健康、生活 › 2018年03月09日

2018年03月09日

自覚症状がないまま進むため、早期発見が大切です

「歯周病」はお口の中の細菌によって引き起こされ、歯を支える組織に起こる病気の総称です。歯周病、特に歯周炎の問題は、歯を支える骨が徐々になくなってしまうことです。しかし、病変がかなり進行した状態になるまでは自覚症状がないことが多いため、日頃からチェックしておくことが大切です。

歯周病チェックリスト
歯みがきのとき、歯茎から血が出る
冷たい物や熱い物が歯にしみる
歯がのびてきた
歯と歯の間が離れてきた
歯並びが変わってきた
歯茎を押すと白いウミが出る
指で動かすと、歯が揺れる
糖尿病を患っている
超音波スケーラー
歯周病を防ぐことは全身の健康を守ることにつながります
歯周病の影響は口腔内に留まらず、全身にも及びます。何らかの原因で歯周病の細菌が血管に侵入することで、狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気や脳梗塞などを引き起こす可能性が高まると言われています。また、糖尿病の方は歯周病の発症リスクが高まり、また歯周病になると糖尿病が悪化するとも指摘されています。このように、歯周病を治療、予防することは私たちの全身の健康を守ることにもつながるのです。

自覚症状がないまま進むため、早期発見が大切です
 
歯と歯肉の境目には歯肉溝(しにくこう)とよばれる浅い溝があり、
そこにたまった歯垢や歯石、バイオフィルムの中に住む細菌が歯周組織を破壊するのです。
 パルスオキシメーター
歯垢(プラーク)とは
一般的に「歯垢(プラーク)」とは、虫歯菌や歯周病菌をはじめとする微生物の固まりです。黄白色を帯びた粘着性の物質で、わずか1mgに数億から数兆もの細菌が潜んでいます。プラークは組織の約8割が水分で、残り2割が有機質。有機質の大半は細菌とその代謝物です。プラークが増えると、細菌が増殖して虫歯や歯周病、におい(口臭)などを招くことが分かっています。
歯石とは
歯石(tartar)は、歯に付着したプラークが唾液に含まれるカルシウムやリン酸などと反応して石灰化し、石のように硬くなって歯の表面にくっついたものです。歯石は「死んだ細菌の固まり」であり、プラーク(バイオフィルム)のようにそのものが歯周病を引き起こす原因にはなりませんが、歯石の表面はデコボコしているのでプラークが付着しやすい状態です。そのため、歯石の上にプラークが付着して石灰化するとさらに大きな歯石となり、歯茎の炎症をさらに招く結果となってしまいます。このように、プラークが歯石になってしまうと歯磨きで取り除くのは不可能です。  


Posted by koikenina at 15:58Comments(0)

2018年03月09日

知らない間に進行する歯周病…

「口臭」「歯ぐきの色が悪い」「ものが噛めない」「ある日突然歯が抜ける」――歯周病は、細菌の感染によって発症します。むし歯のように痛みをともなわず、深く静かに進行する病気ですので、治療もじっくり時間をかけなければなりません。虫歯の場合には、悪いところを完全に取り除いて適切な処置が行われれば、簡単(短時間)に治ります。歯周病も歯科医院に行ってちょっと治療すれば簡単に治ると思っている方が多いようですが、そのようなケースは非常に稀です。では、どうのように治療していくのでしょうか。
 
歯周病の症状
歯周病の初期
初期は、歯石を取ればほとんどケースで完治します。
[症状]:歯茎に歯ブラシをしっかり当て、ゆっくり動かすと、出血することがある。歯磨きを1回でも忘れると、歯がうずいたり、歯茎が腫れぼったく感じることがあるなどが特徴、一般に初期の段階では、無症状なことが多い。
電気歯髄診断器
歯周病の中期
中期は、歯石を取ると歯茎がやや下がるのが正常です。
[症状]:水がしみるようになり、歯磨きすると歯茎から出血する。歯茎がときどき腫れたり、治ったりを繰り返す。歯茎を押すと膿が出る。歯茎から臭いがする。初期の段階から数年経過すると見られることが多い。

歯周病の末期
末期は、単独の歯では機能しないため、他の歯との連結の可能性もあります。
[症状]:歯をかみ合わせるだけで、ぐらつく。歯の周囲を指で押すと白い膿が歯の周囲からにじみ出てくる。痛みが出ないこともある。歯磨きの際、毎回のように出血する。
エアーモーター
スケーリング・ルートプレーニング
ホームケア(患者様自身の行う毎日のブラッシングや意識改革)の定着をみながら、プロフェッショナルケアを開始します。これは、スケーリング・ルートプレーニング(歯肉縁上縁下の歯石除去、バイオフィルムの破壊)がメインです。患者様ご自身のホームケアが確立されてきますと、早い段階で歯肉の炎症改善が見られ、プロケアの効果も出やすく期待通り或いはそれ以上に治癒へ向かっていくこともしばしばです。ホームケアとプロケア、この双方のプラークコントロールは歯周治療の最も重要なステップであり、難しいところと言えます。  


Posted by koikenina at 15:07Comments(0)