健康、生活 › 2018年03月15日

2018年03月15日

直接的な歯周病の原因

痛みなどの自覚症状がほとんどないまま進行し、最悪の場合には顎の骨が歯を支えられなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。そうならないためには、定期的に歯周病検査を行うことと、予防に努めることが大切です。

直接的な歯周病の原因
プラーク(歯垢)や歯石の中に住みついた、グラム陰性嫌気性桿菌(いんせいけんきせいかんきん)と呼ばれる細菌が歯周病の原因です。読んで字のごとく、空気を嫌う細菌であるため嫌気性と付けられています。この細菌は、空気が届きにくい深部に多く見られるのが特徴で、表面を簡単に清掃しただけでは排除できません。まずは、徹底した細菌のコントロールが重要です。
エアスケーラー
間接的な歯周病の原因
「歯科医院で歯石取りや歯のクリーニングをくり返しているが、いっこうに治癒しない」といわれる方がいらっしゃいます。それは間接的な原因を見極めて、治療していく必要があります。間接的な原因となるのは、
A)歯列不正(歯並びが悪い)のため清掃しにくい歯、
B)かみ合わせの力がのしかかっている歯、
C)歯ぎしりや食いしばりがある方、
D)全身的な病気や生活習慣に起因するもの(糖尿病、喫煙、ストレスなど)
が挙げられます。

~もし歯周病になってしまったら~
当院では次のような治療法で歯周病の改善を図ります。単に疾患がある箇所だけを治療するのではなく、咬み合わせなど、患者さんのお口全体の状態を考慮して治療を進めています。

スケーリング
専用器具を使って、奥歯の裏や歯と歯の間などに強固に付着したプラークや歯石を除去します。
マイクロスコープ 歯科
ルートプレーニング
スケーリングできれいになった歯の表面を磨いて滑らかにします。ツルツルになるので、歯周病の原因となるプラークや歯石の再付着を防げます。
咬み合わせの改善
歯周病は咬み合わせ不良からなることもあります。咬み合わせが悪いということは、歯並びも悪く、歯みがきがしにくいということなのです。咬み合わせの不良は、もともとの咬み合わせ異常だけでなく、治療で入れた補綴物の不具合によっても起こります。そのため、咬み合わせを整えたり、補綴物を修復したりして歯周病の改善を図ります。  


Posted by koikenina at 15:43Comments(0)

2018年03月15日

歯周病の原因は口腔ケアの他にも、喫煙やストレス、不十分な咀嚼、間食などがあげられます

口の中には多くの細菌が住んでいます。普段は特に害はありませんが、きちんとした口腔ケアがされなかったり、甘いものを多く食べているとそれをエサにして細菌が歯垢を作り出します。歯垢の中には虫歯や歯周病の原因となる細菌が多く存在しています。そのため十分な口腔ケアがされていなければ、歯肉に炎症が起き、さらに悪化すると歯を抜かなければならなくなります。歯周病の原因は口腔ケアの他にも、喫煙やストレス、不十分な咀嚼、間食などがあげられます。タバコの有害物質やストレスによる免疫力の低下は歯周病になるリスクを高くします。また、咀嚼が十分でないと唾液が分泌されず細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。歯周病にならないためには歯垢を除去し、正しいブラッシングで歯垢が着かないようにすることが重要になります。歯周病は痛みなどの自覚症状がないため、気づかないうちに症状が進行していきます。最悪の場合は抜歯しなければならなくなるため、毎日の口腔ケアが大切になります。
口腔内カメラ
歯周病の進行過程
歯茎が健康な状態から歯が抜けてしまうような重度の歯周病へ至る過程には、歯肉炎、軽度の歯周炎、中度の歯周炎、と症状が変化していきます。
 
(1)健康な状態
健康な状態だと、歯と歯茎のすき間(歯肉溝)には1~2ミリ程度のすき間があります。
 
(2)歯肉炎
歯の表面にプラークが溜まり、歯茎に炎症が起こります。歯と歯茎のすき間が2~3ミリへと広がります。
 
(3)軽度の歯周炎
歯肉炎を放置していると、歯茎の炎症が悪化します。歯周病原菌が内部(歯周組織)へと侵入します。
歯肉の下にある歯槽骨や歯根膜が菌によって破壊され始めます。
 
(4)中度の歯周炎
炎症がさらに拡がり、歯の根の部分を支えている歯槽骨の半分近くまで到達します。
ここまで進行すると、歯を支える力が低下し、ぐらつきを感じます。
 高圧蒸気滅菌器
(5)重度の歯周炎
歯の根の部分を支えている歯槽骨の半分以上が破壊され、歯がグラグラします。
食べ物を噛むことが困難になり、ちょっとした衝撃で歯が抜け落ちてしまうこともあります。
歯周炎の後半まで進行してしまうと、健康なはずの歯を失ってしまうだけではなく、食事にも支障をきたします。食べられる食材の種類が減ってしまい、栄養面にも問題が出てきますね。また、痛みによって歯磨きができず、さらに症状が悪化するといった悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。歯周病は予防も大事ですが、早期発見・早期治療が何よりも重要な病気だと言えます。  


Posted by koikenina at 14:50Comments(0)