健康、生活 › 2018年04月09日

2018年04月09日

口内の状態は、歯並びや歯の大きさ、補綴物の有無や歯の欠損数など、患者様によって大きく異なります

虫歯や歯周病になってしまった歯を治療することではなく、「歯を病気から守ること」が歯科医院にとって最も大切な役割でありという考えが、「予防歯科」の原点です。
病気になりにくい口内環境をつくり、虫歯や歯周病などの病気も初期段階で発見することができれば、治療で歯を削ったり抜いたりする必要はなくなります。初期であれば治療期間も短く、歯への負担や費用も抑えることができます。医院では、患者様の歯やお口の健康を長く維持するための様々な処置を行なっています。
光照射器
PMTC(歯の清掃)・フッ素塗布
PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、歯科のプロである歯科医師や歯科衛生士が、専用の器具と研磨剤を使って歯全体を徹底的に清掃し、歯垢を除去します。PMTCを行なうことで、毎日の歯磨きでは除去しきれない歯と歯の隙間などに溜まった歯垢も、すっきりと除去することができます。清掃した後は歯の表面を研磨し、フッ素を塗布します。フッ素には、虫歯の原因菌が産出する酸への抵抗力を高める効果があります。

 歯石の除去
歯に付着した食べカスをエサとして毒素を出しながら増殖する白い細菌の固まりのことを歯垢といいますが、この歯垢が唾液に含まれるカルシウムの作用で石灰化し、硬くなったものが歯石です。歯石も歯周病の原因となる細菌の固まりですが、歯石は歯磨きでは除去することができないため、専用の器具を使って歯の根元や歯と歯肉の隙間に付着した歯石を取り除きます。
オートクレーブ 価格
ブラッシング(歯磨き)指導
口内の状態は、歯並びや歯の大きさ、補綴物の有無や歯の欠損数など、患者様によって大きく異なります。そして、口内の状態によってブラッシングの仕方や使う清掃道具も異なるため、患者様お一人おひとりのお口に適したブラッシングや口腔ケアの方法、清掃道具の選び方を指導させていただきます。患者様ご自身によって適切にケアをしていただいてこそ、歯科医院での予防処置はその効果を発揮することができます。  


Posted by koikenina at 15:48Comments(0)

2018年04月09日

「歯茎が赤く腫れている」「歯磨きすると血が出る」といった症状がある場合には、歯周病が疑われます

日本人の国民病と呼ばれる歯周病は、実は成人の約8割がかかっているか、予備軍であるといわれています。歯周病が進行すると、歯を支える顎の骨や歯茎が溶かされていき、歯はどんどんグラグラして最終的には抜け落ちてしまうことに――。大切なのは、早期発見・早期治療です。できるだけ早く進行を食い止め、大切な歯を守っていきましょう。
光照射器
あなたも歯周病かもしれません
以下のセルフチェックで、当てはまる項目をチェックしてみましょう。チェック数が多いほど歯周病の可能性が高くなります。
歯みがきのときに歯ぐきから血が出ることがある
歯ぐきが腫れて、赤紫色に変色している
 歯ぐきがムズムズする
 歯と歯の間に物が詰まりやすくなった
硬い物を咬むと歯が痛いことがある
歯ぐきから出血することがある
口臭が気になるようになった
 朝起きたとき、口の中のねばつきが気になる
歯を舌や指で押すとグラグラ動く
 歯ぐきに膿ができている
 歯が長くなった気がする
オートクレーブ 価格
PMTCでバイオフィルムを徹底除去
施術後にはお口の中に爽快感が広がる
お口の中には虫歯菌や歯周病菌など、たくさんの細菌が潜んでいます。これらがお互いに結びつくと粘着性のあるバイオフィルムとなります。このバイオフィルムは歯の周りをすっぽりと覆い、この上からプラークが付着すると、虫歯や歯周病を引き起こします。
バイオフィルムは歯みがきでは落ちません。これを完全に取り除いてくれるのが、歯科医師や歯科衛生士が行う

PMTC(Professional mechanical tooth cleaning)です。
PMTCは専用器具を使ったプロによる歯のクリーニングです。
歯の表面の汚れや歯周ポケット内側の歯の根の表面に付着している歯石・バイオフィルムまで除去できます。
処置後はフッ素入りジェルで歯のコーティング&トリートメントをします。歯の表面がツルツル、口腔内には爽快感が広がり、虫歯や歯周病の予防効果もあります。虫歯になりやすい方、あるいはメンテナンス中の方は、ぜひ一度、お試しください。
  


Posted by koikenina at 12:21Comments(0)