健康、生活 › 2018年03月02日

2018年03月02日

近年では、歯周病と全身の疾患への関連が多く報告されております。

歯を支えている 歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されりする病気です。歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎると いう事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯ぐき をつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。
エアータービン
歯周病の進行は非常に遅いため、普段の口腔内の変化にはなかなか気がつきません。気づかないうちに、歯周病は進行し、多くの人が、歯槽骨が吸収して歯が動くのを感じてから初めて症状を自覚します。さらに歯周病は口腔内だけではなく、全身にも影響を及ぼすことが最近分かってきました。歯周病菌そのものは強い病原性を持っているわけではありませんが、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になり、全身疾患の原因にもなりえます。

近年では、歯周病と全身の疾患への関連が多く報告されております。糖尿病、狭心症・心筋梗塞、脳梗塞、誤嚥性肺炎、骨粗しょう症、低体重時出産、最近ではガンとの関連性も指摘されてきています。歯周病は歯や歯を支える組織だけでなく、全身にも関連してくる恐ろしい病気なのです。しかし、自覚症状がないので放置してしまうことが多いのが現状です。歯周病と診断されたら面倒くさがらずに、あなたの健康のためにしっかり通院しましょう。
口腔内カメラ
予防
一般に歯周病予防とされるプラークコントロールとは歯や歯茎に付着したプラーク(歯垢)を抑制、除去することをいいます。プラークは歯周病の進行だけでなく口臭の原因になったり、虫歯菌の増殖にも深く関わっているので、プラークコントロールは歯を守るうえで大変重要です。しっかりとしたプラークコントロールさえ続けていればご家庭でも十分な歯周病予防が可能なのです。

ブラッシングはただ磨けばいいというわけではありません。プラークは歯ブラシの入りにくい場所に溜まりやすいため効率の良い磨き方でなければいつまでもプラークがとれないだけでなく、歯の表面を傷つけてしまいます。正しい知識で効率のよいブラッシングを覚えましょう。  


Posted by koikenina at 16:09Comments(0)

2018年03月02日

歯ぐきから出血したり、歯がグラグラしている場合は、歯周病の可能性が高いです

歯肉炎
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり、歯を磨いたりリンゴなどをかじったりすると出血します。この段階ではていねいな歯みがきや歯科医院での処置で元の健康な状態に戻すことも可能です。

歯周炎
ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じる場合があります。ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。このころは口臭もあり歯が浮いた感じがします。強くかむと痛みを伴い、歯がぐらついてきます。歯周炎で破壊された歯槽骨や歯肉を元通りにすることはできませんが、進行を止めたり進行の速度を緩やかにすることはできます。
歯科材料
歯が抜ける
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなり、最後には抜けてしまいます。

歯周病の自覚症状について
朝起きたとき、口の中がネバネバする。
ブラッシング時に出血する。
口臭が気になる。
歯肉がむずがゆい、痛い。
歯肉が赤く腫れている。
かたい物が噛みにくい。
最近歯が長くなったような気がする。
昔に比べて歯と歯の間にものがはさまりやすくなった。
上記のような症状に心当たりのある方は、お早めにご相談ください。

基本治療
歯周病検査の結果、その深さにより治療方針を決め、歯垢歯石の除去(スケーリング)、セルフケアの指導を行います。それでも改善できない歯周病は手術を行う事もあります。
スケーリング&ルートプレーニングスケーリングは歯の表面や根の表面の歯垢歯石を取り除くことです。ルートプレーニングは根の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層をきれいにすることです。 このことにより、歯周組織が改善され、歯周ポケットの深さが浅く(2mm~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。
外科治療
ハンドピース
メインテナンス
症状が改善、または安定したら、再発防止の為に期間を決め、メインテナンスを行います。6人の経験10年以上のベテラン衛生士が担当し、全身の健康状態を聞き取りながら口腔内環境を良好に保つ為のサポートをして行きます。ご安心してお任せ下さい。  


Posted by koikenina at 15:10Comments(0)