりするほか、食べているときに痛みを感じる場合もあります。

中度
炎症が進み、歯周ポケットが発症初期よりも深くなっています。症状としては歯ぐきからの出血や口臭、食べるときの痛みのほか、細菌が歯槽骨を溶かすことで歯がぐらつく場合もあります。

重度
歯槽骨の大部分が溶けてしまい、歯のぐらつきが激しくなります。歯が抜ける一歩手前の状況で、軟らかいものでも食べることが難しくなります。
パルスオキシメーター
歯周病検査と治療法
歯周病治療は、まず検査によって進行状況を把握し、その段階に適した方法を用いて行います。
歯の動揺度検査
歯をピンセットでつまんで動かし、どの程度揺れるか調べます。グラつきが大きいほど、進行していることがわかります。

レントゲン検査
レントゲン撮影によって顎の骨の密度を調べます。骨が薄く写っているほど、溶かされていることがわかります。  


Posted by koikenina at 15:15Comments(0)