健康、生活 › 2018年03月10日

2018年03月10日

タバコやコーヒーなどの着色を綺麗に取り除きます。

歯周病(歯槽膿漏)は、歯の付け根についた歯垢の中の歯周病菌が、歯肉や歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。
歯垢に唾液成分の無機質が沈着し、硬く石灰化したものが歯石で、歯周病菌の温床となります。歯周病は、多数の歯が一度にかかることがほとんどで、また、むし歯と違い、痛みなどの自覚症状がなく進行します。

長い間、歯周病のサインを見逃して放置し、歯がぐらぐらになって初めて来院しても、抜歯しか手段が無いこともしばしばで、いきなり歯を失ってしまうことになりかねません。また、糖尿病や喫煙などの危険因子が加わると、さらに歯周病の進行を促し、その他の因子と相まって、心筋梗塞などの全身疾患の引き金になるともいわれています。
ハンドピース
PMTC
PMTCは、普段のブラッシングでは磨くことのできない所までプロが専用の器材を使ってお掃除します。
タバコやコーヒーなどの着色を綺麗に取り除きます。
歯の表面を綺麗に研磨する事で歯石がつきにくくなります。
口の中が清潔になる事で口臭予防にも効果的です。
定期的なPMTCを行う事でむし歯や歯周病を防ぐことができます。
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、歯科医院の専用器材を使い歯をお掃除する方法です。
保険適応のスケーリング(歯石取り)や普段のブラッシングなどでは除去する事ができない歯冠隣接面(歯と歯の隙間)や歯肉縁下(覆いかぶさった歯茎の少し下)の付着物を徹底的に取り除きます。
数種類の洗浄剤や研磨材を使い、歯磨き粉ではおとせない歯の表面の着色までも綺麗にお掃除する事ができます。
保険適応のスケーリング(歯石取り)とセットで行う事により、いっそう効果が現れます。
歯科レントゲン
定期検診
虫歯や歯周病の治療後に大切なことは、再発させないようにすることです。治療が完了した後で、すぐにまた虫歯や歯周病にかかってしまっては元も子もありません。3~6ヶ月に一度は歯科医院で定期検診を受け、日頃から虫歯や歯周病の予防と早期発見・早期治療に努めましょう。  


Posted by koikenina at 15:59Comments(0)

2018年03月10日

従来虫歯や歯周病は、かかってから治療をするのが常識でした。

しかし虫歯や歯周病にかかると、歯や歯ぐきは必ずダメージを受けてしまいますし、いくら治療をしても、その部分をもとどおりにすることはできません。さらに再発のリスクを背負い、お口の状態はどんどん悪化してしまうのです。

そうならないために必要なのが「予防」です。大切なのは「病気にならないこと」。お口が健康な状態のうちにはじめ、それを維持することで、将来的に歯を失わずにすむのです。「治療より予防」。これが、これからの歯科通院の目的になるといえるでしょう。
口腔内カメラ
予防歯科のメリット
虫歯や歯周病を未然に防ぐ
定期的に検診を行い予防していくことで、虫歯や歯周病を作らず歯の健康を維持することができます。
治療の痛みや費用、時間を軽減できる
虫歯の症状が進行してしまうと、治療にかかる費用や期間もどんどん増えてしまいます。予防歯科なら最小限の処置で済みますので、費用も時間も軽減できます。
口の中がスッキリする
歯や歯ぐきをキレイにすることで、お口の中がスッキリとして爽快になります。

スケーリング
スケーリングとは、歯科医院にて歯科医師や歯科衛生士が歯肉や歯周ポケットに付着している歯石や歯垢を除去する治療のことです。スケーラーと呼ばれる専用器具を使用し、石灰化した歯石まで簡単に除去できます。
スリーウェイシリンジ
PMTC
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医院にて歯科医師や歯科衛生士が行う歯のクリーニングのことです。歯垢や歯石が成長しバイオフィルムという汚れになると、歯磨きでは除去することができません。このバイオフィルムを、専用の機械でキレイに取り除き、歯の白さや健康な歯肉を取り戻します。

自分でできる予防ケアを
予防は、歯科医院で行う専門的なメインテナンスだけでなく、毎日のご自宅でのケアも重要です。そこで当院では、「自分でできる予防ケア」をお伝えしています。

「いつものみがき方で大丈夫?」「歯みがきだけで問題ない?」といった疑問にもお答えし、一人ひとりのお口の状態に合った、続けやすいケアを身につけていただくことで、より効果的な予防を可能にします。まずはお気軽にご相談ください。  


Posted by koikenina at 15:15Comments(0)