健康、生活 › 2018年04月12日

2018年04月12日

生えたての奥歯は弱く、虫歯に冒されやすい状態にあります。

歯医者は「治療」にいくところというイメージをお持ちの方も多いかと思います。しかし、虫歯治療では、虫歯の進行をとめて虫歯部分を補うことはできても、削った歯を元に戻すことはできません。虫歯や歯周病などの感染症は原因がはっきりしているため、適切な処置を行うことで予防できる病気です。病気にかかる前に未然に防ぐことは、お口の健康を保つのにとても有効。「治療よりも予防」という意識を持つことで、一生涯にわたって自分の歯で過ごせる可能性が高まります。

歯の汚れは虫歯や歯周病の原因になります
お口の中の細菌が集まることで、歯の表面には「バイオフィルム」という膜が形成されます。その中で虫歯菌や歯周病菌が増殖すると、虫歯や歯周病になります。このバイオフィルムは、ご自宅でのブラッシングだけでは取り除くことが難しく、殺菌剤や抗生剤なども跳ね返してしまう強固なものです。そんなバイオフィルムの除去に効果的なのが、歯科医院で行う歯のクリーニング「PMTC」です。バイオフィルムは3~4ヵ月スパンで形成されるといわれており、バイオフィルムができる前に定期検診を受けて歯のクリーニングをすることで、虫歯や歯周病を予防できます。
歯科器具
シーラント
生えたての奥歯は弱く、虫歯に冒されやすい状態にあります。シーラントとは、虫歯になるのを予防するために、あらかじめ歯の溝をキレイに洗浄し、薬をつめて、虫歯を防ぐ予防処置です。

PMTC
PMTCとは、専門家による特殊な器具を用いた歯の清掃プログラムのことです。虫歯などの原因は、口の中の細菌です。歯の表面では、細菌がバイオフィルムと呼ばれる幕を形成し、歯磨きでは取りきれない状態です。PMTCでは、特殊な器具と薬を用いて、そのバイオフィルムを除去し、さらに歯の表面にフッ素やミネラル成分を塗布し、虫歯や歯周病から歯を守ります。PMTC後は、お口の中が、ツルツルで爽快感を実感できます。
光照射器
フッ素塗布
フッ素は土の中や水の中にも含まれている成分です。緑茶やワカメ・エビなどにも含まれており、体に入っても問題はありません。フッ素には、歯質の強化・歯の再石灰化・細菌の抑制の効果が期待できます。歯科医院でのフッ素塗布と併用して、お家でもフッ素入りの歯磨き粉やジェルを用いることで、さらに高い予防効果が期待できます。
  


Posted by koikenina at 12:15Comments(0)

2018年04月12日

「8020運動」というものをご存知でしょうか?

これは「80歳で20本以上の歯を残そう」という厚生労働省及び日本歯科医師会により推進されている運動です。予防先進国であるスウェーデンでは、すでに達成されています
が、日本の現状は「8010」、すなわち80歳での残存歯数は平均約10本です。一方、スウェーデンと日本の歯科定期受診率を比較してみますと、スウェーデンが80%~90%であるのに対し、日本はわずか10%以下となっています。

この差が残存歯数の差となって表れているのです。
つまり先述のように、セルフケアに加えてプロフェッショナルケアを徹底することにより、より多くの歯を残すことが可能になるのです。1本でも多くの歯を残すのが我々歯科医師の使命です。QOL(生活の質)向上のため、皆さまと共に努力してまいりたいと考えております。
ポータブルレントゲン
3DS
一般に虫歯になり易い方、歯周病になり易い方がいらっしゃるかと思います。院長はその原因を解明すべく研究を行って参りました。その結果、虫歯菌(う蝕原性細菌)の多い方は虫歯になり易く、対照的に歯周病になりにくいこと、また、歯周病原細菌の多い方は歯周病になり易く、対照的に虫歯になりにくいこと、さらに歯周病治療を行うと、歯周病原細菌が減るのに反比例して虫歯菌が増えることが分かりました
 
このように、虫歯、歯周病両疾患には、ある特定の細菌が関与しており、その量が多ければ多いほどリスクが高いということになります。特に高リスクの方の場合、一般的な治療のみでは再発のリスクが高く、より原因除去に特化した治療法が必要となります。そのような場合に有効なのが3DSです。
マイクロモーター
唾液検査(サリバテスト)
唾液検査によって、お口の中の細菌の種類や数、唾液の質と量などを調べて、患者様に効果的なむし歯予防法をご提案します。
自分の虫歯に対するリスクを知ることで、自分に合った予防を行なっていくことができます。
家庭でできる予防
毎日のブラッシングをしっかりと行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げることができます。
ただし、歯ブラシだけでは歯間の汚れを取ることが難しいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかりと汚れを除去することが理想です。  


Posted by koikenina at 11:35Comments(0)