健康、生活 › 2018年03月16日

2018年03月16日

歯肉炎の段階であれば、歯医者でのプラーク・歯石除去で炎症はほぼ治すことができます

歯周病は日本人の約80%の方がかかっているとされる身近な病気です。しかし歯周病は末期段階にならないかぎり、自覚症状がほとんどでません。末期になってからでは、歯を抜くしか方法がなくなってしまいます。虫歯に比べ、あまり知られていませんが、私たちが歯を失う原因として最も多いのは、虫歯をしのいでこの歯周病です。歯を失うことはもちろん、それ以外に心疾患や呼吸器系の疾患、糖尿病や出産など命にも関わるさまざまな全身への影響を与えることがわかってきています。最初に挙げたように、歯周病は細菌による感染症です。ですから、この細菌を徹底的に取り除かない限り、歯周病を治癒へと結びつけることはできません。現在では、従来の保険適用内での歯周治療だけではなく、歯周病治療薬や電解機能水、レーザー等を用い、高い除菌効果と歯石除去により歯周組織を再生させ、歯を失う不幸をくい止める事ができる最新の歯周治療も行われています。
電気歯髄診断器
メカニズム現在、日本の成人の実に80%以上もの人が罹患していると言われ、歯の喪失原因の№1と言われる歯周病ですが、いったいどのような病気なのでしょうか?「歯周病」とはその字が表す通り歯の周りに起こる病気です。歯の周り・・・つまり、歯そのものに起こる虫歯やあるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎といったものと区別して考えられます。歯の周りの組織とはどのようなものでしょうか?

歯周組織は、歯肉から上にあるエナメル質ではなく、歯肉とその下にある歯を支える歯槽骨、歯の根っこの周りにあるセメント質、歯槽骨とセメント質を結び付けている歯根膜(歯周靭帯)の4つの組織から成り立ちます。この4つの中で実際に皆さんが見ることが出来るのは歯肉だけで、ほかの3つの組織は見ることはできません。

「歯周病」とは歯の周囲についた多数の細菌を含むプラーク(歯垢)と言われるものが、やがて唾液の働きを借りて歯ブラシでは落とすことのできない固い「歯石」となり、歯と歯肉の境目やさらに入り込んで歯根の表面にこびりつき、細菌の出す毒素によって、歯肉に炎症をきたし、さらには歯を支えている歯槽骨やセメント質、歯根膜も破壊され、支えを失った歯は、最後にはぐらついて抜け落ちてしまうこともある怖い病気です。しかも、免疫力により軽い炎症のうちは症状を自覚しにくく沈黙のうちに病気は進行し、人の免疫機能との長い長い戦いの後、戦場となった歯周組織は、細菌の侵入に敗れ破壊されてしまうわけです。
エアーモーター
歯周病の治療方法
歯肉炎の段階であれば、歯医者でのプラーク・歯石除去で炎症はほぼ治すことができます。しかし、本当に治すためには治療後に、毎日の生活の中で正しい歯磨きを続け、プラーク・コントロールを実践することが必要です。プラークを除去しきる為のブラッシング方法は、自分の歯の形や特徴に合わせて歯科医師、歯科衛生士にご相談ください。歯周園に進行している場合には、プラーク、歯石除去を行った上で十分な改善が認められない場合には、状態に応じた歯周外科治療を行います。  


Posted by koikenina at 15:57Comments(0)

2018年03月16日

日本人の歯を失う原因の第一位。それが歯周病です。

特に成人の約8割が歯周病にかかっている、もしくは予備軍とも呼ばれており、軽視できない病気と言えるでしょう。「最近歯がグラつく」と感じている方は、すでに症状が悪化している可能性もあります。

歯周病のリスクについて
歯周病とは、歯周病菌が招く炎症によって、歯周組織(歯ぐきや歯を支える顎の骨)にさまざまな症状をもたらす病気です。症状はまず、歯ぐきの腫れや出血といった形であらわれます。その後、口臭やグラつきに発展し、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまうことも。大きなリスクのある病気ですので、痛みがないからといって放置しておくのはとても危険です。
歯科器具中古販売
歯周病の早期発見は歯肉の微妙な変化から
現在、日本人の約80%が歯周病に感染していると言われています。もはや国民病と言っても過言ではありません。多くの方は歯周病が気になり、お口の中のお手入れをきちんと行っています。しかし、ごく少数ですが、お手入れを怠り、歯周病に対して関心をお持ちでない方もいらっしゃいます。歯周病治療の第一歩は、お口の中の状態を理解することから始まります。当院では、患者さまにお口の中の汚れや歯垢をお見せしながら、歯周病の

症状や治療についてご説明いたします。
ところで、歯周病は、糖尿病などの全身疾患とも密接な関係があり、歯周病治療だけでは根本的な解決が望めないこともあります。こうした病気を抱えていらっしゃる方には、生活習慣などもお伺いしながら、適切なアドバイスを行わせていただきます。お口の中のちょっとした変化や抱えている病気、生活習慣に至るまで、様々な角度から歯周病の早期発見・治療に努めております。歯周病は、自覚症状がありませんが、わずかな変化を敏感に察知することで早期発見につながります。歯磨きとあわせて、歯肉のチェックも忘れずに行いましょう。
光照射器
歯肉炎
歯ぐきが炎症すると、赤く腫れて出血も多くなります。この状態の場合、まだ歯を支える骨までには達していません。
軽度歯周炎
歯ぐきの炎症が進行すると、歯と歯ぐきの間に歯周ポケットという隙間ができます。この状態になると、歯を支える骨にも影響が出てきます。
中度歯周炎
歯ぐきの炎症によって、歯を支えている骨が徐々に破壊されてしまいます。この状態になると、次第に歯がグラグラしてきます。
重度歯周炎
炎症が進み、歯を支えている骨がほぼなくなってしまいます。食べ物を噛むことも困難になり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。  


Posted by koikenina at 15:12Comments(0)