健康、生活 › 2018年05月09日

2018年05月09日

歯の表面や歯根の目に見える範囲内に付着した頑固な歯石を、専用の機器を用いて除去します

歯の表面に歯垢(プラーク)がたまり、その中の歯周病菌が増殖することによって、歯を支える土台である歯周組織や骨が破壊される感染症です。
歯を失ってしまう場合もあります。歯周病は日常生活では、自覚症状が殆どなく、気がついた時には重度に進行していることがあります。成人の85%に歯周病があると言われる中で歯周病の処置は避けて通れません。進行する前に、自身でお口の中をチェックし、以下のような症状があればご相談ください。

歯ぐきから出血する。
歯ぐきが腫れている。
歯がムズムズする。
歯がグラグラする。
歯ぐきが下がった感じがする。
口臭が気になる。
歯科用バー
歯周基本治療
スケーリング(歯石除去)
歯の表面や歯根の目に見える範囲内に付着した頑固な歯石を、専用の機器を用いて除去します。歯石自体は歯周病を起こすものではありませんが、歯石に歯周病菌が住み着いているため除去する必要があります。

ルートプレーニング
歯ぐきに隠れて見えない範囲の歯根(ルート)面に溜まったプラークや歯石、沈着物、死んでしまったセメント質などを、特殊な機器で除去する処置です。汚れや細菌が再び付かないよう、歯の表面を滑らかにします。

噛み合わせの調整
噛み合わせがずれているために、歯に余計な力がかかると、歯周病が悪化しやすくなります。噛み合わせを調整することで、歯への負担を少なくすることができます。

歯ぎしりの治療
歯ぎしりには何パターンかありますが、無意識に行われてしまうことと、歯に強い力がかかるため、歯周病を悪化させる原因のひとつになっています。個々の原因と症状に合わせた治療・予防法をご提案しています。
抜歯 器具
再評価
治療終了後、歯周病の状態が改善されたかどうか、歯周ポケットを検査します。再評価の治療結果を基に歯周病が改善された部位・改善が不十分な部位をご説明し、今後の治療の進め方について決めていきます。歯周病は再発傾向のある疾患です。長期的に治療効果を継続させるには定期的に検診し、クリーニングすることがとても重要です。口腔内の状態にもよりますが、3ヶ月に1は検診を受けることをお勧めします。  


Posted by koikenina at 16:00Comments(0)

2018年05月09日

虫歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになってしまっている

虫歯は歯の表面に粘着したプラーク(バイオフィルム)が飲食をするたびに栄養を取り込んで、酸を放出します。プラーク(バイオフィルム)から放出された酸が歯の表面の「エナメル質」を溶かし(脱灰)、硬い歯がまるで豆腐のように柔らかくなります。この歯が柔らかくなった部分を一般的に「虫歯」と呼びます。そこに虫歯の原因菌が侵入して、さらに内部への穴の連鎖が続いていきます。これが、虫歯ができて、深く進行していくメカニズムです。次のような4つの条件がそろった場合にむし歯になると考えられています。

虫歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになってしまっている
虫歯の原因菌が旺盛な活動をしている
菌の栄養となる甘いもの(糖質)を多く摂取する食習慣がある
プラーク(バイオフィルム)が歯に付着したままになっている時間が多い
ハンドピース 歯科
C0(初期段階の虫歯)
欠損は認められないが虫歯の初期病変(歯の溝の黒色などの着色、表面の白濁)が認められるもの。歯磨きなどで改善が困難な場合は従来通りの患部を削って詰め物をする場合もあります。

C1(軽度の虫歯)
虫歯ができ始めの状態。この段階から治療が必要になります。患部を削って詰め物をする程度で済みます。この段階ではまだ痛みを感じることはありません。

C2(軽度の虫歯)
虫歯が進んで小さな穴が開いた状態。冷たい物や甘い物などで時々痛みを感じる場合もあります。患部を削って詰め物をします。

C3(中度の虫歯)
虫歯がさらに進行し、大きな神経にまで達した穴が開いた状態。痛みを伴うことが多く、歯の根の治療をした後、かぶせ物や詰め物をします。抜歯のリスクも高くなってきますので、早めに治療をしましょう。
歯科機器 通販
C4(重度の虫歯)
歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。虫歯が根の中まで進行し、抜歯の対象となります。抜歯後、入れ歯やインプラント、ブリッジになる可能性があります。  


Posted by koikenina at 15:34Comments(0)

2018年05月09日

虫歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになってしまっている

虫歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになってしまっている
虫歯は歯の表面に粘着したプラーク(バイオフィルム)が飲食をするたびに栄養を取り込んで、酸を放出します。プラーク(バイオフィルム)から放出された酸が歯の表面の「エナメル質」を溶かし(脱灰)、硬い歯がまるで豆腐のように柔らかくなります。この歯が柔らかくなった部分を一般的に「虫歯」と呼びます。そこに虫歯の原因菌が侵入して、さらに内部への穴の連鎖が続いていきます。これが、虫歯ができて、深く進行していくメカニズムです。次のような4つの条件がそろった場合にむし歯になると考えられています。

虫歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになってしまっている
虫歯の原因菌が旺盛な活動をしている
菌の栄養となる甘いもの(糖質)を多く摂取する食習慣がある
プラーク(バイオフィルム)が歯に付着したままになっている時間が多い
歯科医療機器
C0(初期段階の虫歯)
欠損は認められないが虫歯の初期病変(歯の溝の黒色などの着色、表面の白濁)が認められるもの。歯磨きなどで改善が困難な場合は従来通りの患部を削って詰め物をする場合もあります。

C1(軽度の虫歯)
虫歯ができ始めの状態。この段階から治療が必要になります。患部を削って詰め物をする程度で済みます。この段階ではまだ痛みを感じることはありません。

C2(軽度の虫歯)
虫歯が進んで小さな穴が開いた状態。冷たい物や甘い物などで時々痛みを感じる場合もあります。患部を削って詰め物をします。

C3(中度の虫歯)
虫歯がさらに進行し、大きな神経にまで達した穴が開いた状態。痛みを伴うことが多く、歯の根の治療をした後、かぶせ物や詰め物をします。抜歯のリスクも高くなってきますので、早めに治療をしましょう。
歯科 光照射器
C4(重度の虫歯)
歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。虫歯が根の中まで進行し、抜歯の対象となります。抜歯後、入れ歯やインプラント、ブリッジになる可能性があります。  


Posted by koikenina at 11:48Comments(0)