健康、生活 › 2018年04月20日

2018年04月20日

メンテナンスの目的は、プラークコントロールです。

「治療」よりも「予防」を虫歯や歯周病(歯槽膿漏)は、予防することが可能です。
また虫歯も歯周病(歯槽膿漏)も、早期発見・早期治療によって歯を残せる可能性が高まります。そのため、当クリニックでは歯の痛みや歯肉(歯茎)の腫れなどの自覚症状がない方でも、定期的に虫歯・歯周病(歯槽膿漏)のチェックを受けられることをおすすめしています。特に小さなお子様の場合、痛くなる前に「歯医者さん通い」を習慣づけることで、「歯医者は怖い」「歯の治療は痛い」という歯医者嫌いをなくせるというメリットがあります。
ユニファスト
プラークコントロール
メンテナンスの目的は、プラークコントロールです。
プラークコントロールとは、お口の中に虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の原因となるプラーク(歯垢)が溜まりにくくなるようにすることです。プラークは食べ物のかすではなく、細菌の塊です。ねばねばと歯の表面に貼りついているプラークは、マウスウォッシュで口をすすぐだけでは除去できず、ブラッシング(歯磨き)を中心としたプラークコントロールをしっかりと行うことが大切です。

プラークコントロールは患者様ご自身で行っていただくブラッシング(歯磨き)がメインとなりますが、ブラッシング(歯磨き)では落とせない汚れは歯科医院で行うクリーニングやPMTCで落とす必要がありますし、磨き残しから歯石がたまって来ていれば、歯石除去(スケーリング)を行う必要があります。

PMTC
Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、資格を有する専門家(主に歯科衛生士)が専用の機器を使って行う歯のクリーニングです。毎日の歯磨きだけでは落ちない汚れを機械的に落とします。歯周ポケットの中の汚れも落とすことが出来ますが、歯石の除去や歯に沈着した色素を落とすことは出来ません。ブラッシング(歯磨き)の補助的なものとお考えいただき、歯石除去をご希望の方はスケーリングをお申し込みください。※歯石が付着している場合は、PMTCを行うことが出来ません。まず最初に歯周病検査とスケーリングを受けていただく必要があります。
エアーモーター
歯石除去(スケーリング)
磨き残したプラークは時間が経つと石灰化して歯石に変わり、ブラッシングでは落とせなくなります。歯の表面にこびりついた歯石はクリーニングやPMTCでは除去できませんので、超音波スケーラーや手動のスケーラー(ハンドスケーラー)を使うスケーリングで取り除いて行きます。歯石自体は虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の原因とはなりませんが、歯石が付着していることで歯垢が溜まりやすくなり、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の発症リスクが高まります。また歯周病(歯槽膿漏)治療は、プラークコントロールと歯石除去が中心となります。
  


Posted by koikenina at 15:30Comments(0)

2018年04月20日

歯周病を予防するには歯周病の原因であるプラーク(歯垢)を除去することが一番重要になってきます

現代の歯科医療が目指す「予防」は、お口の条件を整えて虫歯にならないようにすること、よく手入れされた健康な歯肉を保つことです。虫歯も歯周病も「生活習慣病」といわれています。虫歯になった歯を治療しても、原因を取り除かずにそのまま放っておいたら、また同じところが虫歯になります。

歯周病も、生活習慣を改め、定期的にプロのクリーニングを受けて、原因除去に努めなければ、再発を繰り返してしまいます。なぜ虫歯になったのかを分析する、なぜ歯周病が繰り返されるのかを分析することが必要です。それらの結果をもとに、磨き方が悪かったのなら正しい磨き方の指導を、食生活に原因があれば正しい食事指導を行うことも「予防」です。そして何より「予防」に欠かせないのは、病気の原因となる細菌を除去しお口の状態を良くする、プロによる定期的なケアなのです。
歯科 マイクロスコープ
歯周病を予防するには歯周病の原因であるプラーク(歯垢)を除去することが一番重要になってきます。プラークは食事するたびに歯に付着しますので、毎日、または毎食後、自分で歯磨き、歯間ブラシ、デンタルフロスなどで丁寧に、そして確実に除去することでプラークコントロールする事が可能ですが、すでに歯周病にかかっている方は歯周ポケットが深くなっているため、歯周ポケットに入り込んだプラークを自分で除去する事は難しいので歯科医院でプラークを除去してもらわなければなりません。どうしても、上手く磨けているようでもほとんどの方は磨き残しもあるので、家庭で毎日行うセルフケアと共に歯科医院で行うプロケアが必要です。歯周病は再発しやすい疾患です。定期的な検診を受けて歯周病の状態や管理、正しいブラッシング方法を教えてもらいましょう。
集塵機歯科
プロによるクリーニング「PMTC」とは?
毎日の歯磨きで隅々までしっかり磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所や汚れがたまりやすい所があります。普段のブラッシングで磨けていない歯のクリーニングを歯科衛生士が専門的な器械を使って行うのがPMTCです。

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師・歯科衛生士のお口の専門家が歯垢(プラーク)や歯石を除去し、バイオフィルムをつきにくくするクリーニングのことをいいます。PMTCには、虫歯予防や歯周病の予防や改善、歯質の強化とともに歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つなどの効果があります。  


Posted by koikenina at 13:05Comments(0)

2018年04月20日

「治療」よりも「予防」を虫歯や歯周病(歯槽膿漏)は、予防することが可能です

また虫歯も歯周病(歯槽膿漏)も、早期発見・早期治療によって歯を残せる可能性が高まります。そのため、当クリニックでは歯の痛みや歯肉(歯茎)の腫れなどの自覚症状がない方でも、定期的に虫歯・歯周病(歯槽膿漏)のチェックを受けられることをおすすめしています。特に小さなお子様の場合、痛くなる前に「歯医者さん通い」を習慣づけることで、「歯医者は怖い」「歯の治療は痛い」という歯医者嫌いをなくせるというメリットがあります。

プラークコントロール
メンテナンスの目的は、プラークコントロールです。
プラークコントロールとは、お口の中に虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の原因となるプラーク(歯垢)が溜まりにくくなるようにすることです。プラークは食べ物のかすではなく、細菌の塊です。ねばねばと歯の表面に貼りついているプラークは、マウスウォッシュで口をすすぐだけでは除去できず、ブラッシング(歯磨き)を中心としたプラークコントロールをしっかりと行うことが大切です。
光照射器
プラークコントロールは患者様ご自身で行っていただくブラッシング(歯磨き)がメインとなりますが、ブラッシング(歯磨き)では落とせない汚れは歯科医院で行うクリーニングやPMTCで落とす必要がありますし、磨き残しから歯石がたまって来ていれば、歯石除去(スケーリング)を行う必要があります。

PMTC
Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、資格を有する専門家(主に歯科衛生士)が専用の機器を使って行う歯のクリーニングです。毎日の歯磨きだけでは落ちない汚れを機械的に落とします。歯周ポケットの中の汚れも落とすことが出来ますが、歯石の除去や歯に沈着した色素を落とすことは出来ません。ブラッシング(歯磨き)の補助的なものとお考えいただき、歯石除去をご希望の方はスケーリングをお申し込みください。※歯石が付着している場合は、PMTCを行うことが出来ません。まず最初に歯周病検査とスケーリングを受けていただく必要があります。
オートクレープ
歯石除去(スケーリング)
磨き残したプラークは時間が経つと石灰化して歯石に変わり、ブラッシングでは落とせなくなります。歯の表面にこびりついた歯石はクリーニングやPMTCでは除去できませんので、超音波スケーラーや手動のスケーラー(ハンドスケーラー)を使うスケーリングで取り除いて行きます。歯石自体は虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の原因とはなりませんが、歯石が付着していることで歯垢が溜まりやすくなり、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の発症リスクが高まります。また歯周病(歯槽膿漏)治療は、プラークコントロールと歯石除去が中心となります。  


Posted by koikenina at 12:22Comments(0)