健康、生活 › 2018年03月05日

2018年03月05日

初期の虫歯や歯周病は、痛みなどの自覚症状がほとんどありません。

日本の成人のおよそ8割がかかっているか、あるいはその予備軍といわれるほど蔓延している病気、それが歯周病です。虫歯同様、初期段階では自覚症状がほとんど見られないため、気づいたら重症化していることも珍しくありません。歯周病では、歯周病菌がプラーク(歯垢)や歯石内で増殖して、歯ぐきに慢性的な炎症を引き起こし、やがては歯を支える骨が溶かされていきます。それを放置すれば、歯は抜け落ちてしまうことに……。実は、日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病だといわれているのです。

予防歯科の重要性
初期の虫歯や歯周病は、痛みなどの自覚症状がほとんどありません。歯科医院のメインテナンスではトラブルの有無を確認し、歯科衛生士をはじめとする専門家がお口のケアを行い、病気の再発を防ぎます。早期発見は早期治療につながり、歯の寿命を延ばすことにもつながります。しかし歯周病は適切なケアによって予防することが可能です。毎日の正しいブラッシングに加え、定期検診で専門的なケアを受け、歯周病から歯を守りましょう。
エアーモーター
歯周病予防
まず歯周病にかかりますと細菌によって炎症が起こり、歯周組織が壊されてしまうことによって、 歯が支えられなくなってしまいます。さらに歯茎が腫れ、歯が揺れ、何かを食べるとと痛みを感じるようになり、最後には 歯が抜けてしまいます。

日本人の10代から~20代の約60%、50 代の約80%が歯周病にかかっているといわれますが、 歯周病は自覚症状がほんとんど感じられない病気なので、気づいたときには重症になっているケース も少なくありません。クリニックでは自覚症状のない歯周病を予防するため、患者様に定期検診を呼びかけております。
歯科 ユニット
歯科医院でのケア方法
生活習慣のチェック
口腔内に異常を起こしている原因が、特定の食習慣にあるということもしばしばあります。
口腔内のチェック
患者様のお口の中を拝見します。歯や歯肉の現状をチェックし、必要があれば検査や治療を行います。噛み合わせが歯周病の悪化の原因になっていることも多いのです。

歯垢、歯石除去
どれだけきちんとした歯磨きをしていても、すべての歯の歯垢を落としきれるとは限りません。ましてやそれが歯石化した場合、ホームケアでの除去は不可能といえます。そこでプロの手であらゆる隙間に潜んだ汚れを、すべてきれいに掃除します。

PMTC
歯科衛生士や歯科医師により、 専用の器具と専用のペーストを使用し、全ての歯面プラークを機械的に取り除く方法で、 タバコのヤニなどもキレイに除去できます。  


Posted by koikenina at 16:18Comments(0)

2018年03月05日

厚生労働省のデータによると歯周病の罹患率は、25歳~34歳で75%、35歳以上で80%です

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を破壊してしまう疾患です。歯周病により歯の周りの組織が壊れると、虫歯のない歯でも抜けてしまいます。歯周病とは、骨を溶かしてしまう病気なのです。

厚生労働省のデータによると歯周病の罹患率は、25歳~34歳で75%、35歳以上で80%です。歯周病が怖いのは、初期の段階では症状が出ないこと。歯ぐきが腫れたり、歯茎から出血したりなどといった症状が出たときには、病気はだいぶ進行していて、気が付いたときには手遅れで歯を失うことになった──というケースも少なくありません。
高圧蒸気滅菌器
また、最近の研究で歯周病が全身の疾患と関係があることもわかってきました。歯周病により、心臓病・糖尿病の発生リスクが高まる可能性も否定できません。歯周病は非常に怖い病気です。しかし、早期に発見できれば、患者さんの負担も少なく、簡単に治療することができます。

歯周病を予防するために
毎日、丁寧に歯を磨いていても、ご家庭の歯ブラシだけでは完全にはプラークを除去できません。口腔内をきれいな状態に保ち、歯周病を予防するには、定期的な専門のドクターや歯科衛生士によるメンテナンスが必要になります。精神的ストレスが免疫機能の低下をもたらし、歯周病の進行を促進させることも報告されています。

歯周病は自然に治ることはなく、治療しなければ確実に進行していきますが、しっかり治療すれば治すことができる疾患です。歯周病菌の感染が直接的要因ですが、歯周病を悪化させる原因には、噛み合わせ、不適合なかぶせ物、全身疾患などさまざまな要素が関わっています。原因を包括的に診療し、それぞれの患者さんの原因に対処した治療を行っていきます。
エアーモーター
予防歯科 日頃のケアで歯を守りませんか?
虫歯や歯周病は重症化すると治療に時間や費用がかかるため早期発見・早期治療が大切です。早期治療は患者様の負担を軽減することができます。患部は治療で治り、機能を回復することはできますが、治療した歯の寿命は、そうでない健康な歯よりも短くなります。歯の寿命を長くするためにもっとも有効なのは「予防」です。  


Posted by koikenina at 15:37Comments(0)