健康、生活 › 2018年04月03日

2018年04月03日

成人の8割の人がかかているといわれる歯周病。

これらの病気は細菌感染によって起こることがわかっているため、予防することが可能です。
しかし、日本では未だに虫歯や歯周病で歯を失う方が絶えず、平均して80歳の時点でわずか8本程度しか歯が残っていないのが現状です。一方、歯の定期検診が一般的に行われ予防の意識も高い欧米では、80歳を超えても平均

20本以上の歯が残っているのです。
80歳で20本の歯を残すためには日々のお手入れと定期的なメンテナンスが非常に重要です。口の中の健康を保っていくために、定期的に歯のメインテナンスに通院してもらうシステムが予防歯科です。 むし歯になる前に定期的にメンテナンスを行うことで歯の様々な疾患を予防し、健康な歯を維持していきましょう。
歯科器具中古販売
歯周病予防
成人の8割の人がかかているといわれる歯周病。 現代では生活習慣病の一つとして捉えられています。歯周病を予防するには早期発見、早期治療が一番重要です。
※詳細は歯周病治療をご覧ください。

PMTCでむし歯・歯周病予防
日々の歯磨きでは不十分な部分を、スタッフが専用器具とフッ素入りペーストを用いてクリーニングします。歯ブラシで取れないプラークをも取り除くことができるので、むし歯予防・歯周病予防・口臭予防に非常に大きな効果があります。
Professional 専門家が行う 
Mechanical 機械的な
Tooth 歯の
Cleaning 清掃のことです。
日常の歯みがきだけでは虫歯や歯周病になりやすく、歯の健康を維持管理していくのは難しいため、定期的(3~6ヶ月ごと)に行うのがよいでしょう。
ハンドピース
天然歯の保存のためには、定期的なメンテナンスが不可欠です
いくつになっても自分の歯で物を噛み続けるためには、ご自宅でのケアとあわせて、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが不可欠です。池澤歯科クリニックでは4ヶ月に1回程度ご来院頂き、メンテナンスを受けられることを推奨しております。ご自宅のケアだけでは落とすことのできない汚れも、当クリニックのクリーニングであればきれいに除去することが可能ですし、虫歯や歯周病の早期発見・早期治療にも繋がります。まだまだ日本では「歯科医院は歯が痛くなってから行くところ」という考えが主流ですが、欧米の予防歯科先進国では「虫歯や歯周病などの病気から歯を守るために、歯科医院に通う」という考え方が定着しています。  


Posted by koikenina at 15:41Comments(0)

2018年04月03日

歯周病は決して治らない病気ではありませんし、予防のできる病気です。

歯周治療が終わっても、そこで気を緩めると歯周病は再発する危険があります。
毎日のご自分での正しいブラッシングと、少なくとも半年に一度は定期的にドクターにチェックしてもらい、歯磨きなどでは取れにくい、歯周ポケットの清掃や歯石の除去を専門の器具を使って丁寧に行い、歯周病を予防し、管理していく必要があります。歯周病は決して治らない病気ではありませんし、予防のできる病気です。

歯周病の原因は歯垢(プラーク)ですから、それをためない・増やさない努力をすれば病気をおこさないで治すことができるのです。歯を気をつけて磨かない、甘い食べ物を必要以上食べる、煙草を吸う、といった毎日の生活習慣の乱れがプラークを増やすわけですから、その生活習慣を改善すればよいのです。どうぞ、「自分の健康は自分で守る!!」という意識を持って、生活習慣の改善に努力をしてみてください!そしてエステ感覚で、定期的に歯科医院へ行き、歯科検診を受け、クリーニングをして大切な歯を歯周病から守りましょう!!
スリーウェイシリンジ
予防歯科では、口腔内の健康状態や病気の有無のチェックや、虫歯・歯周病予防のために以下のような処置や指導を行います。

ブラッシング指導
歯の形や歯並びなどは一人ひとり違うものであり、それに合わせた方法でブラッシングすることが効果的です。一人ひとりのお口に適した歯みがきを指導します。

フッ素塗布
歯質を強くし、虫歯になりにくくする効果を持つフッ素を歯の表面に塗布し、虫歯を予防する処置。定期的に歯科医院で行うほか、ご家庭でも行っていただくことでより効果を発揮します。また、初期の虫歯であれば治癒が期待できます。
超音波スケーラー
PMTC
専用の機器を使用して行う歯のクリーニングです。自宅でのブラッシングでは落としきれないプラークや歯石を徹底的に除去します。また、歯の黄ばみなどのない自然な歯の色を取り戻すことができます。

定期検診で歯のクリーニングをすることで、虫歯・歯周病などの原因となる歯石やプラークを取り除くことができ、虫歯・歯周病の予防ができます。また、虫歯・歯周病ができてしまったとしても、早期発見・早期治療が可能ですので身体へのダメージも少なく済み、費用も時間も抑えることができます。定期検診で予防ケアをすることが最善の治療と言えるでしょう。  


Posted by koikenina at 15:02Comments(0)