健康、生活 › 2018年04月05日

2018年04月05日

「自分流」のブラッシング方法が必ずしも正しいとはかぎりません

予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます
近年は欧米諸国に続き日本でも「予防歯科」が注目され、その重要性を伝える歯科医院が増えていますが、以前は「歯医者さんは治療だけをするところ」 という考えが一般的でした。患者様にすれば、まだまだそう思われている方がほとんどかもしれません。しかし、虫歯や歯周病は治療はできても、その治療に よって歯や歯周組織を削ることがありますし、その治療によるダメージは蓄積され、後々のお口の健康に悪影響を与えてしまいます。
大切なことは、病気にならないために予防すること。歯科クリニックの一番の願いは、予防のための場所として、皆様に気持ちよくお 越しいただける歯科医院であることです。充実した予防メニューを取り揃えていますので、ぜひ「病気になる前」の予防について考えてみてください。
歯科 ユニット
ブラッシング指導
「自分流」のブラッシング方法が必ずしも正しいとはかぎりません。毎日一生懸命ブラッシングをしていても、その方法が正しくないために効果が半減してしまっている方、磨き残しに気づかず安心してしまっている方も少なくありません。そこで歯科衛生士が口腔内の状況を確認し、患者様一人ひとりに合った正しいブラッシング法をお伝えするのがブラッシング指導。歯ブラシの当て方や力加減、磨きにくいポイントなどをくわしく伝え、日常ケアのレベルアップにつなげます。
遠心鋳造機
PMTC
日常ケアに合わせて定期的に歯科医院に通い受けていただきたいのが、PMTCという定期ケア。専用の器具を用いて歯と歯の間や歯と歯ぐきの間に残っている歯垢を取り除きます。正しいブラッシングをしていてもどうしても歯垢を取りきれない部分の虫歯リスクを下げられます。

メンテナンスとは、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、そういった治療終了後の病気の再発を予防していくことなのです。

予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。そのため当院では治療終了後、3ヶ月ごとのメンテナンスをおすすめし、リスクの少ない方は間隔も少しずつ長くしながら、皆様のご負担が少なくなるように進めていきます。  


Posted by koikenina at 12:02Comments(0)

2018年04月05日

予防の重要性教えます

歯科の予防と全身の健康
歯を一定以上失うと、咀嚼能力の低下から低栄養や筋力・運動能力の低下などADL(日常活動能力)の低下を招きます。また、脳の委縮が起こり学習能力低下や認知症になりやすくなると言われています。つまり、歯を失うと早期に介護生活になる確率がグッと上がってしまうのです。さらには、寿命にも影響することがわかってきています。実は、歯の喪失を予防することは、全身の健康を維持し、幸せにすごす期間(健康寿命)を延伸することなのです。

歯科の予防と生涯医療費
定期的に歯科の予防・メンテナンスを受けている人は、すべての病気に掛かる総医療費を抑制できる傾向にあります。前述のように歯が悪いと様々な全身の健康状態に影響を及ぼします。そのため、お口の健康を保つことは全身疾患の発症を予防し、結果として全体の医療費が下がり、歯科の費用を含めた生涯医療費が平均よりも低くなるのです。
ハンドピース
口腔内細菌の全身への影響
歯周病は細菌感染症。全身の血管の病気です。近年、歯周病は、様々な全身疾患に関連していることが示唆されています。虫歯の原因菌は歯の表面でしか増殖できませんが、歯周病の原因菌は血液中に侵入して増殖できるので、血流に乗って全身に疾患を引き起こす危険があります。実際、心筋梗塞で亡くなった方の閉塞した冠状動脈から歯周病の原因菌が検出されたりします。循環器以外にも呼吸器系の感染症や肺炎などを引き起こしたり、糖尿病の悪化や早産・低体重児出産の要因になると言われています。

予防することのメリット
1 : 虫歯・歯周病の発症予防
歯科医院で定期的なケアを受けることで、口腔内の健康状態が保たれ、虫歯・歯周病の発症率が低くなります。
歯科 鉗子
2 : 治療による負担の軽減
歯科治療は、費用だけでなく痛みや通院時間のなども患者様の大きな負担となります。予防によって治療が不要になれば、それらの負担は一切発生しません。

3 : 口腔内が快適になる
歯科医院での定期的なケアによってお口の中が快適に保たれ、口臭予防にもつながります。ヘアスタイルを整えるために美容室に通う感覚で、歯のケアのために歯科医院に通う方も増えています。  


Posted by koikenina at 11:19Comments(0)