健康、生活 › 2018年04月06日

2018年04月06日

むし歯、歯周病の予防は歯科医院を利用するだけでなく、自分でも行えます。

PMTC
PMTCは歯科衛生士が行う、本格的な歯のクリーニングです。専用の器具を使って、歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間に溜まっている汚れを丁寧に取り除いて、仕上げにMIペーストを塗って歯周病を予防します。汚れと一緒に細菌も取り除くので、お口の中がさわやかになり、細菌による不快な臭いもなくなります。ジェルコートは、数種類あるものからお選びいただけます。

歯ブラシ指導
ご自分では丁寧に磨いているつもりでも、しっかりと磨けていないケースがとても多くあります。毎日のセルフケアを効果的なものにするために、一人ひとりに合った歯みがきの方法を指導します。毎日のご自宅でのケアを効果的に行うための歯ブラシの種類、持ち方、動かし方をはじめ、ブラッシングのタイミングなどをお伝えし、プラークが溜まらない健康なお口づくりをサ
エアーモーター
ポートします。
むし歯、歯周病の予防は歯科医院を利用するだけでなく、自分でも行えます。
日頃から歯に対する意識を変えるだけで自分の歯を守ることができます。

正しいブラッシング
お口に合わせた正しいブラッシングが虫歯・歯周病予防に必要です。歯周病や虫歯の原因はプラーク(歯垢)です。ほとんどの歯周病が、丁寧なブラッシングによってプラークを取り除くことで予防できるのです。また、程度が軽い歯周病であれば、ブラッシングによって治してしまうこともできます。また、ブラッシングだけでなく、歯ブラシも自分に合ったものを使うことも重要です。人それぞれ口の大きさが違います。それぞれに適した歯ブラシで磨くことも予防の第一歩です。当院ではブラッシング指導も行っておりますので、お気軽にお尋ねください。

歯医者が予防歯科をすすめる理由
私たちは歯の治療を始める前や、歯の治療が終わった後に予防歯科の話をさせていただきます。予防歯科は虫歯や歯周病が進行しないように予防することです。なぜ私たちが予防歯科についてお話させていただくには大切な理由があります。それは一時的な虫歯や歯周病の治療を終わっても歯の健康がすぐに悪くなることを知っているからです。
ハンドスケーラー
1歯の治療で劣化しにくい材料は金合金やセラミックです。しかし、これらの治療は保険外診療となり費用がかかります。また、根管治療や歯周病治療も専門的な精度の高い治療を行おうとすれば、保険診療内では難しくなります。そのため予防歯科で虫歯や歯周病にならないようにしていくことは、お金の節約にもなるのです。

2歯には噛んだ時に硬いものや軟らかいもの、熱さや冷たさなどを感じることができます。歯を失い入れ歯になってしまうと、噛む力は自分の歯に比べ30%〜40%程度になり、注意して噛まないと入れ歯が割れたり、入れ歯のフックをかけている歯にダメージが加わります。また、歯がない方は歯がある方に比べ認知症のリスクが高くなるという報告もあります。予防歯科で歯をできるだけ残している方は将来の健康寿命も伸びるのです。  


Posted by koikenina at 12:41Comments(0)

2018年04月06日

歯科医院で行うこと

PMTC
PMTCは歯科衛生士が行う、本格的な歯のクリーニングです。専用の器具を使って、歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間に溜まっている汚れを丁寧に取り除いて、仕上げにMIペーストを塗って歯周病を予防します。汚れと一緒に細菌も取り除くので、お口の中がさわやかになり、細菌による不快な臭いもなくなります。ジェルコートは、数種類あるものからお選びいただけます。

歯ブラシ指導
ご自分では丁寧に磨いているつもりでも、しっかりと磨けていないケースがとても多くあります。毎日のセルフケアを効果的なものにするために、一人ひとりに合った歯みがきの方法を指導します。毎日のご自宅でのケアを効果的に行うための歯ブラシの種類、持ち方、動かし方をはじめ、ブラッシングのタイミングなどをお伝えし、プラークが溜まらない健康なお口づくりをサ
電気歯髄診断器
ポートします。
むし歯、歯周病の予防は歯科医院を利用するだけでなく、自分でも行えます。
日頃から歯に対する意識を変えるだけで自分の歯を守ることができます。

正しいブラッシング
お口に合わせた正しいブラッシングが虫歯・歯周病予防に必要です。歯周病や虫歯の原因はプラーク(歯垢)です。ほとんどの歯周病が、丁寧なブラッシングによってプラークを取り除くことで予防できるのです。また、程度が軽い歯周病であれば、ブラッシングによって治してしまうこともできます。また、ブラッシングだけでなく、歯ブラシも自分に合ったものを使うことも重要です。人それぞれ口の大きさが違います。それぞれに適した歯ブラシで磨くことも予防の第一歩です。当院ではブラッシング指導も行っておりますので、お気軽にお尋ねください。

歯医者が予防歯科をすすめる理由
私たちは歯の治療を始める前や、歯の治療が終わった後に予防歯科の話をさせていただきます。予防歯科は虫歯や歯周病が進行しないように予防することです。なぜ私たちが予防歯科についてお話させていただくには大切な理由があります。それは一時的な虫歯や歯周病の治療を終わっても歯の健康がすぐに悪くなることを知っているからです。
超音波スケーラー
1歯の治療で劣化しにくい材料は金合金やセラミックです。しかし、これらの治療は保険外診療となり費用がかかります。また、根管治療や歯周病治療も専門的な精度の高い治療を行おうとすれば、保険診療内では難しくなります。そのため予防歯科で虫歯や歯周病にならないようにしていくことは、お金の節約にもなるのです。

2歯には噛んだ時に硬いものや軟らかいもの、熱さや冷たさなどを感じることができます。歯を失い入れ歯になってしまうと、噛む力は自分の歯に比べ30%〜40%程度になり、注意して噛まないと入れ歯が割れたり、入れ歯のフックをかけている歯にダメージが加わります。また、歯がない方は歯がある方に比べ認知症のリスクが高くなるという報告もあります。予防歯科で歯をできるだけ残している方は将来の健康寿命も伸びるのです。  


Posted by koikenina at 11:48Comments(0)