健康、生活 › 2018年05月01日

2018年05月01日

歯周ポケット検査・歯の動揺度検査

歯周病は日本人の成人約8割が感染、またはその予備軍であると言われている国民病です。治療を行わず放置しそのまま悪化すれば、やがては歯を失います。意外かもしれませんが、歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位でもあるのです。歯周病の初期段階では自覚症状がほとんどないため、早期発見は難しく、歯ぐきから出血する、歯がグラグラしているなど異変に気がついたときには、ある程度進行していると考えられます。

恐ろしい感染症である歯周病とは
歯周病は歯周病菌によって引き起こされる感染症です。歯周病菌は歯にこびりついたプラークや歯石を温床として増殖します。歯周病の初期段階では自覚しにくく、気がついたときには重症化しています
技工機器
歯周病は歯ぐきの炎症、口臭の悪化、歯の動揺など様々な症状を引き起こしますが、やがては顎の骨を溶かし、歯を支える組織を破壊するため、治療を行わなければ歯が抜け落ちてしまいます。歯周病の早期発見・早期治療は大切ですが、同じくらい大切なのは「予防」です。定期検診をしっかりと受け、徹底的なクリーニングで予防に取り組みましょう。

歯周ポケット検査・歯の動揺度検査
歯周病は進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの間にある細い溝が深くなり、重症化すると歯がグラグラと動くようになります。
歯周病の進行は専用器具を使って歯周ポケットの深さを計測し、歯の揺れ具合を見て診断を行います。

レントゲン撮影検査
顎の骨や歯を支える組織の状態はレントゲン撮影で検査します。骨の吸収量を調べ、骨が痩せていないかどうかを調べます。
光照射器

ブラッシング指導
患者様のお口の中は一人ひとり違います。ブラッシングのクセやみがき残しなどをチェックし、効率よくブラッシングができるよう口腔ケアのプロである歯科衛生士が指導します。

フッ素塗布
フッ素は歯の再石灰化を促し虫歯に強い歯質をつくります。虫歯予防はもちろん、ごく初期の虫歯なら、自然治癒も期待できます。  


Posted by koikenina at 15:45Comments(0)

2018年05月01日

歯肉が少し腫れた状態となり、歯磨きの時には出血します

炎症が歯肉に限定されている状態を「歯肉炎」、それ以上に進行し、歯を支えている歯槽骨まで炎症が進んだ状態を「歯周炎」と呼びます。30代以上の成人の8割の人は歯周病に感染していると言われており、気付かないうちに症状が進行する「生活習慣病」となっています。

歯肉炎
炎症は歯肉にとどまり歯茎が腫れただけで、骨やその周辺組織にはまだ問題が起きていない状態です。

軽度
歯肉が少し腫れた状態となり、歯磨きの時には出血します。骨が少し溶け始めますが、痛みはほとんどありません。処置をすれば、正常な状態に戻すことができます。
オートクレーブ滅菌
中度
歯肉の腫れや出血など、歯茎の炎症がさらに悪化し、あごの骨が半分近くまで溶けています。歯と歯茎の境目には歯石が目立ち、指や舌で歯を押すとグラグラします。

重度
歯を支える骨が3分の2ほど失われ、歯はグラグラして硬いものを噛むことができなくなります。あごの骨の大部分が溶けて歯が支えきれなくなると、歯が抜け落ちてしまいます。

歯を失ってしまった場合の治療のリスク
歯を失ってしまうとさまざまな治療を行う必要があります。たとえば、ブリッジは健康な歯を削らなくてはなりませんし、インプラント治療は外科的な処置が必要になります。
さまざまな治療には、小さなものであってもリスクがあります。

歯を失わないための予防処置
予防処置としては、歯科医院での歯周病ケアや歯石の除去、クリーニングなどが挙げられます。予防に関する処置は、患者さまご自身でのケアでは不十分な場合があります。当院では、クリーニングの後に光殺菌処置を行うことで菌の発生を抑えるなど、特徴的な予防処置も行っております。
電気歯髄診断器
定期検診をお勧めしています。
歯の健康を維持するためには、虫歯菌や歯周病菌を定期的に除去する必要があります。

普段のブラッシングでは取れない菌がありますので、歯医者でのケアが必要になります。虫歯や歯周病の原因菌は、3カ月から6カ月程度の周期で除去する必要があるといわれています。当院では、治療終了から6カ月ごとに、お知らせのハガキをお送りしています。
ハガキが来たら、痛みや不具合がなくてもしっかりと診断を受けて、虫歯菌や歯周病菌の温床となっているプラーク(歯垢)や、バイオフィルムの除去などの処置を受けて下さい。  


Posted by koikenina at 11:57Comments(0)