健康、生活 › 2018年04月23日

2018年04月23日

患者さんの歯並びに合わせて適切なブラッシング法を指導します

虫歯や歯周病に対する治療方法はありますが、残念ながら完全に元の状態に戻すことはできません。また、経済的にも身体的にも大きな負担となります。定期検診やクリーニングといった予防を続けていれば、虫歯・歯周病の原因自体を取り除くことができます。

また、万が一これらの病気が見つかったとして、簡単な処置で済みます。ぜひ、歯科クリニックは「歯に何かトラブルが起きた時に行くところ」ではなく、「良い状態を維持するために行くところ」であるとご認識いただき、まずは一度、予防のためにご来院いただければと思います。
ニッケルチタンファイル
予防・メンテナンスの方法
ブラッシング指導
患者さんの歯並びに合わせて適切なブラッシング法を指導します。磨き残しになりやすい部分を知り、適切な歯磨きを続けていくことが大切です。
フッ素塗布
フッ素を塗ることで、虫歯になりにくい強い歯にします。特にお子さんの虫歯予防には有効です。
クリーニング
歯磨きでは落としきれないプラークや歯石などの汚れを、きれいに除去します。また、着色汚れも落とすことができます。
シーラント
奥歯の溝にプラスチック素材を詰めることで、虫歯を予防します。主にお子さんの6歳臼歯(前から6本目の永久歯)が生えてきた時に実施します。
検診
虫歯や歯周病はないか、治療した箇所に問題が起きていないか、噛み合わせは正常か…といったことを確認します。
生活習慣指導
患者さんの普段の食生活や睡眠などについて、歯科医療の見地からアドバイスを行います。歯の健康も、生活習慣が密接に関係しています。
マイクロスコープ 歯科
ブラッシング指導
虫歯や歯周病予防の基本であるブラッシングですが、自分ではしっかり磨けているつもりでも実際にはまったく磨けていない、というケースも珍しくないため、歯科医や歯科衛生士の指導によって正しい歯磨きの方法を教わり、日常でのケアを万全なものにします。

スケーリング&SRP(スケーリング・ルートプレーニング)
“スケーリング”とは、超音波スケーラーなどを使用して、歯肉や歯周ポケットに入り込んだ歯垢や歯石を取り除く治療法になり、痛みが少ないのが特徴です。
歯垢や歯石を取り除いた後の歯根の表面はザラザラしているため、スケーリングのあとに“ルートプレーニング”を行い歯根の表面を滑らかにしておくことで、歯垢がつきやすくなるのを防ぎます。  


Posted by koikenina at 15:19Comments(0)

2018年04月23日

予防歯科では、専門家である歯科医や歯科衛生士がクリーニングを行い、お口の中をスッキリきれいにします

ほとんどの方が、虫歯治療に歯医者さんへ行ったことがあるでしょう。
しかし、治療後はどうしていますか? 定期検診の時期をご案内している歯医者さんもあると思いますが、実際に検診に行っている方はどのくらいいるのでしょうか? 

虫歯になって治療した歯は、ケアを怠ると虫歯を再発する可能性が高くなります。さらに、歯周病になってしまうかもしれません。そこで、定期検診が重要になります。「痛くもないのに検診なんて」と思うかもしれませんが、痛くなったときには、かなり進行しています。虫歯の再発、歯周病を予防するために、定期検診を受けて、常にお口の中の環境が良くなるように心がけましょう。
マイクロモーター
予防歯科のメリット
予防歯科では、専門家である歯科医や歯科衛生士がクリーニングを行い、お口の中をスッキリきれいにします。いつもの歯みがきでは取れない汚れもしっかり取り除かれるため、口臭の改善も期待できます。

虫歯や歯周病は痛くなってから気が付くことが多いですよね。でも、気付いてから治療を始めても、少なからずダメージを受けてしまいます。治療を繰り返すと、最悪の場合歯を失ってしまうことも。定期的に予防処置をすることで、虫歯や歯周病になりにくくなり、治療後の再発防止にもつながり、健康な状態を長く保てるようになります。

進行した虫歯や歯周病の治療の場合、治療時間が長くなり、身体的な負担や費用も多くなります。しかし、定期的にお口の中をチェックすることで早期発見が可能になり、治療時間はもちろん、身体的な負担やかかる費用も軽減できます。特に費用面に関しては、49歳を過ぎた方の場合でいうと、検診を受けている人のほうが平均より年間総医療費が少なくなります。さらに65歳を過ぎると、検診を受けている人のほうが受けていない人よりも15万円も負担が少ないという調査結果(トヨタ関連部品健康保険組合、豊田加茂歯科医師会)が発表されています。早くから定期検診を受けていれば、お口の健康を保てるうえに、医療費負担の軽減が見込めるのです。
コントラ 歯科
歯みがき指導
毎日歯みがきは欠かさないのになぜか虫歯になってしまうという方は、正しい歯みがきができていないかもしれません。お口の環境や年齢によってみがき方は違います。正しい歯みがき方法を覚えてお口の中の環境を整えましょう。

クリーニング(PMTC)
予防の専門家である歯科衛生士が、毎日の歯みがきでは取れない汚れやプラーク・歯石を、専用の器具を使ってきれいに取り除きます。最後に表面をみがきあげることでツルツルした歯になり、汚れも付きにくくなります。  


Posted by koikenina at 12:29Comments(0)

2018年04月23日

虫歯や歯周病に対する治療方法はありますが、残念ながら完全に元の状態に戻すことはできません

また、経済的にも身体的にも大きな負担となります。定期検診やクリーニングといった予防を続けていれば、虫歯・歯周病の原因自体を取り除くことができます。

また、万が一これらの病気が見つかったとして、簡単な処置で済みます。ぜひ、歯科クリニックは「歯に何かトラブルが起きた時に行くところ」ではなく、「良い状態を維持するために行くところ」であるとご認識いただき、まずは一度、予防のためにご来院いただければと思います。
歯科 鉗子
予防・メンテナンスの方法
ブラッシング指導
患者さんの歯並びに合わせて適切なブラッシング法を指導します。磨き残しになりやすい部分を知り、適切な歯磨きを続けていくことが大切です。
フッ素塗布
フッ素を塗ることで、虫歯になりにくい強い歯にします。特にお子さんの虫歯予防には有効です。
クリーニング
歯磨きでは落としきれないプラークや歯石などの汚れを、きれいに除去します。また、着色汚れも落とすことができます。
シーラント
奥歯の溝にプラスチック素材を詰めることで、虫歯を予防します。主にお子さんの6歳臼歯(前から6本目の永久歯)が生えてきた時に実施します。
検診
虫歯や歯周病はないか、治療した箇所に問題が起きていないか、噛み合わせは正常か…といったことを確認します。
生活習慣指導
患者さんの普段の食生活や睡眠などについて、歯科医療の見地からアドバイスを行います。歯の健康も、生活習慣が密接に関係しています。
パルスオキシメーター
ブラッシング指導
虫歯や歯周病予防の基本であるブラッシングですが、自分ではしっかり磨けているつもりでも実際にはまったく磨けていない、というケースも珍しくないため、歯科医や歯科衛生士の指導によって正しい歯磨きの方法を教わり、日常でのケアを万全なものにします。

スケーリング&SRP(スケーリング・ルートプレーニング)
“スケーリング”とは、超音波スケーラーなどを使用して、歯肉や歯周ポケットに入り込んだ歯垢や歯石を取り除く治療法になり、痛みが少ないのが特徴です。
歯垢や歯石を取り除いた後の歯根の表面はザラザラしているため、スケーリングのあとに“ルートプレーニング”を行い歯根の表面を滑らかにしておくことで、歯垢がつきやすくなるのを防ぎます。  


Posted by koikenina at 11:56Comments(0)