健康、生活 › 2018年03月06日

2018年03月06日

虫歯や歯周病はすべてこのバイ菌によりひき起こされた感染症です

虫歯など歯の病気は、初期段階では自覚症状が乏しく、進行してから症状がでることがほとんど。歯が痛くなってから歯医者に行くと、重症化しているケースが多いのです。また、治療すれば痛みはなくなりますが、一度削ってしまった歯は元には戻りませんし、治療を繰り返すたびに歯のダメージは蓄積され、歯の寿命は縮まっていきます。生涯にわたり歯の健康を守るためには、病気になって「治療」するのではなく、病気を未然に防ぐための「予防」が重要です。ご自宅での毎日の歯みがきと、歯科医院での専門的なケアで、いつまでも自分の歯で健康に過ごしましょう
パルスオキシメーター
虫歯や歯周病を予防するために大切な2つのこと
1.毎日の歯磨き
私たちは毎日食事をし、毎日飲み物を飲みます。それは同時に、お口の中にいる虫歯菌に食事を与えていることになります。虫歯菌が食事をすればするほど、歯は虫歯になりやすくなります。それを防ぐためには正しいブラッシング方法で歯を磨くのが1番です。当院では、ご自宅で上手に歯磨きができるようにブラッシング指導を行っています。歯科医師が分かりやすく丁寧にお教えいたしますので、いつでもお声掛けください。
歯科用ユニット
医院でのクリーニング
ブラッシングだけではどうしても落としきれない「磨き残し」というものが毎回出来てしまいます。歯科医療に携わっている者でも毎回20%ほど磨き残しができてしまいます。その磨き残しをすっきりキレイにするのが医院でのクリーニングです。

クリーニング・PMTC
お口の中にはバイ菌がいっぱい
虫歯や歯周病はすべてこのバイ菌によりひき起こされた感染症です。特に歯と歯の間や、歯ぐきの中はバイ菌の絶好の棲み家です。特に時間の経過したみがき残しは、歯の表面にバイオフィルムを形成します。バイオフィルムとは非常に強固なオブラートに包まれたバイ菌の塊です。一度形成されたバイオフィルムは除去するのが非常に困難です。定期的にクリーニングとPMTC(クリニックで行う歯面研磨と予防)を行うことで、虫歯や歯周病になりにくいお口になります。最後には歯の表面を磨きますので、ツルツルで爽快な気分になります。  


Posted by koikenina at 16:01Comments(0)

2018年03月06日

定期検診をおすすめしています

予防歯科の重要性
一度むし歯になった歯はもろくなり、再発のリスクが高まります。だから「むし歯になったけれど、治療したから大丈夫」と言うのは大きな間違いです。健康な歯を保つためには、はじめのむし歯を作らないことがとても大切です。

しかしむし歯や歯周病は初期段階ではほとんど自覚症状がないので、自分で見つけることが難しいとされています。そのため予防歯科の定期検診がとても重要になってきます。検診では口腔衛生のプロである歯科衛生士がむし歯や歯周病になりそうな箇所や、軽度のむし歯・歯周病を発見し、効果的な予防方法や早期治療を行います。
超音波スケーラー
定期健診の内容
口腔内写真
自分では見ることのできないお口の中を説明比較する為に撮ります。

歯周病の検査
歯と歯茎の隙間に歯周ポケット(溝)があります。そのポケットにプローブ(ポケットを測る器具)を入れ歯周病の進行度、歯周ポケットからの出血、膿がでてこないか調べる検査です。通常2~3ミリは入ります。4ミリ以上は歯周病です。

虫歯のチェック
歯科医師による虫歯のチェックを行います。

TBI(歯磨き指導)
歯磨きはしているのではなく、正しい歯磨きをしないと意味がありません。一人ひとりのお口にあった歯磨き方法を指導します。
それと同時にお口の中にあった歯ブラシ、歯磨剤の指導もします。
生体情報モニター
PMTC
歯科衛生士が特別な器具を用いて普段取れない汚れ(バイオフィルム)を取り除きます。
その結果として虫歯や歯周病を予防する効果もあります。  


Posted by koikenina at 15:10Comments(0)