健康、生活 › 2018年04月24日

2018年04月24日

むし歯や歯周病の予防には、歯ブラシで歯と歯肉の隙間を磨くことが大切です。

歯を失った場合に考えられる対処として、古くから用いられてきた入れ歯やブリッジという治療法は、どうしても残された歯に負担がかかることを避けられません。また、一時的には噛めるようになっても、長い目で見ると徐々に歯を失っていくという流れを変えることはできないのが事実です。

インプラントは唯一その流れを遅らせることができる治療法ではありますが、ご自身の歯と全く同じ感覚を取り戻すことは難しく、メンテナンスも天然歯より手間がかかります。
ご自身のかけがえのない歯をできるだけ長く使い続けるためには、やはり予防の意識をしっかり持って定期的な管理をしていくことが大切です。
超音波スケーラー
予防歯科で期待できる効果
しっかりとした予防歯科で口内の環境を良い状態に維持することは、むし歯や歯周病を未然に防いで治療の必要性を省き、大切なご自身の歯を長持ちさせる以外にも、歯周病が引き起こすといわれる心疾患や脳血管疾患、糖尿病などの全身的な疾患や口臭を防ぐことにも繋がります。定期的にクリーニングを受けていると歯の自然な白さを保つことができ、口元がすっきりと綺麗になることで人に与える印象が良くなるという効果も見込めます。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
むし歯や歯周病の予防には、歯ブラシで歯と歯肉の隙間を磨くことが大切です。
しかし最近もう1つむし歯や歯周病の予防に大変役に立つことが、この「PMTC」(Professional Mechanical Tooth Cleaning)だと言われるようになりました。
パルスオキシメーター
PMTCは、毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを歯医者さんで専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。
毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。

歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。
治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい人、歯周病の治療が終わっている人、矯正中の人、被せ物やブリッジなどがある人におすすめです  


Posted by koikenina at 14:56Comments(0)

2018年04月24日

歯の欠損部分を自然な形で補いたい

審美歯科とは、従来の歯科がむし歯や歯周病などの病気を治す事が目的としているのに対して、美しさと健康の両方を目的としています。
美しい歯や歯肉が、美しい笑顔を生み出します。
そうすることで、皆様の人生をより豊にできればと考えております。
審美歯科は主に下記の4点に集約されます。
歯を白くしたい
歯並びをキレイにしたい
歯肉を美しくみせたい
歯の欠損部分を自然な形で補いたい
歯科用ハンドピース
セラミック治療
虫歯治療など、歯を削った時等に詰め物や被せ物をしますが、保険がきくのはレジン(プラスチック)や金属といった素材になります。機能としては問題ありませんが、大きく口を開けたときにどうしてもギラギラと見えてしまいます。そこで、セラミック治療は金属やレジンの代わりにセラミックやハイブリッドとよばれる自然歯に近い色調や透明感をもった素材を使用します。驚くほど自然な仕上がりで、また、セラミックは陶器ですので、強度も高く、金属アレルギーもありませんので、安心して装着することができます。

ラミネートベニア法
歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。ホワイトニングと比較して、 治療後の変色や着色もほとんどありません。

セラミックインレー
審美歯科に使用されるセラミックインレーとは、虫歯治療などで虫歯による浸食部分を削った後に、セラミックを詰める治療法です。一般的には銀歯を詰めますが、自然歯に近い色調を持つセラミックを詰めることで、自然な外観を維持する事が可能です。又、陶質であるセラミックは金属アレルギーを起こす事が無く、安心して治療を受けられるメリットもあります。
スリーウェイシリンジ
オールセラミック
オールセラミックとは、全てセラミック陶材で作成された歯を指します。自然な光を透過する優れた美しさを演出する理想的な材料です。金属を一切使用しないので金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。従来のセラミックの差し歯は、金属を使用していたので歯肉の色が黒ずんでしまいましたが、オールセラミックを使用することで黒ずみのない歯肉になります。体に優しい材質なので違和感もなく、自然な白い輝く歯に変身が可能です。  


Posted by koikenina at 12:41Comments(0)

2018年04月24日

歯を失った場合の治療方法のリスク

歯を失った場合に考えられる対処として、古くから用いられてきた入れ歯やブリッジという治療法は、どうしても残された歯に負担がかかることを避けられません。また、一時的には噛めるようになっても、長い目で見ると徐々に歯を失っていくという流れを変えることはできないのが事実です。

インプラントは唯一その流れを遅らせることができる治療法ではありますが、ご自身の歯と全く同じ感覚を取り戻すことは難しく、メンテナンスも天然歯より手間がかかります。
ご自身のかけがえのない歯をできるだけ長く使い続けるためには、やはり予防の意識をしっかり持って定期的な管理をしていくことが大切です。
ポータブルレントゲン
予防歯科で期待できる効果
しっかりとした予防歯科で口内の環境を良い状態に維持することは、むし歯や歯周病を未然に防いで治療の必要性を省き、大切なご自身の歯を長持ちさせる以外にも、歯周病が引き起こすといわれる心疾患や脳血管疾患、糖尿病などの全身的な疾患や口臭を防ぐことにも繋がります。定期的にクリーニングを受けていると歯の自然な白さを保つことができ、口元がすっきりと綺麗になることで人に与える印象が良くなるという効果も見込めます。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
むし歯や歯周病の予防には、歯ブラシで歯と歯肉の隙間を磨くことが大切です。
しかし最近もう1つむし歯や歯周病の予防に大変役に立つことが、この「PMTC」(Professional Mechanical Tooth Cleaning)だと言われるようになりました。
スリーウェイシリンジ
PMTCは、毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを歯医者さんで専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。
毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。

歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。
治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい人、歯周病の治療が終わっている人、矯正中の人、被せ物やブリッジなどがある人におすすめです  


Posted by koikenina at 11:58Comments(0)