健康、生活 › 2018年04月25日

2018年04月25日

虫歯や歯周病の予防のためには毎日のご自宅でのブラッシングによるケアが欠かせません

虫歯や歯周病はその原因がわかっているため予防ができる感染症です。その方法はお口の汚れをしっかり落とすこと。そのためには毎日のブラッシングが基本となりますが、どんなに丁寧にみがいていても落としきれない部分が残ります。そこで必要になってくるのが、歯科医院での歯のクリーニングです。

3ヶ月に1回ほど定期検診を受け、口腔衛生のプロフェッショナルにお口の中をきれいにしてもらうことがトラブルを未然に防ぐことにつながります。そして虫歯や歯周病の早期発見・早期治療にも役立ちます。歯科予防の意識の高い欧州諸国では、歯科医院への来院目的のほとんどが「歯のクリーニングをするため」です。この「予防」意識が年齢を重ねてからの歯の残存歯数にも影響しているようです。「治療」よりも「予防」に重点を置く――これが歯の健康のための近道だといえるでしょう。
歯科器具中古販売
予防歯科の重要性
予防歯科とは、病気にかかってから対処する対症療法ではなく、病気を未然に防ぐために生まれた分野です。そしてこの予防歯科の柱といえるのが定期検診といえます。

虫歯や歯周病の予防のためには毎日のご自宅でのブラッシングによるケアが欠かせません。どんなにしっかりみがいていると思っていても、実際にはきちんとみがけていない部分があるかもしれません。そして気づかないうちにお口のトラブルが発生するのです。そうなってしまわないように定期的に歯科医院を受診し、プロフェッショナルの目でお口をチェックしてもらうことが大切なのです。
ハンドピース
PMTC
歯科医師や歯科衛生士が、専門の器具とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯のクリーニングです。ふだんのブラッシングでは、なかなか落とすことが難しい歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝のプラークや歯石を徹底的に除去。仕上げに歯をツルツルにみがき、汚れの再付着をしにくくすることにより虫歯や歯周病を防ぎます。口臭の予防にも役立ち、歯の軽い色素沈着も除去できるので、自然な歯の白さを取り戻すことができます。
  


Posted by koikenina at 16:06Comments(0)

2018年04月25日

そして、一度、治療した歯を再治療する際には、さらに大きく歯を削る必要があります。

「虫歯になっても、削って治療をすればよくなる」 このように考えている方は多いのではないでしょうか。
確かに、虫歯の部分を削り取り、硬い金属の詰め物・かぶせ物をすると、何だか以前よりも丈夫になった感じがしますよね。 しかし、残念なことに、歯は治療すればするほど悪くなります。

あまり知られていない事ですが、お口の中というのは非常に過酷な環境に置かれています。熱い食べ物、冷たい飲み物が絶えず入ってきますし、物を噛み砕く際は、歯と歯がはげしくぶつかり合います。この厳しい環境が原因で、「歯」と「詰め物・かぶせ物」の間には目で確認できないほどの小さな隙間がどうしても生じてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、虫歯が再発することになるのです。 
歯科レントゲン
そして、一度、治療した歯を再治療する際には、さらに大きく歯を削る必要があります。
この再治療のサイクルを繰り返してしまうと、最終的には削る歯もなくなり、抜歯、そしてインプラント・入れ歯・ブリッジの流れをたどることとなってしまいます。このことを裏付けるデータとして、成人の方の虫歯治療の70~80%は、新たにできた虫歯の治療ではなく、過去に治療した歯の再治療であると言われています。 1度治療した歯は強くなったのではなく、弱くなったという認識が大切です。治療後、虫歯再発とならないために、予防・メインテナンスの正しい知識を持ち、少しだけこれまでと違う行動をとることが大切となります。

PMTCとは
PMTCは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の頭文字を取った言葉で、専門的な機械を用いた歯のクリーニングのことです。細菌の含まれた歯垢(プラーク)を除去し、フッ素を塗布したりトリートメントペーストでみがきあげたりすることで、虫歯や歯周病の予防、歯周病の症状改善、歯質の強化、口臭の予防など、さまざまな効果が期待できます。
歯本来の光沢を取り戻せるので、審美性の向上にもつながります。
マイクロモーター
歯に付着した汚れを、ブラッシングだけですべて取りのぞくことはできません。PMTCなら、ブラッシングでは落とせないバイオフィルムという細菌のかたまりや、蓄積した汚れが石灰化した歯石なども取りのぞくことができます。汚れを取りのぞいたときの、すっきりとした爽快感もPMTCの魅力です。軽度の着色汚れも除去できますので、ご相談ください。歯科医院で定期的なクリーニングと自宅でのケアを組み合わせ、健やかな口腔内環境を維持しましょう。  


Posted by koikenina at 15:33Comments(0)

2018年04月25日

あまり知られていない事ですが、お口の中というのは非常に過酷な環境に置かれています

「虫歯になっても、削って治療をすればよくなる」 このように考えている方は多いのではないでしょうか。
確かに、虫歯の部分を削り取り、硬い金属の詰め物・かぶせ物をすると、何だか以前よりも丈夫になった感じがしますよね。 しかし、残念なことに、歯は治療すればするほど悪くなります。

あまり知られていない事ですが、お口の中というのは非常に過酷な環境に置かれています。熱い食べ物、冷たい飲み物が絶えず入ってきますし、物を噛み砕く際は、歯と歯がはげしくぶつかり合います。この厳しい環境が原因で、「歯」と「詰め物・かぶせ物」の間には目で確認できないほどの小さな隙間がどうしても生じてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、虫歯が再発することになるのです。 
電気歯髄診断器
そして、一度、治療した歯を再治療する際には、さらに大きく歯を削る必要があります。
この再治療のサイクルを繰り返してしまうと、最終的には削る歯もなくなり、抜歯、そしてインプラント・入れ歯・ブリッジの流れをたどることとなってしまいます。このことを裏付けるデータとして、成人の方の虫歯治療の70~80%は、新たにできた虫歯の治療ではなく、過去に治療した歯の再治療であると言われています。 1度治療した歯は強くなったのではなく、弱くなったという認識が大切です。治療後、虫歯再発とならないために、予防・メインテナンスの正しい知識を持ち、少しだけこれまでと違う行動をとることが大切となります。

PMTCとは
PMTCは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の頭文字を取った言葉で、専門的な機械を用いた歯のクリーニングのことです。細菌の含まれた歯垢(プラーク)を除去し、フッ素を塗布したりトリートメントペーストでみがきあげたりすることで、虫歯や歯周病の予防、歯周病の症状改善、歯質の強化、口臭の予防など、さまざまな効果が期待できます。
歯本来の光沢を取り戻せるので、審美性の向上にもつながります。
歯科材料販売
歯に付着した汚れを、ブラッシングだけですべて取りのぞくことはできません。PMTCなら、ブラッシングでは落とせないバイオフィルムという細菌のかたまりや、蓄積した汚れが石灰化した歯石なども取りのぞくことができます。汚れを取りのぞいたときの、すっきりとした爽快感もPMTCの魅力です。軽度の着色汚れも除去できますので、ご相談ください。歯科医院で定期的なクリーニングと自宅でのケアを組み合わせ、健やかな口腔内環境を維持しましょう。
  


Posted by koikenina at 11:53Comments(0)