健康、生活 › 2018年04月18日

2018年04月18日

虫歯や歯周病は感染症の一種です。そのため睡眠不足やストレスなどにより免疫力が低下すると感染しやすくなり悪化が進みます

虫歯、歯周病、歯が抜け落ちる、歯が黄ばんでしまった、など歯は放っておくと様々な問題が発生します。こうなってしまう前の予防がとても大切です。 虫歯の主な原因は食べカス(歯垢)です。歯垢(プラーク)が糖分を材料にして歯を溶かし虫歯の主な原因を作りだしております。 正しい歯磨き(ブラッシング)や普段の食生活からの糖分削減などのセルフケアが有効です。

プロによる歯のクリーニング(PMTC)
PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」当院の衛生士による、プロのクリーニングです。 専用器具を使用し、歯と歯の間の歯垢や細菌の塊などの除去口腔内の清掃です。
歯科医療機器
咬み合わせチェック
咬み合わせが乱れていると汚れがたまりやすくなり、偏った力がかかる部分ができて、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。咬み合わせをチェックして、必要に応じて被せ物や詰め物などを調整したり、矯正治療を行ったりします。

生活習慣の指導
虫歯や歯周病は感染症の一種です。そのため睡眠不足やストレスなどにより免疫力が低下すると感染しやすくなり悪化が進みます。喫煙なども歯周病の誘発要因です。普段の生活についておたずねし、必要に応じて生活習慣のアドバイスをさせていただきます。

予防歯科の重要性
最近では「歯が痛くなった時だけ歯科医院に行く」と考えられていますが、しかし、歯は治療する度にダメージを蓄積しもろくなってしまいます。ご自分の歯を長く使うためには、発症する前に予防するのが1番です。近年では、歯科医院は「予防のために行く」という考え方が広まっています。
光照射器 歯科
予防歯科を受診すれば、虫歯や歯周病などの歯のトラブルを未然に防げ、天然歯を削ったり抜いたりしなくて済みます。皆さんもこれまでの認識を変え、積極的に予防歯科を受診しましょう。

私たち日本人のほとんどは、歯科医院の役割が治療だけだと思っています。対し世界では最近予防のために歯科医院を利用する事は当たり前になっています。歯科医院が治療だけと思っているのは日本人だけの様です。予防歯科のポイントは、定期的に通うこと。定期的に口腔内のチェックを行うことでお口のトラブルやその兆候を見逃さず、もし治療が必要になったとしても、早期のうちに対処が可能になり、ダメージを最小限に抑えます。
さらに、専門的な予防処置で口腔内の衛生状態を常に一定に保ちます。予防歯科はお口のトラブル回避にとても大切な役割を果たしているのです。  


Posted by koikenina at 12:43Comments(0)

2018年04月18日

これまで、虫歯や歯周病を治すためというイメージの強かった歯科医療

「歯医者は、歯が痛くなってから治療のために行くところ」とお考えの方も多いでしょう。しかし、治療のために一度でも削ってしまった歯は、どんなに高度な治療を施しても、元の健康な歯には戻りません。どんな病気でも、「治療」より虫歯や歯周病を防ぐための「予防」が大切なのです。体の健康を守るために健康診断を受けるように、歯の健康を守るためにも、ぜひ定期的に「歯科検診」を受けることをおすすめします。

ご自身で鏡を使って口腔内をじっくり観察してみてください。見えない部分がほとんどですね。そのうえ、虫歯や歯周病の初期では痛みなどの自覚症状がないため、自分で病気を見つけ出すことはほぼ不可能。自己チェックには限界があるのです。そのため、ちょっとした口腔内の変化を見逃さないためにも、定期検診でプロの目によるチェックが大変重要です。
タービン 歯科
定期検診で初期のうちに虫歯を発見することができれば、早期治療が可能になり、痛みを感じることもなく簡単かつ短期間のうちに治療を終えることができます。身体的・精神的・時間的負担が軽く済み、しかも費用も抑えられます。

また定期検診では、プラークや歯石の除去など、お口の中のクリーニングも受けられるため、施術後はすっきり爽快です。定期検診を受ける目安は、大人の場合は年1~2回、子供の場合は年2~3回となります。ご自身の歯、お子様の歯の健康を守るため、積極的に受診しましょう。

予防歯科の重要性
これまで、虫歯や歯周病を治すためというイメージの強かった歯科医療。しかし近年では、お口の中を健康な状態に保つことで虫歯や歯周病をつくらないための歯科医療「予防歯科」が注目されています。当院では、毎日のご自宅でのプラークコントロールや、定期的な歯科医院でのクリーニングを、正しい食生活や生活習慣のアドバイスなどを行いながら、患者さんそれぞれに合わせた予防プログラムをご提供させていただきます。
口腔内カメラ
PMTC
歯面に出来てしまった傷は、専用の歯面清掃用具・研磨用ペーストでクリーニング(PMTC)をすることで修復できます。PMTCとは保険治療で行う歯石除去とは違い、虫歯や歯周病のリスクとなる部位の清掃のことです。また、普段の歯磨きでは磨ききれない所のクリーニングや歯面の傷の修復は、虫歯や歯周病の治療ではなく、予防にあたるので保険適用外となります。しかし歯石除去をメインとする保険治療と、リスク部位を徹底的にケアするPMTCを上手に取り入れることで健康な口腔内を維持することができるのです。  


Posted by koikenina at 12:03Comments(0)