健康、生活 › 2018年05月03日

2018年05月03日

歯周病を予防する為には、プラークコントロール、つまりプラーク(歯垢)を確実にきちんと取り除く事が最も大切です

歯や歯肉の治療は、たとえば骨折の治療のように、以前とまったく同じところまで機能を回復させることはできません。小さな処置であっても、機能や免疫力は少しずつ低下していきます。定期検診をはじめとする歯科予防に取り組むことは、歯を削らないことにつながり、歯を抜かないことにつながり、生涯自分の歯で食べられるということにつながります。食事をきちんと、楽しく摂ることで、最終的には身体全体の健康にもつながります。1本の歯を大切にし、人生を明るいものにする予防歯科を、今日から始めてみませんか?

定期検診
むし歯、歯周病から咬み合わせまで、口内の健康状態全般を検査し、丁寧なクリーニングののち、ご自宅でのブラッシング・ケア方法をアドバイスさせていただきます。むし歯も歯周病も、早期に発見することで小さな規模で治療できます。つまり、痛み少なく、再発のリスクも抑えた治療が可能ということです。お口の状態により、1~6か月一度、検診を受けましょう。(お口の環境が改善された分だけ、次回の検診が延びていきます)。
ニッケルチタンファイル
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
直訳すると「専門家による機械的歯面清掃」となります。
ブラッシングでは除去できない汚れをきれいに取り除き、着色除去の効果もあります。痛みはなく、処置後のお口と気分がスッキリするクリーニングです。

どうやったら歯周病を予防できるの?
歯周病を予防する為には、プラークコントロール、つまりプラーク(歯垢)を確実にきちんと取り除く事が最も大切です。まだ歯周病が進行していない方はケアーを受けていくことで、生涯歯周病から歯を守れます。そしてすでに歯周病が進行してしまっている方もあきらめずにケアーを受けていくことでその進行を止めたり遅らせたりすることができます。
また、家庭においても日々の正しいブラッシングが重要になってきます。
マイクロスコープ 歯科
「歯を磨いている」と「磨けている」とは全く別の事になります。正しいブラッシング方法を行わないと、毎日磨いていても歯垢はたまっていきます。しっかりとしたブラッシング方法の指導を受け正しいブラッシングを実践しましょう。歯周病に年齢は関係ありません、若くてもリスクの高い方もいらっしゃれば、お年の方でほとんど歯周病が進行していない方もおられます。まずは現状を知るために医院で検査を受けることをお勧めいたします。  


Posted by koikenina at 15:27Comments(0)

2018年05月03日

日本人が歯を失う一番の原因が歯周病(歯槽膿漏)で、成人の80%が歯周病にかかっているといわれています

CMなどでよく聞く歯周病、あなたは本当にどういう病気かご存じですか?
歯周病とは簡単に言うと、歯を支えている骨が少しずつ減ってしまう病気です。歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)に入り込み、プラーク内の細菌から歯を支えている骨が逃げて減ってしまうのです。つまり、むし歯もない健康な歯でも、その周りの骨が解けることにより最後には抜けてしまう恐い病気です。
日本人が歯を失う一番の原因が歯周病(歯槽膿漏)で、成人の80%が歯周病にかかっているといわれています。
歯科技工用エンジン
歯周病は、歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎(しにくえん)と、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)が破壊される歯周炎(ししゅうえん)に分けられます。世間一般で言われている歯槽膿漏(しそうのうろう)は、成人性歯周炎をいいますが、歯周病には、その症状、病態によっていろいろな種類があります。

どうやったら歯周病を予防できるの?
歯周病を予防する為には、プラークコントロール、つまりプラーク(歯垢)を確実にきちんと取り除く事が最も大切です。まだ歯周病が進行していない方はケアーを受けていくことで、生涯歯周病から歯を守れます。

そしてすでに歯周病が進行してしまっている方もあきらめずにケアーを受けていくことでその進行を止めたり遅らせたりすることができます。また、家庭においても日々の正しいブラッシングが重要になってきます。「歯を磨いている」と「磨けている」とは全く別の事になります。
エアーモーター
正しいブラッシング方法を行わないと、毎日磨いていても歯垢はたまっていきます。しっかりとしたブラッシング方法の指導を受け正しいブラッシングを実践しましょう。歯周病に年齢は関係ありません、若くてもリスクの高い方もいらっしゃれば、お年の方でほとんど歯周病が進行していない方もおられます。まずは現状を知るために医院で検査を受けることをお勧めいたします。  


Posted by koikenina at 12:51Comments(0)

2018年05月03日

直訳すると「専門家による機械的歯面清掃」となります。

歯や歯肉の治療は、たとえば骨折の治療のように、以前とまったく同じところまで機能を回復させることはできません。小さな処置であっても、機能や免疫力は少しずつ低下していきます。定期検診をはじめとする歯科予防に取り組むことは、歯を削らないことにつながり、歯を抜かないことにつながり、生涯自分の歯で食べられるということにつながります。食事をきちんと、楽しく摂ることで、最終的には身体全体の健康にもつながります。1本の歯を大切にし、人生を明るいものにする予防歯科を、今日から始めてみませんか?

定期検診
むし歯、歯周病から咬み合わせまで、口内の健康状態全般を検査し、丁寧なクリーニングののち、ご自宅でのブラッシング・ケア方法をアドバイスさせていただきます。むし歯も歯周病も、早期に発見することで小さな規模で治療できます。つまり、痛み少なく、再発のリスクも抑えた治療が可能ということです。お口の状態により、1~6か月一度、検診を受けましょう。(お口の環境が改善された分だけ、次回の検診が延びていきます)。
ポータブルレントゲン
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
直訳すると「専門家による機械的歯面清掃」となります。
ブラッシングでは除去できない汚れをきれいに取り除き、着色除去の効果もあります。痛みはなく、処置後のお口と気分がスッキリするクリーニングです。

どうやったら歯周病を予防できるの?
歯周病を予防する為には、プラークコントロール、つまりプラーク(歯垢)を確実にきちんと取り除く事が最も大切です。まだ歯周病が進行していない方はケアーを受けていくことで、生涯歯周病から歯を守れます。そしてすでに歯周病が進行してしまっている方もあきらめずにケアーを受けていくことでその進行を止めたり遅らせたりすることができます。
また、家庭においても日々の正しいブラッシングが重要になってきます。
超音波スケーラー
「歯を磨いている」と「磨けている」とは全く別の事になります。正しいブラッシング方法を行わないと、毎日磨いていても歯垢はたまっていきます。しっかりとしたブラッシング方法の指導を受け正しいブラッシングを実践しましょう。歯周病に年齢は関係ありません、若くてもリスクの高い方もいらっしゃれば、お年の方でほとんど歯周病が進行していない方もおられます。まずは現状を知るために医院で検査を受けることをお勧めいたします。  


Posted by koikenina at 12:11Comments(0)