健康、生活 › 2018年03月20日

2018年03月20日

予防処置を受けると汚れが落ちて、口の中がスッキリします。 

体の健康管理のため、日頃からバランスの良い食生活や運動不足の解消など摂生に努めている方も多いかと思いますが、予防歯科はこれと全く同じことです。 「 痛くなったら治療する」という考え方とは異なり、「お口の健康を維持する」 という新しい歯科スタイルです。予防歯科の目的は「口の中の健康を生涯維持し、美しい歯を育てる」ことです。  小さなお子様であれば、虫歯が一本もないお口の環境を作ることが可能ですし、成人の場合、治療した部分の再発予防、口臭、歯の汚れを防ぐことができます。

予防歯科のメリット
虫歯などのお口のトラブルを未然に防ぐ 
定期的に検診を行うことで虫歯や歯周病を事前に予防でき、大切な歯をいつまでも健康に維持することができます。 
家庭用超音波スケーラー
治療の痛み・費用を低減できる 
痛みや症状がひどくなってから治療する場合、大がかりな処置が必要になります。 
そのため治療費用がかさみ、治療期間も長くなってしまいます。 

お口の中がスッキリする 
予防処置を受けると汚れが落ちて、口の中がスッキリします。 
 爽快感を味わう目的で、サロン感覚で予防歯科に通う方も増えてきています。

PMTC
虫歯や歯周病の予防のために適切な歯みがきは欠かせません、それに加えさらに効果的なのが「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」です。
PMTCとは、日常の歯みがきだけではどうしても落ちない歯の汚れを、歯科の専用の器具によって徹底的にクリーニングするもの。やさしい刺激で、歯周ポケット内の歯根の部分まできれいにみがき上げることが可能です。
エアスケーラー
PMTCがおすすめな方は?
ご自身の歯みがきに加え、きちんとした予防処置をしたい方
歯周病の治療が終わった方
矯正治療中の方

PMTCのメリットは?
虫歯、歯周病の予防に効果的
歯の質が強くなる
歯の輝きが増し、美しくなる
お口の中がすっきりし、リフレッシュする  


Posted by koikenina at 16:23Comments(0)

2018年03月20日

ここでは予防治療の代表的なメニューを紹介します

検診
予防治療の基本は患者様の歯と口の現在の状態をチェックすることから始まります。どこか異常がないかだけではなく、歯並びや噛み合わせなど総合的に確認します。

歯石取り
食事の際の食べかすが溜まるとやがてプラーク(歯垢)となり、それが固まることで歯石となります。歯石は細菌にとって格好の住み家であり、むし歯や歯周病を引き起こす原因となります。しかし歯に強固にくっついているため家庭におけるブラッシングで落としきることはほとんど不可能です。歯科医院では専門の器具を用いてこれらを丁寧に除去していきます。
オートクレーブ 価格
PMTC
歯の表面を徹底的にクリーニングにすることです。これをすることでバイオフィルムというミュータンス菌が生息する巣を取り除くことができ、むし歯になりにくい体質をつくることができます。また歯の表面が滑らかになり凹凸を減らせるのでプラークや歯石がくっつきにくくなるという効果も得ることができます。

ブラッシング指導
歯科医院においても様々な予防治療を受けることができますが、予防の観点で最も大切なのはご家庭における患者様ご自身でのセルフケアとなります。ブラッシングがそのメインとなりますが、大人になっても磨き残しの出ないブラッシングをすることは難しいといわれています。磨き残しはやがてプラークや歯石となるため、歯ブラシの持ち方から始まり適切なブラッシングを身に着けることでそれらの発生を最大限抑えることが可能となります。

シーラント
プラークや歯石は溝や隙間に溜まりやすいですが、奥歯は見づらいことと歯ブラシが届きにくいことからとくにそれらが溜まりやすいとされています。その隙間や溝をシーラントと呼ばれる歯科用のプラスチックで埋めることで後々むし歯になることを予防します。
電気歯髄診断器
フッ素塗布
フッ素の歯の表面に塗布すると再石灰化がより促進されてむし歯になるリスクを低くすることができます。フッ素配合の歯磨き粉も市販されていますがその効果は充分でない場合があります。歯科医院による塗布なら高い効果を期待できます。一度の塗布で終わりにするのではなく、定期的に治療を受けることがその効果をより高めることが可能です。
とくに歯自体の抵抗力の弱い子供に対して有効なメニューです。  


Posted by koikenina at 15:09Comments(0)